オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理2010-04-10 (Sat)
 娘もいよいよ今年小学6年生になった。早いもので、この間英検
 2級に合格したと思っていたのに、受験勉強やら何やら忙しく
 小学生が終わろうとしているのだ。

 低学年の間、3年生ぐらいまでは英語を維持することばかり考え
 ていて、少しでも時間を作って英会話スクールに連れて行ったり
 家でもかけ流しやワークブックなどにも力を入れてみたりそれな
 りにあがいていたと思う。

 でも、よくよく考えてみると、娘の英語は一度たりとも日本語の
 発達に邪魔になったことがないし、日本語が上がったり下がっ
 たりもしなかったし、英語が優位になって日本語で答えられない
 などということもなく、言語の上がり下がりを感じることなど
 ほとんどなかった。

 プリスクールに通っていたので、英語で過ごす時間は長かった
 が、日本語が変になって言えなくなるなどということはなかった。
 時たまルー語のように英単語を混ぜることはあったが、それは
 英単語の方がその時の場面を上手く言い表すことができたからで
 例えばシャーペンの芯が出てこなくて、上手く書けない時など
 説明するのに、「このシャーペンワークせーへん」というように
 使うことで、短く説明できてしまうことがある。

 大人も英語が日常に入り込んでそっちの方が意味を伝えやすい
 ことがあるのと同じで、カスタマイズするとか、アポイントとる
 など、そういうのと同じだと考えると、日本語が言えないのでは
 なく、その時はそちらが使いやすいし、表現的にそっちの方が
 伝わりやすい、そういう感覚
だったように思う。

 だから日本語で基本的に話すのだが、時々一語だけ英語だったり
 することはあったが、大抵日本語できちんと話していたので、
 回りの子供より日本語が遅れていることはなかったように思う。
 日本語で話しかけているのに、英語で返ってくることなどは
 もちろんないし、言語の混同はうちにはなかった。

 これはうんと小さい時からそうで、日本人の親が英語を話さない
 のが普通だったので、英語は外の外国の人とだけ話し、その
 空間だけは特別な空間だから、ここでは英語の世界と割り切って
 英語オンリーで暮らす・・・彼女はそういう感覚の持ち主だった。

 だから言語が同居してあっちを伸ばせばこっちが下がるという
 現象は起きず、二つが常に平行して存在している状態とでも
 言うのか、やはり脳の中に部屋がいくつかあって、日本語と
 英語を自由に出し入れして、大きな入口が一つ、まさにそういう
 説明がぴったりだった。

 口から出す時は出口が一つなので、好きな方を出すわけで、
 日本語を出している最中に隣の英語の部屋からもっと適切な
 表現をちょっと借りてくる
みたいな・・・そういう芸当が
 できたのだと思う。同じ部屋でまだ言語が混在している状態
 では、それはきっとできないのだろう。

 スイッチの切り替えではなく、オープン回路の持ち主だった・・・
 娘の一番の大きな特徴はそこだったと思う。
 常に両方開いているので、これだと一方に入力しても、片方が
 減るわけではなく、増えた分だけ語彙が豊かになり、日本語を
 増やしても英語は減らないので、次に英語を入力すると、
 その分前より部屋の中の語彙数が増える。そうやって両方が増
 えていき減らないので能力は落ちない。

 ただ、記憶とは取り出せないといけないので、積んでいくと、
 下の方のものが取り出しにくくなることがある。

 それがいわゆる忘れたということで、なくなったわけではないが
 すぐに出せないということはあるかもしれない。
 それを出しやすくするには、それなりの工夫がいると思う。
 今はそれをいかに出し入れ自由にスムーズにするかが問題で
 その一つの方法が、実践でしょっちゅう出し入れすることで、
 使わないとさびる道具にたとえられるのはこのためだと思う。

 でも、幼少期は出し入れに力を入れるよりは、まずは入れ物を
 いっぱいにすることを優先しないと、少ないものをいくら出し
 てみても、大したものにはならないだろうから、インプット
 重視ということがやはり一番大事
なのだと思う。

 ある程度たまったものを整理して出しやすくするのは、もう少
 し大人になってからのことで、ここを勘違いして幼少期に
 出し入ればかりしようとするから、回路ができあがっていない
 不安定さから言語が上がったり下がったりするのではないかと
 最近思うようになった。

