オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理2010-04-06 (Tue)
 英語に限らず、子供の教育をするにあたって、幼児期は親の意向
 にある程度沿って物事を進められるので、親の考え方や方向性が
 強く子供に影響してくる。

 いいか悪いかは別として思い描くレールに乗せて進ますことも
 この時期ならではのことだ。我が家はこれになってほしいという
 希望はなく、とにかく自分で考えて創造力を豊かにしてほしいと
 いう希望だけ持っていたので、おのずとやらせることが幅広く
 なり、いわゆるお受験に必要なことはやらずに、脳を鍛えること
 耳や目を訓練することなどに重点を置いていた。

 だから反復計算や先取り教育的なことはほとんどせず、勝手に
 覚えた漢字と九九だけは進んでいたが、方程式だの不等式など
 そういうことを詰め込んだこともなく、ひたすら直接勉強の
 成績に直結するわけではないものばかりに力を入れてきた。

 だから現在は、漢字検定だって人並みの学年相当の級しか持って
 いないし、検定のための勉強という位置づけは我が家にはないの
 で、むしろ細かいイラストの細部を観察して再現するとか、耳か
 ら聞いたセリフを聞き比べて声がどうだの、英語と日本語の違い
 がどうだったとか、あまり役立つとも思えないことにばかり熱心
 に取り組んでいる。

 でも、この無駄に見えることが後々必ず役立つと信じている。
 子供達の中には考えずにすぐに先生を呼んでしまう子や、要領
 だけで足したり引いたり、かけたり、割ってみたりして、根本
 の原理を追及することなく、解答を出すテクニックだけは
 優れていたりするなど、どうかなと思う事例がたくさんあるの
 で、今はそういう子供がなんとなく先に進んでいる気がしても
 成人式などで再会した時、あの子がこんな人になっていたと
 驚くようなことが結構あり、人生は総合力だとつくづく思う。

 だからこそ無駄に見えるすぐには結果が現れないようなものでも
 いらないと切って捨ててしまわないように、色々な経験や体験を
 させてきたのだが、それが吉とできるかはまだ先のことなので、
 とりあえずは、小学生までに頭の器を大きくすることに力をかけ
 る方が、きっと将来大きく花を咲かせることにつながると信じて
 いる。

 年齢不相応に先取りはせず、それでいて何もしないというのでは
 なく、一緒に考えて観察し、本から得た知識を現実世界で体験す
 ることで、自分のものにできるような生きた勉強をしたいと思う。

 本は子供であろうと大人であろうと人生を豊かにしてくれるので
 私は文字は早く読めた方がいいと思っている。親が読み聞かせて
 想像力を働かせれば、慌てて読めなくてもいいのだというのも
 正しいので、どちらがいいとは断定できないけれど、少なくとも
 好奇心がある子供が自ら調べようと思った時に、文字が読めれば
 もっともっと世界が広がるだろうし、辞書を使うことを覚えれば
 更に語彙が豊かになり、どんどん物事を吸収していくこともでき
 る。だから覚えさせるのではなく、勝手に覚えるように遊びの中
 で文字というものを認識させてしまうことはやってもいいかなと
 思う。

 今の子供は辞書を引かない。学校でもそういうことをしないので
 それが一番今の教育に欠けているなと思うところだ。

 私は子供のころ、面白くもない白黒の辞書を必ず引いて言葉が出て
 来るたびに調べていたので、おかげ様で国語だけは何もしなくても
 読解力があったように思う。

 今は多読などというものが流行るので、辞書を引かないのがブーム
 のようになってしまっているが、国語は辞書を引いたからこそ
 今の自分があると思う。

 あの頃の真っ黒に手あかがつくほど読みこんだ辞書は、自分の宝で
 もあるので、私は子供に辞書を引く習慣をつけてやってほしい
 思う。某私立の小学校では、かの有名な百マス計算の先生だって
 それを推奨していることでもあるし・・・
 
 時間が許せば多読することで、何度も登場する単語や言い回しは
 自然とどういう意味かは理解することもあるが、それをするには
 時間が足りなさすぎるので、穴を埋めるために辞書引きという
 作業はやはり不可欠なのだと思う。

 どちらかが一方だけでは、アンバランスで進めない。
 車輪は両方あるからこそ機能するのであって、片方だけでは決し
 て満足に走ることなどできない。
 それを子供の教育に当てはめて考えてみれば、読書も量と質の
 両方が必要なのはいうまでもない。

 

 
 まだ言いたいことの半分も言っていないが、
 長すぎるのも空気が読めない人のようで
 今回はここまでで終わりにしようと思う。
 早いもので、もう学校が始まる!
 春休みがほとんど休みと思えなかった
 娘に頑張ったねぎらいのクリックを
 よろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 

 

 
 
 

 
関連記事
* Category : コラム
* Comment : (11) * Trackback : (0) |

はじめまして。 * by きゅー
ブログランキングからきました。
「子供に辞書」をひかせる。
私の兄がやっていました。大事なことなんですね。
いろいろ勉強になりました。
また訪問させて下さい!

