オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理2010-03-17 (Wed)
 前回の記事の補足というわけではないが、私がこのブログで書いて
 いることの中心となる考え方は、日本語の重視と英語だけにこだわ
 らず、また主流でない方法であっても、我が子に一番合ったもの
 なら流されずに親がぶれない
ことが大切だというその2点しかない。

 だから人によっては、考え方が真っ向から対立することもあるだ
 ろうし、うちの子はそうじゃなかったから当てはまらないわと
 なることもあるのが当然だと思う。

 私がよく英語を日常に使わずに育てることを書いているので、
 親子で英語でコミニュケーションして楽しく取り組んでいる人に
 してみれば、うちは普通にそれで上手くやっているのだから、
 全く相いれない考え方だなと思われるだろうなということは
 もちろん想定内のことで、それでもなぜあえていやなことを書い
 ているかというと、これは私のポリシーでもあるバランス感覚
 ということに起因する。

 
 親子英語の世界や幼児教育の世界で、皆が同じ方向を向いてしま
 ったら、それに当てはまらない子供や、上手くいかない子供は、
 英語育児失敗例なのだと親が自分を責めてしまうかもしれない
 ことを懸念するからで、子供の数だけ方法はあるはずなのに
 個性も性格も違う子供に同じ方法で上手くいくとは限らないもの
 を、成功事例が多いからと言って自分の子供にも当てはめようと
 してしまう、それが一番親子共に苦しいんじゃないかと思う。

 私ももし自分が海外生活が長い帰国子女だったり、あるいは
 子供に英語で話しても素直に受け入れてくれて、それを楽しむ
 子供だったら、間違いなくそうしていたと思う。

 でもうちは娘がそういう子供ではなかった。敏感で人の心を
 深読みすることがあるので、英語で遊ぶ友達も彼女には違和感
 があるぐらいだから、まして親とは間違ってもそういう状態
 にはならない頑固さを持っていた。そんな自我がはっきりして
 いる娘を持ったことと、仕事柄、受験生ばかり見ているので、
 大きくなってから英語を自分から目的意識を持って始めた
 生徒には、たとえ幼少期から英語に触れてきた子供といえども
 かなわないことがあるのを山ほど見てきたからで、その両方
 が我が家の英語教育の方向性に大きな影響を与えている。

 そういう環境が私のブログの中に流れている一つの考え方の
 基本となっているので、多少主流と違った考え方が登場する
 こともあるし、(思い切りはずれていることもある
 なんだか違うなと不愉快になることも多々あるかもしれない。
 でも、皆が賛成と言う方がずっと私は怖いし、物を言えない
 場であってはいけないとも思う。

 言いたい放題で人を傷つけてはいけないのは当たり前の最低限
 のルールだけれど、そういう考え方もあるんだ、考えさせられ
 るよと思えるような書き方にはしたいと常に思っている。
 それでも真意が伝わらないこともあるのがブログの難しいところ
 なのだけれど・・・・


 長くなってきたので、この話はここまでにして、次は
 建設的に子供が将来も英語をやり続けたいと思えるような
 日々の取り組みについてなどを書いてみようかな・・・・
 全く書く内容を決めていないので、あまりあてにはしない
 でください。
 明日は墓参りしてるので、何かインスピレーション
 がわけばいいけれど・・・・
 霊感が強いと自分で思うまめっちママに
 応援クリックよろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング

関連記事
* Category : 英語勉強法
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by mherese
まめっちママさんこんにちは。

オリジナリティとか、オンリーワンという言葉、ありますよね。
私、この2つの言葉が大好きです。
そして、そのオリジナルを模索している方も大好きです^^
私も模索していますが、迷路にはまることも・・・苦笑

もうお彼岸ですね。
私もお墓参りに行きたいです。

mherese 様へ * by まめっちママ
オリジナルを模索することは、大事ですね。
元は何かからスタートするのですが、やがて
自分流にアレンジしていき、最終的には自分だけの
ものができあがるのが理想です。

私もいまだに迷ってしまうことがあります。
お墓行ってきました。
それほど寒くなく天気も崩れなかったので、よかった
です。人がいつもよりたくさんお参りに来られてまし
た。そういう時期が来たのですね。今年も来年も
変わらず時は流れるのかななんて考えながら、お墓に
いるとちょっと心が落ち着きます。

ブレブレなんです(;_;) * by Cassis
「人のブログを見て」「軽い気持ちで」マルチリンガル~♪ なんて思って始めたものの、「これでいいの?」って、毎日ブレブレなんです。

うちの子はどういう子なの?
どうするのがこの子にとっていいことなの?
と、ずーーーーっと頭の中、ぐるぐるなんです(>_<)

ブレブレだと、人の意見にすぐに引き込まれてしまうので、本当に危険です。
危険なのに、ついつい「人の意見」を(参考にしようと)求めてしまうと言う・・・。
をを。おそろしや(0_0)

色々な意見があると、余計に頭の中がグルグルになるんですが、そうでないと「盲信」してしまいそうなので、まめっちママさんみたいに、「唯一のやり方」なんてのはないんだという前提で、冷静な文章で書いてくれているのを見ると、ちょっと落ち着きます。

そのうえで、我が家がどう考えて、どうするかはまた別の話ですしね(^^)♪

霊感はまるでない!と断言できる私です。クリック♪

Cassis様へ * by まめっちママ
誰でもぶれますよ。
私もえらそうに書いてますが、娘が小学校に
上がる前まではぶれてました。(笑)
正直公立に行くかインターに行くかなんてことまで
ぶれまくりです。初めての子育てでわからない
ことばかりですし、最初からこんなに何もかもわかって
結果が見えていたわけじゃないので、まして幼稚園
時代って英検も受けてなかったので、一体どれぐらい
実際娘が英語できるのかも客観的に判断できない状態
だったので、当然ながら自分のやってきたことに
絶対の自信なんてなかったです。もしかしたら小学生
になって英語忘れちゃうんじゃないかとか、心配で
確信持てなかったですから。だからぶれまくるのは
しょうがないことなんだと思います。でも、今なら
皆に言ってあげられる気がします。決めたことを
貫くことが結果につながるし、方針をころころ変えない
ことが、安定した英語力にもなるということをやっと
実感できたので・・・

年齢が上がるとわかってきますよ。先人たちが
言ってたことは、ああこういうことだったんだって。
当事者の時は全然見えないことが見えてくるもので
私も今は落ち着いて物事を見られるようになりました。
でも、中学受験に関しては毎日一喜一憂でぶれそう
になっては、旦那に諌められてばかりです。
まだまだ人間できてないんだなと思います。


コメント







管理者にだけ表示を許可する