オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2009-10-29 (Thu)
 昨日、注文していたDVDがようやく届いた。
 「地獄少女」というテレビのアニメが原作で、後からコミックスに
 なったものだ。
 (普通はマンガがテレビアニメ化される方が多い。)
 
 http://www.jigokushoujo.com/

 現代の世相を反映した内容で、深夜0時きっかりにしかアクセス
 できない地獄通信というサイトに、地獄に流してほしい人物名を
 書くと、地獄へ流してくれるという、ちよっと恐ろしいストーリーなの
 だが、この通信を受けて地獄流しを行う閻魔あい(名前がすごい)が、
 依頼者の元に現れ、わら人形を手渡す。
 そこには糸が結ばれていて、それをひいた時が契約成立となる。

 途中で気が変わったとか、何らかの理由で依頼をなかったこと
 にしたいと思った時は、糸をひきさえしなければ、契約は成立
 しないわけだ。よく考えてそれでもどうしてもという場合、速やかに
 糸をほどけば、たちまち閻魔あいが現れ地獄へ送ってくれる。
 ここでいう地獄とは、本物の地獄で、あの世のことだ。
 ただ、人を呪うということは、自分も代償を払わねばならない。
 依頼者が普通に人生を終え、死んだら自分自身も地獄へ落ち、
 未来永劫苦しむという条件つきだ。
 
 決して必殺仕事人のような感じではなく、現世の人ではない
 閻魔あいという絶対的パワーで地獄へ落としてしまうので、
 のがれる術はない。

 なんでこんな気持ち悪い話をと思うかもしれないが、これがまた
 よくできた話で、この世の不条理を突き付けてくる。
 見れば見るほど考えさせられ、人がこの世に存在する限り、
 閻魔あいの仕事は決して終わらないし、彼女が真に救われる
 日は、恐らくこないだろう・・・・

 で、内容は横に置いておいて、この閻魔あいが、相手を地獄に
 落とす時に必ず言う決め台詞がある。

 セーラームーンだと「月にかわっておしおきよ!」とか、「北斗の拳」
 ならさしずめ「お前はすでに死んでいる」なんていうところか・・・・

 これと同じように、彼女にも長い決め台詞がある。

 「・・・・闇に惑いし哀れな影よ・・・人を傷つけ貶めて・・・
  罪に溺るる業の魂・・・いっぺん死んで見る? 」
 (ひえ~~~かなり怖い・・・・orz
 ここの最後の部分「いっぺん死んでみる?」が英語でどうなって
 いるのか、どんな声の人がやっているのか知りたくて、娘と二人で
 色々英語を考えていた。

 「まさかDo you want to die?はないよね。
  そんなニュアンスとは違うし、難しいな・・・・」

 で、聞いてみたら、こうなっていた。

 「Perhaps it is time to die・・・・」 
 (なるほどと言っていいのか・・・微妙・・)

 日本的な宗教観と独特の言葉「藁人形」などの英訳も結構
 難しい気がした。

 藁人形をtotemと言ってしまうのも・・・・なのだが、適切な言葉が
 見つからない。

 原作を壊さずに別の国の言葉にするって・・・大変なことなんだと
 あらためて感じた。
 
 

 このDVD、リージョンコードが当然ながら違うので
 リージョンフリー再生機で見ないといけないのに・・・
 リモコン壊れた!・・・・・(が~~~ん
 本体で操作はできるけれど、字幕や音声切り替えとか
 色々できへんやん!
 どうしてくれるん?!と、深夜叫ぶまめっちママに
 励ましクリックよろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング


 
関連記事
* Category : アニメ、ドラマで学ぶ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。