オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2009-07-17 (Fri)
 英語を話す上で、大事なことの一つに、自己主張ができるかどうか
 ということが挙げられる。

 娘はこれがとても苦手で、というかできるだけ波風立たないように
 平和主義でいきたいという彼女の性格が影響している。

 例えば、英語に関して言うなら、自分が相手の話している英語で
 間違いに気づいても、指摘したりはもちろんしないし、黙って聞き
 役に徹することの方が多い。

 だから初めて会った人は、娘のことをわかりにくいと感じるかもしれ
 ない。ブログ上では、ありのままの家庭での姿を書いているので、
 そのギャップに驚く方も多いと思う。

 娘の中で信念のようなものがあって、日本人に英語は話したくない。
 相手が英語しか通じない時は、普通に英語で話す。親との会話も
 当然日本語。ここは日本だから必要ないシチュエーションで英語
 は使わない。まあこんな頑固な考えがあるので、娘に無理やり
 話させようとしても冷たい視線が返ってくるだけだ。

 だからといってそのままにして使わないと忘れるので、時々は
 使ってさびないようにしないといけないのだが、そのことを娘に言うと、
 ちゃんとスクールで先生と会話してるし、全然忘れてないからと言う。
 これを人によっては話せなくなっているから、そんなことを言うのだろ
 うと思うこともあるようだが、それはない。

 なぜそんな確信が持てるのかと言うと、この間も久しぶりに
 「パイレーツオブカリビアン」を聞いていて、私と学校の話をしている
 最中に、
 「ママ、ここどのシーンかわかる?今バルボッサと戦ってて
  次はこう言うねんで。○○××※※□▽・・・・」
 
 (私は全然覚えていないので、セリフの再現はできない汗;
 そしてずっとセリフを先回りして、臨場感あふれる映画のシーンの
 再現をしてくれた。もちろんこれだけでは、単に覚えているだけで、
 実際に使えるというのとは違うとこれまた反論があるかもしれない。

 私もそのことは気にしているが、彼女の英会話スクールでの話
 を聞いていると、先生と楽しく会話している様子がうかがえる。
 2人とも大のチョコ好きで、
 「ダイエットっていってもね、チョコはやめられないよね。」と言い
 ながら、お互いにチョコの交換をするとか、そんな話をしてくれる。

 もちろん何て言ったのかもきちんと報告してくれるので、ああ世間
 話を普通にしているんだとちょっと安心する。

 更に私が変な英語を言うと、そんなん言うわけないやん、と言って
 よく使う正しい?言い方に訂正してくれるので、ちゃんと英語は
 それなりに進んでいるのだということもわかる。
 それに英単語マンガを見ていると、彼女が話していることもおよそ
 見当がついて、これなら大丈夫かなと思う。

 ブログには載せていないまだまだたくさんある英単語マンガを
 読めば読むほど、ネイティブっぽい表現が見られ、机上の勉強と
 は違った言い方を今も覚えていて、使っているのだということが
 読みとれる。

 それと最近ちょっと変化があったのは、今まで人前で話したく
 ないと、かたくなだった娘が、積極的に英語のサポートをするとか、
 スピーチをするとか、そういった自分をアピールすることの重要性
 を認識し始めてきた。

 それはとても歓迎すべきことで、もっと自分をアピールしないと
 人には伝わらない
のだということも少し学んだのかもしれない。

 私も昔引っ込み思案で、(ほんまか?!)こんな風にネットに
 ブログを載せるなんて考えもしなかったが、今は厚かましくも色々
 うだうだ書いているので、人は変わるのだと思う。

 世の中には、タダ乗りして情報だけ持っていって何も感謝のない人
 もたくさんいるだろうし、公開したものは何でも無料で、それがいや
 なら出さなきゃいいんだという考えも大いにある中で、わざわざ
 多大な時間と労力をかけてそれでも書きたいと思うのは、多くの
 手探り状態の人達に現代の世の中は冷たすぎて助けがなかなか
 得られない社会になっているのをちょっとでも手助けしたいという
 気持と、自分が多くの人に助けられ、たまたま運よくここまで来られ 
 たことに対して、何か恩返ししないといけないという気持ちからで、
 それでこうしていつまでもお人よししているのだと思う。

 実は一年前(娘が4年生になった時点)で一区切りつけて、
 ブログはやめるつもりだった。
 (そういいながら、どんだけ続いてるねん・・・orz 
 まだ伝えきれていない事があって、それに書いていけば行くほど、
 ああまだこんな事例もあんなこともあったなと思い出され、今困って
 いる人がたくさんいるんだろうなあと思うと、余計なお世話かもしれ
 ないが、苦労した時の記憶が蘇ってきて、もうちょっと書いておかな
 ければと思ってしまう。
 こんな私を見て、娘も何か自分が成し遂げないといけないことが
 あると自覚してくれたら、最高なんだけれど・・・・・
 さて来年はどうなっているかな・・・・

 

 いつもながら大演説にお付き合いくださって
 ありがとうございます。おつきあいのついでに
 こちらもポチっと応援していってください。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング

 
関連記事
* Category : コラム
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

No title * by Molly
こんにちは。もしかしたらご存じなのかもしれないですけど、10年ほど前の「Pay it forward」という映画で、ひとにしてもらう前に自分から人に何かをしてあげる、という内容のものがありました。
まめっちママさんの信念になにか通じるものがあるような気がして・・。

