オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2009-06-03 (Wed)
 ウェブサイトの方へ書いたオリジナル記事から転載して、ブログ
 向けに書きなおした記事で申し訳ないが、ずっと十年間英語育児
 を続けてきて、これがやはり最適の方法かもしれないと思うよう
 になったので、一番皆さんが読んでくれているこちらのブログに
 も書いておこうと思う。

 我が家の英語育児は、御存知のようにセット教材から始まり、
 英語絵本やDVDなど数々のものを試して、それの相乗効果で、
 現在のレベルまで来ることができたのだと思っている。
 その中で、最終的にこの方法が結局は一番なのかもと思えるの
 が、実は音読と暗唱だった。

 音読と暗唱は表裏一体の関係にありどちらか一方という
 ことはない。
 つまり音読を続けていると、いつのまにか暗唱している自分に
 気づき、しかもその記憶はとても確かな記憶として定着する。

 我が家は毎日、般若心経を唱えて仏壇の前で拝む。それ以外にも
 一通り他のお経も含めてかなり長いものを読むのだが、いつまで
 に暗記しないといけないと構えて読んだことは一度もなく、毎日
 ただ音読していたら一ヵ月ぐらいで全部すとんと覚えることが
 できた。

 そしてその記憶はずっと忘れず、たとえどんなに途中から読み始
 めても口から勝手にすらすらと出てくる。
 例えば、人が急に話しかけて返事をしたとしても、何事もなかっ
 たように、さっき中断した部分から迷わずすらっと言えるぐらい
 だから、これが右脳に刻むという記憶法なのだろう。

 つまり苦労して一夜漬けのように暗記したものではなく、毎日
 ひたすら声に出して読むことが自然な暗唱につながったという
 ことだ。この原理を応用して英語の文章を毎日音読することで、
 いつのまにか忘れない記憶として定着させようというのが私の
 考えている理想の音読と暗唱だ。

 暗唱のための暗唱ではない、つまり無理やり次の週までにここ
 まで暗唱してきてくださいという指示で親が必死になって子供
 に覚えさせる暗唱ではなく、一日一回の音読を続けていくうちに、
 自然と覚えていたという状態になるように、そういう暗唱なら
 とても効果的だということだ。

 だから私は娘には、「次までにこれを覚えないとテストされるよ」
 とか、「頑張ってここまで覚えてシールもらおう」とか、そうい
 うことは、あまり言わなかった。
 もちろん子供なのでシールがもらえるから頑張りたい、張り出さ
 れるからそこに自分の名前を載せてもらいたいとか、そういう
 動機があって、自分から覚えようと頑張るのならいいのだが、
 それを強制したり、○○ちゃんに負けないように進むというよう
 な発想でやっていると、その時は覚えていても本当の意味の暗唱
 にはつながらない。

 ただ、子どもによっては、負けん気が強く、発破をかけた方が
 いい場合もあるので、すべての子供に同じ対応でいいとは思わ
 ないが、少なくとも、親が見栄のために暗唱を強要することだけ
 は避けたい。早く発話させたいから、ちょっとでもぺらぺらっと
 しゃべってほしいから、何とか覚えてほしいと頑張るのは、暗唱
 を苦行にしてしまう恐れがあるので、それなら音読することで、
 覚えさせなくても勝手に頭に入ったという方が、よほど親子共々
 精神的に楽ではないだろうか?

 娘は、スクールで毎週テストがあってここまで覚えていかないと
 いけないというのがとてもいやだった。好きな英語の音声はいく
 らでもCDといっしょにシャドーィングして口から出すことで、
 勝手にどんどん覚えたが、強制的暗唱はうちでは全く役にはたた
 なかった。
 それで、かけ流して覚えさせれば苦痛なく暗唱できるかもと、
 暗唱課題にもなっていた「竹取物語」の冒頭部分を流してみたが、
 全然覚えなかった。
 つまり自発的にこれは大切なことだから、何度も読みたい、
 あるいは、好きなシーンだからセリフを覚えたいと思って聞くと
 効果的
だし、そういう気持ちで読むと、すっと頭に入
 るということなのだろう。

 では、そんなにおもしろくないお経がなぜすっと頭に入ったの
 かというと、うちでは仏様を大切にすることと、毎月欠かさず
 お墓参りをしていることなど、神仏や人智を超えたものへの畏敬
 の念を忘れないということを基本に置いているからで、その姿を
 娘はいつも見ているので、般若心経や他のお経などを読む時は、
 気持ちが前向きだから音読で覚えることができたのだ。

