オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2009-06-26 (Fri)
 子供を育てていると、何もかもが順調にいくとは限らず、しょっちゅう
 困ったことに直面する。

 それもいつのまにか乗り越えて大きくなったなあと思い出のように
 語れるようになるには、子供の成長を待つしかないのだが、当事者
 はものすごく苦しくて何とか解決したいともがいているもので、その
 うち治るからとか、みんな乗り越えて大きくなってるんだから大丈夫
 よなんて軽い言葉で流されても、今辛いから何とかしてほしいんだ
 と思うのが、子育て真っ最中の偽らざるママの気持ち
だと思う。

 焦っていらいらしいて、それが子どもにも敏感に伝わって、まさかと
 思うことが起きるのが幼児期なんだということを私が初めて経験した
 のは、娘が5歳ぐらいの時だった。

 恥ずかしい話だが、娘はなかなかおむつが取れない子だった。
 口は達者だったので、言葉が遅いから言えなかったのでは
 なかった。昼間はそれでも3歳までに何とかおむつが取れたので
 ちょっと遅めではあるが、まあそこそこ普通だと言える。
 でも、夜はいつまでもとれず、小学校に入る直前までして寝ていた。

 今でもそうなのだが、寸前までトイレにはいかない子で、時間を惜し
 むというのか、前もってそんなに行きたくなくても一応トイレに行って
 おくかという計画性や用心深さがないのだ。

 だから万が一直前にトイレに駆け込んで、ものすごく混んでいたら
 どうするつもりなのかと考えたら、親の私は早めに行こうねと言う
 しかなく、いつもはらはらしてばかりだった。

 誘ってみても、「出ない!」の一言で、これが一番大変だった。

 ご存知のように我が家は娘をプリスクールに電車で連れていった
 ので、途中でトイレに行きたくなっても、電車の中ではどうしようも
 なく、駅に着くまでは我慢してもらうしかないので、もらさないか
 はらはらしていた。何せ直前まで言わない頑固な娘なので、
 おしっこと言われたら、それはかなりぎりぎり状態ということで、
 何で今乗ったばかりなのに、さっきホームで言ってくれなかったの
 と愕然とすることばかりだった。

 こういう子どもは比較的いるんじゃないかと思う。

 ここで何で言わないんだと叱ってしまうことが、私にも正直あった。
 そんな1分ぐらいで急にもれるほどおしっこたまらないはずだという
 大人の感覚で物事を考え、少し前からちょっとずつ尿意はあった
 はずなのに、なんでこんな状況でと怒りを募らせてしまったのだ。

 実際、間に合わず、漏らしたことは何度あったことか。
 あと少しで家に着くと言う時に、道で漏らしたこともあるし、プリ
 スクールから帰る時に、園でしてくればいいのに、歩き始めて
 5分ぐらいして駅の地下道に入った頃に、出そうだと言いだし、
 トイレが50メートル先にあるのに、間に合わず漏らすとか・・・・
 わざとやってるのか?と思えてしまうほどこっち方面には娘は
 無頓着でルーズな性格だった。

 今ならパンツはき替えたらそれでおしまい、多めに持っていれ
 ば、別に漏れたから死ぬわけじゃないと随分おおらかに構えて
 いられるとは思うが、当時は新米ママなので、公共の場でこんな
 ことばかりされるのは、やはり辛かった。

 それでついきつめに怒ってしまったことがあり、それから数日して
 娘に異変が起きた。

 現在の娘のお気楽ぶりと、全く物事に動じない性格からは
 まさかうちにそんなことが起きるとは正直想定外だった。

 それは娘がひん尿になったことだった。
 
 今まで誘ってもトイレにいかない娘が、15分前にトイレに行った
 はずなのに、またすぐにトイレ行く漏れると言いだしたのだ。

 最初は、ちょっと水分取り過ぎたかな?程度に考えていたが、
 どうも様子が普通じゃない。あまりにもトイレに行きすぎる。
 そしてその間隔はどんどん短くなっていき、明らかにおかしいと
 気づいたので、膀胱炎かもと医者に連れていった。

 でも、そういう傾向は全くなく、異常なしだった。
 
 その時はまだ、これが精神的なことからくる異変だとは気づいて
 いなかった。

 
 このあと、娘はどうなっていったか、そして私は
 どうしたかについては、次回の記事で
 (またこんなところでコマーシャル・・・・orz

 
 続きが気になるよと言う方は、クリックで
 応援してやってください。できるだけ早く
 気合いで続きを書くことができるかも・・・・・!
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング  
関連記事
* Category : その他
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