管理人のみ閲覧できます * by -

きゅー様へ * by まめっちママ
コメントありがとうございます。
お兄様も子供さんに辞書ひき奨励されていたのですね。
とてもいいことだと思いますよ。
語彙を豊かにすることは、大人になってからより
子供のうちにやっておくとよかったなと思うので、
是非やってみてください。

* by Molly
こんにちは。辞書は言語学習には不可欠だと私も思います。ウチには英英辞典だけで10冊ほどあります(親の物も含めて)が、語彙力がいまだ低空飛行中のゴンv-12も、
自分の宿題で単語が思いつかない場合などは辞書で調べるようになりました。
最近ではネットに入力すれば意味なんてすぐに出てくるんでしょうけど、分厚い辞書をえっちらおっちらとひいている子供の姿を見ると、なんだか笑えるのと同時に、ああ辞書があってよかった、と思います。
まわり道しているように見えるけれど、これも必要な体験なんでしょうね。

ところでまめっちママさんがおっしゃる「一緒に考えて観察し、本から得た知識を現実世界で体験することで、自分のものにできるような生きた勉強をしたいと思う。」、同感です。
子供たちが学ぶ理由はこれからの予想不可能な社会で実力を発揮できるように下積みをしている状態であって、子ども時代で完全に「勝ち組」「負け組」が決まってしまうわけではないでしょうし。。。←(そう思いたいです)


Molly様へ * by まめっちママ
辞書は必需品ですよね。
引かずに読んでたらいいといいうのは、私には
どう考えても何かが欠けているような気がして
仕方ないです。
いちいち詰まってこだわりすぎて本来の楽しさを
なくしてしまうのはよくないけれど、読書していても
ざっと読み進めていいものと、言葉の意味を調べて
納得して読むのものとは分けた方がいいと思ってます。
特に作文力などは、辞書がないと伸びませんしね。
わからないから辞書引こう、こういう風に子供が自ら
調べることに目をむけられることが大事なんじゃない
かと思います。
それから子供のうちに勝ち負けは決まりませんよね。
今はスタートでお金があるない、親の考え方なども
影響して学力格差なども言われていますが、親が
作った子供と自分が一念発起して頑張った子では、
後者の方が生きる力は強いです。
もちろんあまりにも最初のスタートが出遅れすぎると
取り返すのは大変なので、ある程度親は手助けして
自分で勉強して学ぶということは教えてやらないと
いけないですが・・・そのためには詰め込み先取りで
はなく、考える、調べる、そういうことを徹底的に
小さいうちに仕込んでおきたいです。
きっちりやるのは大人からで十分。今からきちっと
してたら息切れしちゃいますしね。(笑)



* by rickymom
そっかぁ。辞書をもっと活用すべきですね。
うちもあるけど息子が自分から手にとって意味を調べるなんてあまりないし。
やりかた次第でゲーム感覚で楽しみながら勉強できそうです。
とっても参考になりました!

rickymom様へ * by まめっちママ
ゲーム感覚で辞書で遊ぶというのは
いいかもしれませんね。
辞書を読書がわりにしてしまうのも
手ですしね。隅々まで眺めていつしか
覚えてしまうぐらいになったら理想です。

* by maple
最近は何でも早い方が良いっていう傾向がある気がします。
が、早くできたとしてもそのうちみんな出来るようになる事って多いですよね。
なので早さにはこだわらず、基礎的な部分をきちんとできるような子にしたいなって思ってます。
基礎が出来ていないと結局応用も何もできないですし。
文字の読み書きは別で早い方が良いかななんて思いますが。
辞書って大切ですよね。
私もネットとか私の知識で安易に答えを与えるのではなく、自分で辞書なりを使って時間がかかっても自分で答えなりヒントを見つける事ができるようにしようと思います。

maple様へ * by まめっちママ
そうなんですよ。何でも早ければいいという風潮。
結局何年かすると皆できるようになることがほとんど
です。でも、早くやってその先にどんどん進んで
結局どこへ行きつくんだろうって・・・

器を大きくすることや考える力、自分で調べる力
こういうものこそ小さい頃に鍛えておくべきこと
なんじゃないかと思うんですが・・・

辞書は使うほどに愛着がわいてきます。
何でもそうですが、自分の子供のように思えて
くるほど使いこなすといいですよね。

* by 履歴書の添え状
いつも楽しく観ております。
また遊びにきます。
ありがとうございます。

履歴書の添え状様へ * by まめっちママ
御訪問ありがとうございます。
色々育児論も書いていますが、またよろしければ
お越しください。
今後ともよろしくお願いします。


コメント







管理者にだけ表示を許可する