 「竹取物語」もおそらく教室での暗唱のためではなく、自分から
 古典を読んでみたいと思うようになれば、きっとすっきり頭に入
 るに違いない。
 
 結局、音読と暗唱は、単に機械的に読むから覚えるというより、
 気持ちをこめてひたすら読むことで、好きなものが苦痛なく覚
 えられる
ということではないだろうか。

 
 たどりつく方法は、いつでもシンプルで
 それが実は一番大切なことなのだと今更
 気づくまめっちママに応援クリックよろしく
 お願いします。
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育

 人気blogランキングへ

 
関連記事
* Category : 英語勉強法
* Comment : (20) * Trackback : (0) |

なるほど * by smile*
こんにちは。
暗唱は強制しても意味がないのですね。
最近、絵本を自分から暗唱するようになったので、それでは、とばかりに強制しようとしていた自分に反省。です。
確かに好きなものは、自分から歌ったり、シャドーイングしたりしています。
いつも勉強させていただいています。
これからも宜しくお願いします。

smile様へ * by まめっちママ
基本的に子どもが好きで積極的に暗唱したがるのなら
それはそれで効果的かなと思います。でも、いついつまでに
ここまで覚えるというのは、結構詰め込みで暗唱というよりは
暗記と言う感じになってしまうんですよね。
それで覚えたはずのものが、何カ月かすると全然覚えてないと
いうことになり、大ショックということもあります。
好きで毎日聞いていると勝手に脳が記憶するという感じの方が
忘れにくいようです。ただ、年齢的なものもあって小さすぎると
やはり忘れるのが痛いところです。時々古いものも聞いたり読んだり
することで、記憶を確かなものにしていくのが一番いいみたいです。

No title * by 理花
記事を読んで改めて
あ~うちは英語の本はほとんど音読してないなぁと気付きました。
おっしゃるとおりで
漢字の本等は幼稚園でも音読してくるせいか
暗唱が先か文字の認識が先かと思ってるうちに
かたまりでどんどん覚えるのに
それに引き換えなぜ英語は・・・(TT)と思っていました。
英語の本はCDで聞いて暗唱しているものもありますが
そろそろ字とリンクして欲しいと思っていた所なので
文字を追って音読するよう子供と一緒にチャレンジしてみます。

理花様へ * by まめっちママ
音読って思っている以上に効果があるようです。
なかなか声に出しては恥ずかしくて言えないんですが、
かなり理論的に考えていい方法だと思います。

シャドーイングもそうですよね。声に出してるから、スピーキング
の練習になるし・・・・・
耳と口は連動してるから、そう考えるとすべて納得いきます。



No title * by ごま
まめっちママさん、こんにちは。
音読かぁ~。
うちはいつになったら出来るようになるかしら。
こごまはどちらかというと、絵本を読んでも黙って聞いていてある日独り言で絵本と同じセリフを言っているのに気がつきました。
でも、下の子は私が読むそばからまねして一緒に声を出すんです。
定着するまでためて、ためて出す上の子。
定着はしてないものの、入れるそばから出す下の子。
う~ん、どういう風になっていくかしら。

考えてみると私は英語を音読したことがあまりないように思います。
だから伸びないんですかねぇ~(笑)

今日はバージニア晴れてます^^
まめっちママさんのところはいかがですか?

ごま様へ * by まめっちママ
こちらは梅雨入りしたような天気で雨です。
うっとうしいですよね。晴れてる日は気持ちいいけど、
なんだか雨は気持も沈みがちです。でも、新型インフルは
梅雨入りしてくれた方がウイルスが活発にならないですむので
いいタイミングかもしれません。
すっかり町は落ち着いてあんなに騒いだのはどうしたの?って
感じになってます。

音読は、うちの娘もそんなにしないんですよ。でも覚えて忘れない
記憶にするには、これが一番いいような気はします。
だからできるだけ声に出してシャドーイングしたりすることで
音読効果と同じように定着を図るために映画のセリフとかは
しょっちゅう真似してます。毎日文字と音とをリンクさせて口から
出すの3つができれば、すごく効果があがると思います。

