オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2006-10-14 (Sat)
 いきなり刺激的なタイトルとなったが、あくまでも私の体験と
 その回りの状況なので、これが絶対的な真実というわけでは
 ないということをお断りしておきます。
 
 ドッツって何?という方のために簡単な説明をすると、まず
 たくさんの点が書かれたカードを読み上げながら、高速で見せ
 ていき、2枚のカードを子供に見せて、どっちが34でどっち
 が35というふうに聞く。
 非常に近い数なので、なかなか見分けがつかない。
 ところが訓練していくうちにかなりの確率で当たるようになる。

 これがほぼ100パーセント当たるようになると、第一段階
 クリアーとなる。

 二者択一なので、何となく勘であたるのではないかと大人は
 疑うこともあるが、確率からいくと半分にならなければ、
 おかしいはずなので、100パーセントとなると、信用せざ
 るを得ない。

 ここまでは比較的幼い子供達ならクリアーできるようだ。
 細かいことはわからないが、すべての物には波動がある
 ので、それを純粋な子供達は直感的に察知するのではないか
 と思う。私の娘もこのレベルは2歳の時にクリアーできて
 いたし、友人の息子さんも100パーセント当てることが
 できていた。しかし、その後のカリキュラムはかなり苦し
 かった。
 

 カリキュラムを3回繰り返すのだが、42+35=77とか
 を猛スピードで唱え、カードも見せるのはなかなか困難で
 最後は混合計算を読み上げてカードを見せるという相当な
 腕前がいる。

 やっとのことで終わったカリキュラムだが、毎日きちんと続け
 るのは大変で、本来終わらなければいけない期間を大幅に
 オーバーしてしまって、結局は3回終わるのに、1年近く
 かかってしまい、3歳になってしまった。

 そのせいかどうかは分からないが、娘は結局数式を見ただけ
 で答えが書けるようなスーパーキッズにはなれなかった。

 回りの友人の子供達も誰もそこまではできなかった。

 以前紹介した年少さんで円周率600桁の書き出しができ
 た子でも、そこまではできていなかったし、瞬間写真記憶は
 完璧ではなかった。覚えていないことをストレスに感じて、
 たまに泣き出すことがあったぐらいだったから。

 しかし、0歳からドッツを見ている子供の中にはできる子が
 いるようだ。やはりうちは始めるのが遅かったのか?
 そこまでは検証できていない。

 ブログランキング参加中
 クリックで応援よろしくお願いします
    

 FC2 Blog Ranking

 人気blogランキングへ
関連記事
* Category : 英語と右脳教育
* Comment : (2) * Trackback : (1) |

ドッツ * by chachako
まめっちママさん、こんにちは。
ドッツをやって瞬間的な計算ができるようになる子は何百人に一人って聞いたことがあります。

大きい数より、とりあえず1~10程度の数認識をしっかりやるように、とある育児書に書かれていて、本当にドッツを続けていいのか不安になってしまいました。

それでも、どっちゲームで正解してくれると楽しそうでいいな♪うちもあきらめずに頑張ってみます。

チャチャコ様へ * by まめっちママ
ドッツ効果はいつか何かの形で現れることが
きっとあるんでしょうね。
そろばんが上手になったことだけでも、
よしとしようかな。

コメント







管理者にだけ表示を許可する


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
ドッツカード
最近ドッツカードをはじめました。幼児は算数を学びたがっている―ドーマン博士のドッツ・メソッド (1980年) / 久富 節子では8ヶ月から始められるとありましたが、ズルズルと9ヶ月になってしまいました。絵カード …
2006/12/17 21:13  お金のかからない「子育て&幼児教育」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。