オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2009-06-20 (Sat)
 この年まで生きていると(一体いくつやねん・・・・汗;過去に自分が
 通ってきた道や失敗したことや、悩んで迷走したことなどと全く同じ
 ようなことを今の若いママ達がやっているのを、たくさんブログなど
 で見かけて、ついエールを送ったり、ああ私と同じ間違いしてるなあ
 ・・・・とか、余計な御世話的なことも考えたりしてしまう。

 でも、それはちょっと上の世代から危なっかしい子供を見守るよう
 な気持ちにすぎない。子育ては結局の所、自分が失敗したり
 上手くいったりを経験して初めて、ああそうだったんだとわかるもの
 なので、私は比較的どの考え方もやり方も一理あると思うようにし
 ている。

 明らかにそれは・・・・と思うこともないわけではないが、人から
 否定されて学ぶことは少ない
ので、納得いくまでやってみないと
 なかなか素直に受け止めることはできないものなのだということも
 感じている。

 たとえば誰かがDWEで成功して話せるようになった。でもそれは
 その子にそれが一番合っていたということと、流れに乗って上手く
 物事を運ぶ幸運の女神を親がタイミングよくキャッチしたということ
 に過ぎない。もちろん最後まで投げずに頑張るということは、最低
 限クリアしていないといけないけれど・・・・

 またある人がずっと英語で子供を育てた結果、子供がバイリンガル
 になった。これも英語で育てることがその人にとって一番自然だっ
 た
ということで、他の人が苦しい修行のように英語を使わ
 なきゃと構えて同じように真似しても、必ずそうなる訳ではない。
 
 一番大事なのは、子供がそうすることが一番楽しくて、やってよか
 ったと思えるかどうかということで、それは子供一人一人全部違う

 
 たとえば、娘はあるシリーズの本を読む時でも、一巻から順番に
 読むというわけではない。どこからでも読み出し、気に入ると他の
 巻もその時あったものを買って読む。

 几帳面な子供なら、一巻から順番に読んでストーリーがつながって
 いないとどうも気持ち悪いと思うはずで、それがうちの娘にはない。
 登場人物がわけわからなくなるから、最初から読めばと思うことも
 あるが、乱読しているうちにちゃんと誰がどういう関係なのか理解
 しているので、必ずしも親が思うようなきっちりした順番は必要ない
 らしい。

 これだけでも親と子供の考えはこうも違うのかと驚くが、こんなこと
 は日常茶飯事で、親の常識と子供の考えは必ずしも一致しない。

 こんな娘の本の読み方を見ていると、親がこれを読めばいいなあと
 目につくところに読んでほしいものをたとえ置いたとしても、うちの
 場合は、恐らく読みはしない。むしろ好きな部分から読める雑誌を
 置いておく方が、目を輝かせてパラパラめくり始めるということを
 知っている。

 こういうことがわかるのが親なのだと思う。

 同じことをしようとしても成功しないのなら、自分しかわからない
 方法をやればいいことで、子供の特性に気づくことができるのは
 他ならぬ親でしかないのだから。
 
 洋書を最近あまり読まなくなったのも、最初から続いている長い
 ストーリーを娘が好まないということと、どこからでも読みたい束縛
 が嫌いな娘に似合わない方法だからで、一つ一つが完結するのに
 短いもの、むしろコラムやニュースの方があっている。

 だからジュニアエラやひらがなタイムズのような使いやすいもの
 にはまるのだと思う。

 世間で主流になっているから、そうしないといけないということは
 ない。参考にしつつうちでは自分の子供にそれが使えるかどうか
 考えることも大事だと思う。

 どこかのテレビで何かが特集されると、急にそれが売れたりする
 こともそうだ。納豆が店頭から消えたりしたのはそう遠い昔の話
 ではない。

 流されず、それでいて頑固になり過ぎず、バランスよくもうこの感覚
 は自分で磨いていくしかない
のだとも思う。

 
 
 ますます年齢不詳の管理人が怪しいぞと
 思ってしまった方も、まめっちママさんて本当は
 何歳?若いのか違うのかと悩んだ方?
 (誰もそんなこと思ってないと思うけれど・・・・)
 バランス感覚は大事だと思えたなら、応援クリック
 してやってください。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング  
関連記事
* Category : コラム
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

No title * by のんぷ~/じょあんなT
DWEで英語ができるようになった卒業生の女の子でCMに出てるのが
何年も同じひとりの子だということが気になってしょうがないのは私だけでしょうか?
それはいいとして
私も鼻をふくらませて興奮してDWE買いましたとも
そこにmagic とか fantasy 夢みましたとも
現物見て、よくできてるけど、同じ金額でその子に向いた方法
探せる人もいるだろうな・・・って思います

でもあの時はママデビューみたいなもので、DWEのサークル
っていうか、英語大好きママのソサエティみたいなのにお金かけて
入ることに夢みてるところもあるかもしれない・・・
(私は公園デビューがうまくいかなかったので、本当は正規に
フルセット買うとかして、イベント参加したりしたかった)
近所の英検に力入れた幼時英語教室行ったけれど、やっぱDWEの
ブログやってるひとたちと気合が違う・・・

あれを本当に使いこなせたら(というか、うちはDVDとトークアロング
だけでしたが重宝しましたけれど)いい教材だと思います
でも、子供部屋に置いてるだけで子供が自分からフルセット自分で
勉強して、ペラペラに・・・って子はかなり希少なのではないかと思います
親子や兄弟姉妹で英語環境を快適に整えられてないと難しいのでは
ないでしょうか?
それでさらに母語の日本語もさしつかえなく習得するとなるともっと
難しくなります

英語学習が好きでいい意味で競争しあうことができて、学習意欲を
維持する場というのはありがたいものですね

わたしは自己紹介したり子供同士遊べるレベルの英語を娘に期待
したのではなかったので、これから長丁場になりそうです
どのような英語を身に付けさせたいかにもまたよるかもしれませんね

同じことをしていても同じテンションのときに同じことをしたのかは
わかりませんし、ノリのいいときにDVD見せてたお母さんと
なんでもいいから、とか、いやがってるのにとかのお母さんとは
どうしても結果が違ってしまうんでしょうね。

うちの子なんか3歳のとき、私の嫌いなトムとジェリーが大好き
だったのでかなり迷いました(ナンセンス好きの考えない子に
なるんじゃないかとか、でも見せなかったらトラウマになるんじゃ
ないかとか・・・)

梅沢富美男・「恋はいつでも初舞台~♪」
じゃないですけど
「子育てもいつでも初舞台~♪」(ToT)

のんぷ~/じょあんなT様へ * by まめっちママ
DWE確かに同じ子供しか出てないかもしれませんね。
私は何も知らないでバイリンガル教育するつもりもなく
ただ人気がある教材ってどんなものなんだろうって思っただけで、
それを買って子供をぺらぺらにしようなんて全然思ってなかった
ので、どうなるかわからないもんです。
絶対にバイリンガルと思わないでやってたから、プレッシャーが
かからずに出来たのかなと思います。
意気込んでやった音楽教育は見事に失敗してるし・・・・
だから子供にあってないものを親のやりたいことの押し付けだけ
では、できないんだなと思いました。一番あってるものが英語だった
というだけで、もし他のものだったら、上手くいったかどうかは
わかりません。人はみんな違うので、誰ひとりとして同じ結果には
ならないのだと思います。
こればかりは最後までいってみないと誰にもわからないってのが
本当のこところなんじゃないかと・・・・・

日々、立ち止まって自分を制しながら行きたいですね。

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。