No title * by みゅう
まめっちママさん、こちらにコメントするのは初めてのみゅうと申します。

実はいつも読んでいたのですが、
お嬢様が、
なんかすごく雲の上の方のようにすごいと感じていたもので、
コメントもできずに読み逃げしてました。
ごめんなさい。

だけど、こちらのブログで勇気を貰ったことは今まで沢山ありましたので、
(本当に英語教育なんてしていいのだろうか?とか・・)
これからも、力を頂にブログに遊びに来ますので、
よろしくお願いします。

私自身は暗唱やら記憶力が本当に弱いので、
暗唱なんてやらせられない!ってすごく思っていたので、
(やり方が分からないので)
まめっちママさんのこの記事で
救われた思いです。
言われてみれば好きな事は覚えられますもんね、私でも。
その繰り返しでいいんだ!って。

好きなものに触れる。
好きな物を見つける。
興味を持つ。

もしくは、

日常にする(強制ではなく、当たり前の事)

ことが記憶に繋がるんでしょうね。

すごく気が楽になりました!
ありがとうございます。



暗唱~ * by sa-chi21
上の子KEN、暗唱する時期がありましたが、現在はそれを通り越して読み聞かせてもらうよりも、暗唱するよりも、自分でORTを声にだして読むほうがすきなようです。

わたしの後について読むとかではなく、一時一句ひろって読み上げていて流暢さはまったくありません~。
毎日やってくれればそれはそれでいいのですが、こちらが強制というかそれとなく音読の方向にもっていってもしないので、やったりやらなかったり・・・・。

それでもひつこくORT音声は毎日1回必ずながし、KENが聴いてようが聴いていまいがとにかくわたしもORTを読み聞かせしています。

現在それを一生懸命聴いてリピートしてくれるのはyu-kaちゃん。これはyu-kaちゃんにもその時期がきたのかな??とORTでは重要基礎文法がたくさんでてくるStage1+からまた1か月6冊ずつ読み聞かせ&音声かけ流しをはじめました。

妹はこちらが意図しなくても、すぐに口にだすタイプ。

KENはこちらが促さないとすぐに口にださないタイプ。
何かの拍子にあそびながら、英語を発し、文法を応用しようとする場面もあり。
でもドリルのような書くアウトプットは好き。

いつのまにか自然に覚えていた!!をめざしている
ママとしては2人ともママの後に音読してくれたらとっても楽なんだけれどもなぁ。。。

2人の個性をみながらやり方考えないといけませんね。
暗唱の話題気になっていたのでタイムリーでした。
参考になりました。ありがとうございました。



No title * by のんぷ~/じょあんなT
音読は自分が頑張ってると思っているよりできてなかったりするので
録音してたまに聞くのは必要だと思います
自分がリスニングできてる文章と同じぐらいのスピードと発音で
喋れていると思っていて、それほどスピードなかったり、カタカナ
っぽかったりします
自分としては「十分通じる発音」ぐらいができれば自分を許すつもりで
発音をネイティブなみにする努力に時間を回すよりは、文法や単語
やることはいっぱいあると思うのです
もちろんその「十分通じる」までも結構大変なのだと思うのですが・・・
文法や単語の知識を強化しながら音読することで発音が更に
よくなることも考えられますし・・・

たぶん自分や子供のレベルなら「コーパス」とか調べるより
本や例文を「音読」するほうが「身につく」だろうなぁと思います。

赤ん坊のときから聞き流しをし、子供の頃は日本語より英語にちかい
発音でバブバブ言ってた娘ですが、一度頭を日本語にしたら
refrigerator の発音も心もとないものになっていました。

読みなれてくると「こういう文が後に来る」と経験的にわかるまでに
なりたいなぁと思います。

No title * by さくらのはっぱ
育児経験の長い、まめっちママさんの言うコトは説得力があります。
そういう私も、大切なことは、シンプルなことだと最近あらためて感じています。
私が思うに、歌い聞かせ、語りかけ、読み聞かせ、に始まって、音読、暗唱・・・と語学の学習の基本は続いていくのでしょうね。きっと。
あれもコレも気になって手を出してしまいがちだけれど^^;

