オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2010-03-04 (Thu)
 我が家は音声中心で英語の勉強をしているので、洋書よりDVDを
 買うことが多い。本で読んだことがあったり、あるいは映画館で
 見たことがあるものや、私が昔見て娘にも見せたいと思ったもの
 などを選んで、かけ流しが飽きてきた頃に次のものを投入する
 という感じで進めている。

 5回ぐらい同じものを聞くと、ほとんど頭に入るので、その頃に
 新しいものをまとめて買うようにしている。

 大抵は北米版を買っているので、リージョンフリーのDVDプレー
 ヤーで見ているが、その時に同時にリビングのコンポに音声を
 入れてしまい、そのあと、タイトル編集(これが無茶苦茶大変)
 してからウォークマンに転送するという作業をする。

 これらの一連の作業をためずにまめにやることで、常に英語の
 環境がそばにある状態を保っているのだが、このDVDを見る時
 最初にうちでは日本語バージョンで見る。その時の字幕を英語
 にし、ストーリーを詳細に把握しながら、日本語の難しい言葉
 を英語の字幕で確認したり、英作文の勉強も兼ねて、決めの
 セリフの部分はどう訳されているのかも見ながら、一回目は
 日本語からスタートするのが最近のスタイルになっている。

 まず英語でいきなり見てからわからない部分を日本語でという
 方法もあるのだが、先に日本語で見る方がうちでは都合がいい。
 見るものにもよるのだが、歴史的背景が複雑なものやストーリー
 が科学的すぎたり、精神世界の話だったりすると、日本語の方で
 先に見ておいた方が、より深く理解できることが多いので、そう
 している。

 2回目に見るときは、完全に英語にし、字幕は出さない
 字幕とセリフが違っているというのもあるが、字幕などなくて
 もストーリーの詳細が頭に入っていると、娘は英語で聞いても
 不自由しないからで、私が一緒の時だけは、英語字幕を出して
 もらうこともあるが・・・・

 DVDを見るのは大抵2回だけで、その後はほとんど音声のみで、
 娘のブームが去るまでは、それを聞かせられ続けることになる。
 (親の忍耐がものすごく必要

 こうしてため込んだ音声はものすごい量で、大抵一度に増える
 音声は、DVD4枚で、600分ぐらい。これを5回ぐらい繰り返して聞
 くのだから、それだけで50時間にもなる!
 今回も思い切ってBOXセットで4シーズン分購入したので、その量
 は半端ではなく、しかも値段は単体でばらばらDVDを買うよりは
 かなりお得でコストパフォーマンスが抜群にいい。
 教材ではないので、初心者向けの方法ではないが、あるレベルま
 で来たら、こういう大量インプットできる安いBOXセットは使え
 ると思う。

 こんな芸当ができるのが子供時代なので、英語を勉強としてやる
 大人より時間がある分、恐ろしくリスニングは伸びるのも納得
 できる。
 
 難しいものを背伸びして見たり聞いたりせずに、楽しめるものを
 何度も聞く方が頭には残る。

 たとえ勉強の要素があまりないものでも、子供が駅名を暗記する
 ように好きな英語も覚えてしまえば、すぐに使えるようになる。

 アウトプットは難しいけれど、たぶんインプットの絶対量が足り
 ないことと、背伸びし過ぎて使えないということが原因
だったり
 するので、年齢にあった理解が追いついているものを大量に聞か
 せることが、周りに英語環境がない日本人家庭では有効なんじゃ
 ないかと思う。



 
 娘の社会の勉強も英語のように
 がんがん頭に入ったらいいのにと思う
 それだけが悩みのまめっちママに
 応援クリックよろしくお願いします
   ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング



 
関連記事
* Category : 英語勉強法
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。