オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2009-07-13 (Mon)
 この半年・・いや一年ほど、娘はかなりスランプ状態で、長く苦しん
 でいた。
 ブログ上ではいつも通りおちゃらけていたので、そんな感じは受け
 なかったかもしれないが、勉強のリズムをつかむことができず、
 更に、今までのようにやったらやっただけの成果が返ってくる
 成長著しい幼児期が終わって、ちょっとの努力では大きな成果を
 あげることが難しくなっていたこともあって、自分には実力がない
 のかもしれないとちょっと自信をなくしていた。

 英語も年齢以上のことはなかなか理解しにくいので、亀の歩みで
 進むしかないし、今までのように次々と英検に合格するとか、そろ
 ばんで優勝するとか、アルゴで優勝するなどというようなことも
 低学年だからこそできたことで、高学年になってからは、受験勉強
 が忙しく、これといった成功体験も少なくなっていた。

 別に何もかもが優秀でなくてもいいのに、なまじちょっと年齢の小さ
 い時にたまたま運がよくて、それなりの成果を出してしまったもの
 だから、それ以上にもっと自分を伸ばすということがとても苦しく
 感じられた。

 人と比べているわけでもないのに、昨日の自分より進歩するという
 それだけがこんなにもプレッシャーだなんて思いもしなかった。

 スポーツ選手でも、史上最年少記録とかそいういう華々しい登場
 の仕方をすると、後でとても苦しいのと同じで、塾でも超まぐれで
 一番などをとってしまったら、それより上はないわけで、ずっと
 維持していくなんてあまりにも辛いことで、普通なら喜んでいい
 成績でも、本人にとっては不満でしかないというのも悲しい。

 そんなわけで、最近思うのは、常にストイックに向上することだけ
 を目標にするのもいいけれど、レベルが一定を超えてしまうと
 それは際限ない自分との戦いになってしまうので、子供の頃は
 小さい成功体験を積み重ねていくことの方が大事なんじゃないか
 ということだ。

 大きな夢はもっと後でかなえた方がいい。
 失敗して人は強くなるのは本当だけれど、目標が高すぎて失敗
 ばかりしすぎて成功体験がなくなってしまったとしたら・・・・
 あるいは、大人でも一度は華やかな旬の時代を経験していれば、
 また頑張れるのに、一度も日の目を見ることなく、人生が失敗しか
 なかったとしたら・・・・

 それは心に大きな傷を残すんじゃないかと思う。
 だから子供のうちに自分でもできる小さな成功の喜びをいっぱい
 体験することって大事
だなと思う。

 娘は少しばかり早くおいしい成果を取り過ぎてしまったので、
 今度はもっと小さなことを一から積み上げて、新しいわくわく感
 のようなものを体験させてやりたいと思う。

 今はたまたま絵にはまっていて、この間も学校の図工の時間に
 描いた点描が展覧会に出してもらえることになり、とても喜んで
 いたので、自信を取り戻してやりたくて、パソコン絵も描き始めた。

 税金ポスターも自分から勉強が忙しいのに描くといって持って帰っ
 てきた。そうして心にゆとりを取り戻していくと、不思議とスランプ
 だった勉強もまた復活した。

 遠回りでも、焦らず時期を待つことがいかに大事かよくわかった。
 人生には波があり、停滞期もあるけれど、そのあとにはぴょんと
 一段飛び越えて次のステージに上ることもあるのだ。

 夏休み前に色々あったが、心残りなく次へ進めそうな気がする。
 どうか一皮むけて晴々とした顔で夏を乗り切ってほしい。

 

 家の中も頑張ってきれいに模様替えして
 新しい風がはいってくるかもしれないと
 ちょっとだけ期待しているスピリチュアル大好き
 まめっちママに応援よろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング



 
関連記事
* Category : コラム
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

No title * by のんぷ~/じょあんなT
うちはたいしたことない娘ですけど、たいしたことのない小学校の中で
優等生だったために、ヘンなプライド持ってしまって似たような状態に
なっています。(なんでも100点じゃないと傷ついてしまうというような)
うちは逃げ道が中国語になっていますよ。
(しかもそれが自分がピンインうまく発音できてないと注意されると
すぐ逃げてしまっていますし・・・)

よく中学受験に疲れきったような子を「パンツのゴムののびきった」
とひどく形容されることがありますけど、本当にそれは避けたいです
よね・・・パソコンで絵をかくとか、精神的なゆとりを確保されるのは
いいことじゃないかなと思います。

中受で「あしたのジョー」のように真っ白に燃え尽きられてはいけません
から・・・

たぶん小さい頃は親の見栄や希望で連れて来られたやる気のない子
とかが混じっていたんだけど、そのうちそういう子が脱落していった後
「できる子」の集団のなかで同じように首位をキープするのは
ハードルが上がるというのはよくわかります。

やっぱり自信と(勉強自体を)楽しむ気持ちとそこからくる余裕が
大切なんでしょうね・・・(口で言うのは簡単ですが難しいですよね)

中受については本当に、「こんなもん解けたらそりゃ嬉しいだろう
けどさ・・・」みたいな、できる子は楽しいだろうけど、の世界に
思います
そちら側にうまく立てることを心からお祈りいたします。
(すいません、アドバイスもなんにもできなくて・・・)
たぶん志望校の傾向によってもやること全然違うでしょうしね・・・

でも成功体験とか、自信って、とくに子供が学習意欲継続するには
不可欠だと思います
(大人みたいに、できないけどがんばる、でテンション維持するの
無理ですよね。自分の子を見ててもそう思います。)

ただ、ハードルが変わっているから「ふつうの子のなかのトップ」
でいたようにトップになるのではなく、今回は「志望校レベルの中の上」
ぐらいでいいんだよ、と言ってあげたら少しラクになるんじゃないかなぁと
思います

のんぷ~/じょあんなT 様へ * by まめっちママ
スランプが長かったので、自分でもしんどかったんだろうなって
思います。受験することに後ろ向きではないから、それなりに
自分で考えて折り合いをつけていくとは思いますが、少し
心にゆとりをもってもっと違う世界に感動して新しい体験を
いっぱいしてほしいですね。
パソコン絵はそういう意味ではとても彼女の感性に合ってて
よかったと思います。
うちは全然大したことないんですが、それでも彼女なりの
プライドっていうのはあるみたいです。
娘の自尊心を傷つけず、それでいて大らかに本当の意味で
勉強が楽しいと思えるように環境作りしていかないといけませんね。
この年頃の子供って結構繊細です・・・・・・

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。