オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2010-03-09 (Tue)
 娘が本屋でベストセラーになっている「日本人の知らない日本語」
 の続編を買ってきた。

 

 私が最初に1巻を立ち読みしていて面白いを連発していたからで
 自分も読んでみておもしろかったらしく、2冊とも買ったそうだ。
 (太っ腹やけど、一気に小遣いを使うんじゃない

 大抵は前作の方が面白いものだが、これは予想以上に前作より
 パワーアップしておもしろくなっていた。

 コミックエッセイなので、学校に持っていっていいものか悩んだ
 のだが、担任の先生に正直に言ったところ、

 「あら~、これ今ベストセラーの本じゃない。
  日本語の勉強になるから、これは持ってきてもいいよ。
  読み終わったら私にも貸してくれない?」


 と言われ、拍子抜けしたそうだ。

 この本はルビが振ってあるので、娘のような高学年の小学生でも
 十分読める。だからさくさく読み進められるのだけれど、ここに
 歴史的なことも出てくるので、社会の勉強にもなると思うので、
 今の娘が読むにはちょうどいいのだ。

 実は、娘は社会が大嫌いで、覚えられないといつもぶつぶつ言っ
 ているのだが、この本のように面白く地理や歴史も書いてくれた
 ら、もっと頭に残って、社会が好きになるのに・・・と言う。

 例えば地理でも、ピーマンの生産が日本一は茨城県で、2位は宮崎
 などと言う風に、淡々と書かれても全然面白くないし、円グラフに
 なって何パーセントなどと書かれていたりすると、それだけで
 会社のプレゼンに使う図のようで、一気にやる気がなくなるらしく、
 どうせなら
 「一位の宮崎をまかしてやったぜ~。」
 と、茨城県民がVサインを出してピーマンを持っているマンガ
 (どんなシチュエーションやねん)が書かれていたら、めっちゃ
 頭に残るのになどと、受験生のくせに寝ぼけたことを言うのだが、
 それもそうかもと思えてくる。

 この本の面白さは、日本語の難しさや不思議さを堅苦しくなく、笑
 いながら納得させてしまうところにあるので、娘が気にいるのも
 なんとなくわかるような気がする。

 とはいえ、塾のテキストをマンガにするわけにもいかないので、
 それはそれとして覚えないと仕方ない。

 楽しくないとやりたくない娘には、こういうアプローチで物事を
 進めていかないといけないので、親も工夫がいるところだ。

 英語は楽しかったからここまで続けてこられた。
 もし勉強色が強く、難しいニュースなどや環境問題がどうのこうの
 などという評論を無理矢理英語で読ませようとしていたら、きっと
 続いていなかっただろうなと思う。

 英検2級などに早くに合格してしまったせいで、次の準1級などは
 大人の話題しか出てこないのにそれを低年齢の子供に教え込むの
 は、勉強色を出さずにやるのは私には難しすぎた。

 だからこそゆっくり心が成長するのを待っているわけで、自分から
 高度なものを読みたいと思えるようになるまで、あと少しのところ
 まで来ているので、焦らず年齢相当のものをたくさん見たり聞いた
 りすることに専念しようと思う。

 まずは目先の受験を乗り切って(これが一番の難関なのだけど)
 心にゆとりを持ちつつ、英語もパワーアップしていけたら理想だ。



 
 娘の社会のひどさを何とかしたいと
 まじで悩んでいるまめっちママに
 応援クリックよろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング



 
関連記事
* Category : 日本語のすすめ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。