オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理2010-03-26 (Fri)
 今日から娘は塾の春期講習だったので、午後から夕方までずっと
 時間が空いていたので、塾のママ友達と久しぶりにお茶でも
 しようということになり、4人で志望校の話に花が咲いた。

 そろそろ判定模試なども受けなければいけないので、気が重い
 のだけれど、娘はひょうひょうとして、心配事がないかのように
 マイペースで進んでいる。

 帰りに、あまり乗る気ではなかったが、前から食べたいと思って
 いた佐世保バーガーを始めて食べた。

 ここのバーガーは巨大でとても食べにくそうだったので、ハーフ
 サイズで頼んだ。とにかく日本人の食べる量とは言い難く、
 ハーフサイズでちょうど他のマックなどのハンバーガーと同じぐ
 らいの大きさだ。

 ここで娘と注文を待っている間に、たくさんの外国人が訪れた。
 その中に4人ぐらいのグループがいて、一人は日本人の女性だった
 が、他の外国人はなんとか日本語が話せるようで、英語で済ませる
 ことなく、丁寧に日本語でお店の人と会話していた。

 日本人女性にもちゃんと日本語で会話が成立していたので、きっと
 日本語をもっと学びたいと思っているのだろう。

 だから仲間うちでもできるだけ日本語を使うようにしていたし、
 よほどのことがないと英語で話すことはなかった。アクセントが
 独特でなまりがあったけれど、日常会話のたわいないことは日本
 語でとりあえずできる人が多かった。

 ところがこの中にいた日本人女性と見える人が、なぜか英語を
 会話に盛んにはさむ。返事をしている外国人はつたないながらも
 日本語を話すのに、彼女は日本語がちゃんと話せるのに、すぐに
 英語を使いたがる傾向があり、なんだか不思議な感じがした。

 もっともその方が帰国子女で英語の方が得意な日本人なのかも
 しれないので、別に普通のことなのかもしれないが、実は私が
 昔やってしまった恥ずかしい間違いを思い出し、ちょっとその
 ことと重なってしまった。

 何年前だったか忘れたが、電車で一人の外国人から声をかけられた。
 (まだ捨てたもんじゃないと思うとちょっとうれしい
 背が高くて優しそうなそれでいて知的な雰囲気のその方は、
 はっきり日本語で声をかけてきたのに、私はパニックになって
 頭が混乱し、なぜか英語で答えていた
 
 いわゆるナンパだったからかもしれないが、外国の方は、褒める
 のが上手いので、いやらしい感じはしなかった。
 私は子供を迎えに行くために急いでいたので、もちろんお茶でも
 いかがですかという誘いにのるわけにはいかなかったが、非常に
 なめらかに日本語を話す人で、いつも乗っている電車でよく
 いっしょになることから、向こうは私を知っていたようだった。

 最寄駅もわかっていて、たぶんその街に住んでいる定住外国人
 だったようだ。それにもかかわらず、私は日本人の悪い癖で
 外国人には英語で話さないといけないと頭が勝手にそう命令し、
 相手が日本語の上手い外国人だったのに、それすら吹き飛び、
 日本語のわからない外国人に英語で一生懸命伝えようとしてい
 る日本人を演じてしまった。

 返事はすべて日本語だったのに・・・・

 後で考えたら、自分がいかに冷静さを失っていたかわかる。
 決して英語の練習をしたかったからではなく、外国人は英語で
 という先入観でそうしてしまったのだ。

 先ほどの日本人女性は私とは違って英語がもっと堪能な人だった
 ので、きっと私とは違う心境だとは思うが、相手の外国人は
 日本に日本語を学びに来ているのだから、お互いに同意の上で
 ランゲージエクスチェンジしようと決めて相手の言葉で返事を
 して言葉を教えあうなら、それはとても有益だと思う。

 でも、日本語をもっと上手くなりたくて日本人の友人とつき
 あっているのに、相手は英語で話してくると、きっと心の
 どこかで違和感を感じているんじゃないかと思う。

 私の知り合いの中国の方は、日本語がそれほど上手くなかった
 ので、時々中国語でしか意思を伝えられないことがあったが、
 それは仕方ないことで、ほとんどは向こうが熱心に日本語を
 学びたがり、「自分の日本語を直してほしい。それはどういう
 意味ですか。」と私が話す日本語を理解しようと必死だった。

 だから私はあの日以来、日本語で話すのが礼儀だと思うように
 なっていたので、この中国人の先生にもアメリカ人のママ友にも
 できるだけ日本語で話すように心掛けた。

 私の英語がちっとも上達しないのは、そのせいかもしれない(笑)

 


 ブログ更新をさぼったのは、iphoneの着信音を
 自分の好きな音楽にするわざを習得し、うれしく
 なって着信音を作りまくっていたせいだという
 ますますおたく化が進むまめっちママに
 呆れるけれど、もう少しブログ頑張ってほしいな
 と思ってくれる心優しい方は応援クリック
 よろしくお願いします。
   ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング


 
 


 
関連記事
* Category : その他
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

日系人になろう * by リンゴ好き
日常の中に多言語環境が多くない日本では、「相手の立場をおもんばかって」というのを美徳とすることも手伝って、英語で受け答えしてあげなきゃ!って思う人が多いみたいですね。

外国人=英語圏の人とは限らないから...みたいなこともよく言われますが、相手に配慮する心をもってることって、とてもすばらしいことだと思います。それこそが日本的!?

私は多言語な環境(もちろん、「子育て」についても)に対して、自分の経験もあって、かなり楽観的に思っているのですが、英語(というか、日本語以外が)が日常に入ってくると、「日本の文化や伝統があやうい」みたいなこという、naiveな人、結構いますよね。

そういう人こそ、一度かぶとを脱いで英語の軍門に下り、英語を身につけたらいいと思うんですよね~
英語が話せるからといって、日本的思考が消えるものでもないでしょう。
というより、それをくぐってなお残るものが日本人の真のアイデンティティーでしょうから。

postscript:
私はiPhone、フィルムだけの「男気」持ちしてます。でも、やっぱりカバーすることを強くお薦めします!!

リンゴ好き様へ * by まめっちママ
私の場合、相手に気遣ってというより、外国人だ
英語話さなきゃみたいに半分パニックでした。(笑)
私はあまり英語が得意じゃないので、そういう
ことになるんでしょうけれど、ある程度相手を知って
いると、ちゃんとどうするのがベストかなんてことも
わかってっくるんですが、まだ未熟者だったので、
昔は色々失敗しました。

外国の物が入ってきてもそれでも残るものは
本物の日本の心というのか、それはすごくわかります。
消え去ってしまうようなものは、元々それだけの
ものでしかなかったんでしょうね。

iphoneカバー買いました。注文していたものが届いて
思った以上によかったです。ずっと探し求めて
あらゆるボタン類に干渉しない全体を覆うカバーを
探していたんですが、色もぴったり、リンゴマークも
隠れないそういうのがみつかりました。
電話するときはちょっと面倒かもしれませんが、
すでに一度落下させているので、もう絶対に落とせない
と心に誓って傷もつけたくないと大事に大事に扱う
ためには、やはり全体カバー手帳タイプが一番だな
と思います。本当はそのままがあのデザインを損なわ
ない一番ベストなんですが、やはりタッチするという
性質上、勝手に触れてしまって色々な画面になって
いることが何度かあって、電話もかかってしまう
ようなこともあるようなので、私はカバー派です。
やっと鞄に心おきなく入れられます。(笑)

コメント







管理者にだけ表示を許可する