たぶん、まめっちママさんが、プロ意識の高い元予備校講師さんだから、ここまでできるんだと私は思います。
教師って、出し惜しみしてたら、自分も成長できないじゃないですか。
教えることで、自分もさらに研究していって、もっと深い知識がついて、教えてあげた人もだけれど、自分自身も実力が上がっていく、みたいな感じというんでしょうか。(説明がヘタでごめんなさい)
これからもブログ、楽しみにしています。

お嬢さんの英語力については、おそらく今は「より高度な英語のインプット」の時期なんじゃないかと思います。アウトプットはインプットなしでは絶対できませんから、吸収できる間にどんどん丸覚えでもなんでも、今実践されている方法ででも、頭に入れておくべきだと思いますよv-218
そのうち自分の知識と英語力がドッキングして、自分の意見として発することができるようになるはずです。
(エラそうに、スミマセン。)




Molly様へ * by まめっちママ
プロ意識は確かに予備校講師時代はあったと思います。
というか、そうでないと大切な子供たちの人生を台無しに
してしまうことになるからで、真剣です。責任の重さが違う
ので、口先だけの人気講師をやっていては、本当に合格
できる力を身につけさすことなんてできないですしね。
出し惜しみできるほどの力量がないので、いつでも全力
投球です。このネタは次にとっておこうなんて考えると、
いいものが書けないので、自分でももうちょっと考えたら
いいのにと思うこともあります。(笑)
でも性分なんですよね。昔から自分の手の内は隠さないって
主義で、時に損してるなと思うこともあるけれど、不思議と
またいいアイディアも浮かんできて、まだこんなに自分の引出し
は多かったんだとちょっと自分に感動したりもしてます。

娘の英語はどのぐらいの力が本当のところあるのか不明ですが、
映画ドラマの視聴とセリフの暗記はすごい量なので、おそらく
ストックされているものは想像以上に多そうです。
いつも適切な場面で引き出して応用できる能力が高いので、
それが彼女の一番の強みかもしれません。
ただ、性格的な問題で、スペルがめちゃくちゃだったり、大文字
と小文字が入り混じっているとか、基本的にそこはちゃんとして
おかないといけないだろうという部分が思いきり適当です。
むしろ娘は読んだり書いたりするより、実は話すのが一番
得意かもしれないんです。書くことに関しては、ちゃらんぽらん
なので、ピリオドはないし、コンマは行方不明だし、読みづらい
ことこの上ないので、テストはきっと×がいっぱいで、何で
あってるやんと文句いいそうな感じです。
そこをちゃんと直して落ち着きが出てきたら、もっと上の
資格や級を狙ってもいいかなと思っています。
とにかく今はインプットして、引き出しを増やすことと出し入れ自由に
整頓されている脳の部屋作りをしていこうと思ってます。

No title * by ごま
こんにちは。
まめっちママさんは去年でブログを締めるおつもりだったのですね。
〆ないでくれてありがとう~(><)
まめっちママさんはほぼ毎日更新してくださるので、本当毎日楽しみなんです^^
どうぞ、これからもお続けになってください。

自己主張かぁ。
アメリカ人みたいに「Me, Me, Me. I, I, I」ばかりだとうんざりですが、日本人に通じる「言わなくても察してくれ」に頼りすぎると通じないことってありますよね。
でも「言わなくても察してくれ」が日本人同士でも通じないこともたしかに存在するのでやっぱりある程度はコミュニケーションの一部として自己主張って必要かなと思います。

私はとっても抑えてるつもりなんです、自分では。
でもとても主張が強いようです(T-T)
そして人の愚痴を聞くのがとても下手!
そうなんだ~と流せず、なんとかその怒りを納めて前向きになって欲しい!と思い余計な事言っちゃうんですよ。。。
そんな風に余計な事言って説教臭くなるから、主張が強いと思われるのかな。

バランスの取れてらっしゃるまめっちママさんと娘さんの話を拝見するたびに、あぁ~私はどうしてこうアホなんだ?と反省させられます。はい。
いつも学ばせてもらってます^^
末永く続けてね。

ごま様へ * by まめっちママ
ごまさんは、私から見たら、そんなに自己主張強いように
思えないです。前向きでパワフルだけれど、決して主張しすぎない
いい感じだと思いますよ。人の愚痴を聞くのが下手だとおっしゃる
けれど、そんなこともないと思います。
ごまさんは、いつもかなり大変だろうなって思うことを簡単に軽々と
飛び越えて次のステップにいってしまう能力を持っているから、
人よりは物事に悩まず先に進むタイプなんでしょうね。
だから人によっては、そんなに強く明るく進めないよ、辛いんだから
聞いてよってなるのかもしれないですね。

私はいつプラス思考で愚痴をこぼさず、解決するために
努力を惜しまないごまさんをとっても尊敬してます。
私よりずっと若いのに、すごくしっかりしてるし・・・
本当素敵な人だなと思ってますよ。

私のへぼいブログもまだもう少し頑張ってみます。
誰かの心を癒して励ましになるのなら、こんな私でも存在価値が
あるのかなって思えるので。

いつも読みに来てくれてありがとうね。


コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。