みゅう様へ * by まめっちママ
コメントありがとうございます。
こちらこそいつも訪問していただいているのに
コメントも残せずなかなかそちらにうかがうことができず
すいませんでした。
暗唱は強制的にするものではなく、いつも聞いている
大好きな物をただ毎日続けていくことで、気づけば
本当に自分のものにしていたという状態だと思います。
好きなものは、つい口ずさんでますよね。それが音読や
シャドーイングなどの原型なんじゃないかと・・・・
こんな風に考えられたら構えずに細々とでも続けていけ
そうですよね。それでいいのだと思っています。

sa-chi21 様へ * by まめっちママ
子供によって色々ですよね。性格の違いとかがあって
すぐに音読して暗唱がすんなりいく子供もいれば、うちみたいに
恥ずかしがってなかなか声出さない子供もいて・・・・
でも、そういう子だからこそ強制せずに好きなものを毎日
聞いていると、自然に口ずさんで音読と同じような状態に
なってて、どっちかというとシャドーイングですが、それを
勝手にやってるんですよね。そうすると口に出してるから
いつのまにか覚えているし、どこからでも好きな場所から
自由に言えるぐらいに記憶に定着しているんです。
これでいいのかなと思います。動機付けというのもわかりますが
これをいつまでにやりなさいというのが苦手な子供もいます。
だから暗唱は強制しないで、音読やシャドーイングを中心に
やって、いつのまにか覚えたみたいになれば理想だなと思います。

のんぷ~/じょあんなT様へ * by まめっちママ
音読は、中級レベルぐらいまでに到達する時に
とても効果があるような気がします。
例文やすぐれた文章などをたくさん口に出して読んだり
シャドーイングしたりすることで、丸ごと覚えてしまう方法
ですよね。そうしてインプットされてしまうと楽です。後は
そこに理屈の部分を足していくのがベストかなと・・・・
どこからでも言えるぐらいに覚えていたら文法や構文の
理解も早いのかなと考えています。

さくらのはっぱ様へ * by まめっちママ
私の育児なんて参考になるかどうかわかりませんが
それでも基本はいつでもどの時代でもそんなに違わない
んだと思います。
特別なマジックなんてないし、英語育児だからといって
すごい技があるわけじゃない。
結局語り継がれていくものは絞られていくんだろうなって
思います。

No title * by PMD2Master
そうだね 思い返せばいつも一人でぶつぶつ本をよんで、一人遊びのときにそれを暗唱しながらごっこ遊びをしていたかな。
傍から見たら怖かったかも?
中授の理科・社会も音読で基礎は覚えたようなもんだし・・・

PMD2Master様へ * by まめっちママ
コメントありがとうございます。
音読効果で理科や社会の暗記もスムーズに
いくものなのですね。
声に出すって結構恥ずかしいのですが、家で一人で
やる勉強としては、実に効果的な方法なのかもしれないですね。

* by ひい
自分は高校生です
英語のテストで得点を取るには、教科書本文を丸暗記するぐらいに音読するのが一番いいと思います

覚えるのが面倒な英単語も、個々に覚えず「文章」として覚えてしまうので、思いだすのが楽です。

外国語を習得するとき、音読はとても役立ちます
14ヶ国語をマスターしたシュリーマンさんも、隣人に引っ越しを強要させられるくらいしつこく音読していたそうです。

文法ばっかりの学習塾にも取り入れて欲しいですね、音読。

ひい様へ * by まめっちママ
コメントありがとうございます。
シュリーマンさんの話は聞いたことがあります。
音読をずっとしていた話ですよね。
やっぱり昔から効果的な方法は同じなんだと思います。
魔法のようなものはなく、シンプルな方法こそが
ベストです。
何度も聞いて口に出して読む音読が学校や塾でも
一般的な方法として定着してほしいですね。

* by うらら
我が家は現在、細々と絵本を開いてCDを聞いてますが、真面目にやると楽しくて、この記事どおりいつのまにか、口をついてでてくることを実感しています。
こちらとはやる量の違いはありますが、方向は間違ってなさそうで嬉しく思います。

実は以前から拝見してたはずなのに、こちらの記事は、見逃してました。記事特集していただくと助かります。ありがとうございました。

うらら様へ * by まめっちママ
記事特集は今後も続けていきますね。
自分でも何を書いたかわからなくなることが
あるので、たまに発掘してみると、どういう風に
自分が成長したか、あるいは矛盾したことを
言ってないかなどもわかるので、やってみるもの
だなと思ってます。
暗唱は毎週決められたものをきっちりやるという
よりは、好きで楽しく何度も読んだものが頭に
すっきり入るというのが、本当のところだと
思います。だから課題として好きでもないものを
覚えても、その時は覚えてますが忘れます。
そういう暗唱は苦行になりますから、小さい頃は
好きなものでいいですから、何度も読んで覚えて
しまうのがやはりベストかなと思います。

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。