 昔は私もそれがよくわからず心配してみたが、中身を詰めて
 行くことに専念してから、どんどん基礎は固まってきたように
 思う。なんというのか、重みで下の土台がしっかり踏み固め
 られたとでもいうのか、そんな感覚だ。

 出し入れのタイミングを計りながら、くずれないように土台は
 しっかりそしてどこでも抜いたり入れたりできるピラミッド型
 パズルのようになっていけば理想なのだが・・・・

 

 ルービックキューブみたいに回転して
 カシャカシャと動く脳があったらいいなと
 思うまめっちママに、なんじゃそれ余計に
 わからん例えやと思った方も
 なんとなくイメージできるよと思えた方も
 応援クリックしてやってください。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング


 
 
 
関連記事
* Category : コラム
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by ごま
こんにちは。
あ~ぐっと響きました。
「少ないものをいくら出してみても、たいしたものにはならない」納得です。
なるほどね~。
我が家はもう日本語は忘れられた存在になりつつありますが、今までのように母国語方式ではなく外国語として日本語を取り入れていこうかなと考えています。
正直どうやっていいかわからなくて、途方にくれていますが、今回のまめっちママさんのお言葉で「迷ってる時間があるなら言葉をドンドン詰めてあげたほうがよさそうだ」と自分の中で方向性が見えたように思います。
ありがとう。まめっちママさん。

ごま様へ * by まめっちママ
ごまさんは、いつもよくやってると思いますよ。
仕事に学校に主婦にすごいです。

幼少期はアメリカに住んでいる限り日本語を話す
機会などないでしょうね。
英語という世界標準の言語があって、わざわざ日本語を
日常に使うかというと、子供にはその意味がわからなく
ても仕方ないと思います。ママの国の言語という認識
があるかなぐらいですよね。
その中でバイリンガル教育をゆっくりでもやって
きて続けているのは、えらいと思います。
今は日本語を話したりしないと思いますが、いつか
日本語をもっとやりたいと思えるように火だけ消さない
で継続していったら、いいんじゃないかな。
日本語で語りかけて育てるのは、そっちでは大変で
しょうから、いつの日か日本ってすごいね~その
国の文化をもっと知りたいから頑張って勉強して
みたい、そんな風になれたらいいいですよね。
いつも応援してますよ。

* by フルーツトマト
下の子供がこの春からプリスクールへ入園し
K1クラスで頑張って(?)います。

男の子なのにとってもおしゃべりで、
1歳になったばかりの頃から、ちゃんと大人と
会話をしていて、今も一日中おしゃべりしている
ので、英語だけの環境ってこの子にとって
すごくストレスかも・・・とちょっぴり
心配しています。

お引越し前もプリスクールに週2で通っていたのです
が、その他の日は保育園で日本語でした。
まだこちらのプリスクールに通園して2日目
ですが、英語で話しかける先生にすべて日本語で
返しています。
お迎えに行くと、車の中でがんがんトーク!です
(日本語)。プリスクールの時間に我慢していた
おしゃべりが噴出す感じ。

この先、大丈夫でしょうか・・・・

まめっちさんのお嬢さんは、プリスクールに
入園したとき、すでにそこそこ英語で話せて
いたんですよね?

フルーツトマト様へ * by まめっちママ
うちの娘もおしゃべりな子で、一日中家では
しゃべり続け、日本語が達者でした。
2歳のころに少しだけインド人の先生に預けて
いたので、英語の指示はたぶんわかったと思いますが
プリスクールに入園して半年ほとんど何も話さず
無言君だったんですよ。
日本語も英語も話さないので、先生が困惑して
ました。でも、彼女の心の中ではここは英語を話す
空間なのに伝えられないからといって日本語を話す
のはだめなんだと自分で線を引いていたようです。
半年間は英語をため込んでいた期間だったと思います。
英語に日本語で返すのは、指示は理解している証拠
です。でもまだアウトプットが上手くできないので、
日本語でしか返さないのだと思います。
そのうち英語だけでがんがん返すようになりますよ。
日本語に英語で返し、日本語がつまるよりはいいと
思います。どちらも中途半端になるより、今は
母語がしっかり発達し、その上に英語がのってくる
方が後々はいいと思うので、もう少し様子を見て
あげてください。もし通園を嫌がるとか、楽しく
なさそうだったら、その時は考えた方がいいかも
しれないですが、今のところそういう様子がないのなら
日本語で返事をするのは特に今の段階では問題では
ないと思います。

コメント







管理者にだけ表示を許可する