No title * by のんぷ~/じょあんなT
子供の性格のことですが・・・
うちは私がいつも「物分りの良い」母親を目指して娘とは何でも
話し合って、あんまり「理屈に合わない」という経験をさせてなかったんです
ですが最近引っ越してきた近所は「理屈に合わない」いけずとかも
あるところなんですね
娘があんまり「うたれ弱い」んで、ずっと「それじゃダメだから」とか
「こうしたらどう?」みたいには家では相談してて、それでもダメで
とうとう私もこれじゃダメだと思って
「あまえるな、自分で解決せぇ!」って怒ったんです
それをブログで書いたらけっこうしつこそうな人に非難されて
えらい言われようで落ち込んでいます
前からブログを読んでいたりする人とかなら私たち親子の
つながりとか娘を大事にしてることをわかっていると思って
書いたのに、最近来たひとかなにかしらないけど、
名乗りもしないで人のブログをさんざんに言うんです
でも、私はいつまでも「よき相談者」では解決できなくて
突き放すぐらいのことをしないとあの子はいつまでも私を頼りにすると
思ったんです
出掛けにすこし叩かれたぐらいで半泣きになって返ってきたから
どなってやったのと、
(あと、そうやって大げさ目にどなることで一緒にいる叩いたほうの子が
「あそこのお母さん恐い」と思うことを狙ったのですが)
返ってきたときや、他のときはもう普通にもどってますし
親子関係でそれがこじれることはありません。
寝るときだって甘えすぎだと思うぐらい私にへばりついてきて
なんとかして突き放さないとと思っているところなんです

そこに名無しの非難者がきて好きなようにののしってくれるので
落ち込んでいます
あまりにしつこければコメント自体を削除していくことになるでしょうが
私の現在住む町で必要とされる強さを手に入れるには必要なことを
したと思っています
なんだかしつこそうな人が来たのでどうしようと思っています

トイレねた(><) * by sa-chi21
まめっちゃんの今後の展開気になります!!

ちょっと前までものすごーく苦しんでおりました。
親子ともに・・・(TT)
もう、ほんっとわたし何年トイレトレにつきあわにゃいかんの!!
毎日大量のパンツを1年以上洗い続けた頃から、辛くなりました。わたしのほうが精神的にまいりました。1人目だし余計ですねぇ。

トレレトレなんてせずにほったらかしでもよかったんちゃうん??
と、思うことがしばしば。

幼稚園の先生にも協力していただいて、シール作戦でなんとかましに
なりました。が、まだ気を抜くとおもらしするんですよ(TT)昼間ですよ。
何かに夢中になっちゃうとだめですねぇ。

結局、でそうになったらトイレにつくまで我慢するのよ・・と説明してたことばが一番だめだったらしく、彼は極限まで我慢してから『トイレに向かう』行動になり(まめっちゃんといっしょですね(^^;)

いまでは、

『我慢したら、おしっこばけつ破裂するから、したいなとおもったら我慢したらあかんねん』

と、理解されたようです。この子には『我慢する』じゃなくて『我慢したらアカン』といったほうがわかりやすかったみたい。それにたどりつくまでどれだけの日数がながれたんだろう・・・・

もちろん夜のおむつはとれてませーん(笑)

さしすせそは全部『ちゃ、ち、ちゅ、ちぇ、ちょ』
だし。5歳なんだけど、ほんと赤ちゃんみたい。
わたしが子どもに話しかけるときなぜか『ですます語』でしゃべるからKENも『ですます語』でしゃべってくれるんですが、全部『~でちゅ』です(^^;

これもまた、そろそろ発音練習しないといかんなぁ~






のんぷ~/じょあんなT さんへ * by バニラ
はじめまして。
横レスで失礼します。

私は、のんぷ~/じょあんなTさんのブログが見えないので(表示されませんでした)わかりませんが、文章を拝見しただけでもお子さんを大事に思われている素敵なお母様なんだと十分感じられましたけど。

ブログは、基本的に何を言っても良いと思うし、またいろいろな人が見ているからそうした配慮も必要ですが、お嬢さんとお母さんの間で理解しあえているなら、他人がとやかく言うことじゃないですよね。
それに、ブログで話せるのは、事の一部始終の一語一句を洩れなく記述できるわけじゃなし、かいつまんで記述できる程度だから、他人がいろいろと詮索して尾ひれがつくんです。

私たち親は、できる範囲において子供にとってそれが一番と思うことしか実行できないし、時が経って振り返ってみれば、正しいと思っていたことが実は間違っていたり、違う選択もあったとわかりますが、その時、その時みんな一生懸命ですもの。
どこが我が子の限度とか、ここはしっかり注意する必要があるとかないとか・・・さじ加減は、親にしかわからないと思います。

ましてや名無しで誹謗中傷する人は、スルーしたほうがいいですよ。大体、他人を誹謗中傷する人は、その人自体、大して参考になるような子育てされていない場合多いし、あんまり気にされませんように。
のんぷ~/じょあんなTさんのブログに癒されたり、楽しみにされている人のほうが多いと思います。
そんな人に負けずに、どうぞブログも子育ても頑張って下さい。



sa-chi21 様へ * by まめっちママ
我慢するじゃなく、しなくてもいいっていうのは、なかなか
いい言い方ですね。ちょっとでもおしっこを感じたら
すぐに出していいんだよって言う方が安心しますよね。
(もちろんトイレでですが・・・・)
本当に工夫したら、子供の心を傷つけなくてもすんだ
んですが、新米だったからまだまだ未熟だったんですよね。
今ならちょっとぐらいどうってことないよと笑えるのに・・・・

何でも言えるようになってきたのも、年季が入ってきた証拠
ですよね。(それってつまり年くったということか!?)

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。