オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理2010-04-03 (Sat)
 子供をバイリンガルにしたいと願う親は多いが、成功まで導ける
 親は、そう多くない。

 もちろん最終的には本人の問題なので、親はある一定レベルまで
 導くだけなのだが、それでもそこまでですらなかなかできない
 もので、家庭環境や経済力、親の性格、回りの状況など様々な
 要因があるので、何もかもがスムーズに進むとは限らないのが
 残念なところだ。

 それでは子供を導ける親とはどんなタイプなのか考えてみた。
 
 まず基本的に物事に大らかな人が多い。
 ものすごく神経質であったり、些細なことが気になりこだわる人
 は難しいように思う。

 それからフットワークがいい人。これは何をするにも大切なこと
 で、計画は立ててもなかなか実行できないとか、失敗を恐れて
 完全な計画を立ててからしか前に進めない人は、時期を逃すこと
 が多く、結局何かにつけて言い訳をして先延ばしする傾向がある
 ので、こういうタイプも難しいかもしれない。

 次に物事を多面的に見られる人。こうだと思えばそれを信じて
 やり遂げることも大事だが、視野が狭くなって前しかみられなく
 なっている場合には、信じてやり遂げることも単なる頑固になっ
 てしまうので、基本スタンスを持っていながらも、微調整できる
 柔軟性を持てるかどうか、これは大切だと思う。

 そして撤退する勇気。これが一番難しいのだが、継続とあきらめ
 ないことと相反する事のように思えるので、矛盾が生じ、自分の
 中で葛藤が起きてしまい、迷走する羽目になる。(昔の私がそう)

 でもよくよく考えてみると、この迷走は時期が間違っていただけ
 で、やめてしまえということではなかった。今はそれをする時で
 はない。他に大事なことがあるというメッセージであり、チャン
 スはいつでも開かれているのだということに気づくまで時間が
 かかった。それだけのことだったのだ。

 親も年齢を重ねると物事がよくわかるようになり、なんであの時
 は、あんなに焦って走り回っていたんだろうとか、冷静になれな
 かったなと笑って語れる日が来るもので、今の私は英語に関して
 は、その境地に到達できたけれど、当事者である受験に関しては
 まだ人間ができていなくて迷走しながら日々悩んでいる普通の
 親なのだ。

 結果がすぐにでないのがバイリンガル育児なので、余計に迷走し
 てしまうのだが、乗り越えられない試練は天から与えられること
 はないので、それだけを信じて柔軟にバランスよく生きたいと
 いつも思うのだけれど・・・・まだまだ修行が足りないなと
 反省の日々ばかりだ。



 
 朝起きられないからといって、目覚ましを
 2個と携帯とipodのアラームをかけて、更に
 4時から音を鳴らす迷惑な娘・・・・
 隣の部屋で寝ている私達が目覚めているのに
 この大音量でも起きてこない・・・・
 火事になったら絶対に死ぬだろうな・・・と
 限りなく不安になるまめっちママに応援クリック
 よろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング

 
 

 
関連記事
* Category : バイリンガルへの道とその後
* Comment : (3) * Trackback : (0) |

管理人のみ閲覧できます * by -

う~ん(=_=;) * by Cassis
1個目: 大らかかどうかは別として、神経質じゃないので、○
2個目: フットワーク…むらがあるから△
3個目: 多面的?! をを。自信なし。 ×?△?
4個目: 難しい~~~! よくわからないから、□(四角)!(笑)

娘さん、うちの親と前世でつながってるかも(笑)
家の隣を暴走族が通ったのに気付かずに寝ていたり、
水害で避難命令が出ているのに寝ていたり…。

娘さんの誕生日に、JRの仮眠室で使われている目覚ましベッドシートはいかがでしょうか?
エアーが入って、勝手に上体を起こしてくれます。
たしか…10万弱です(笑)

Cassis様へ * by まめっちママ
一例にすぎないので、当てはまらなくても
全然大丈夫ですよ。(笑)
親がきっちり系の人でも子供もきっちり系だったら
相乗効果?で余計にきっちりできたりして(爆)

まあ何事もやる気があっていけいけと出来る人の
方が成功しやすいというのはあるかなと思います。

目覚ましエアーベッドなんてあるんですね。
娘には下から強力スプリングが飛び出てベッドから
転がり落ちるぐらいの衝撃がいりそうです。(笑)


コメント







管理者にだけ表示を許可する