オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2009-03-25 (Wed)
 小学生になった最初の夏休みが終わって、とりあえず心配してい
 た娘の英語も前と変わらず、英検にも合格してこの調子だとずっと
 維持できそうだとホッとしていたのもつかの間・・・・・

 新学期が始まってしばらくしていつもの英会話帰国子女クラスの
 授業を受けた時のこと。
 先生にちょっかいを出し、けらけら笑ってガンガンしゃべっていた
 娘が、その日は最初からずっと大人しいままだった。
 教室は、ガラス張りの外から中の様子を見ることができるので、
 同じクラスのアメリカ帰りの男の子のママ友と一緒に、談笑しな
 がら外で1時間待っていることが多い。
 
 この日も様子を見ながら二人で話していたのだが、明らかに
 いつもと違う。先生の質問に普段ならジョークを飛ばして場を
 盛りあげていたはずの娘が、妙に静かで暗い顔をしている。

 その時はそれほど気にも留めず、たまにはそういう日もあるだ
 ろうぐらいに思っていたが、この日を境に、道で先生に出会っても
 素っ気ない様子で、先生が困惑するような状態となった。
 特に先生と何かあったわけではないし、いやなことを誰かから
 されたというのでもない。むしろ大好きな授業なのに・・・・・

 やはり英語を段々使いにくくなってきたのだろうか?

 でも、一週間前にはそうでなかったものが急に変わるのも不自然
 で、毎日かかさず英語の番組も見ているし、サタデークラスでは
 ずっと英語で生活しているわけだから、週明けにいきなり話せなく
 なるはずもなく、理由が思い当たらなかった。

 普通ならここで、夏休みが終わって学校に行き出し、英語に触れ
 る時間が短くなったからそうなったのだと焦りまくり、英語の時間
 をもっと増やさなきゃとなるところだが、私はそうは思わなかった。

 我が家はずっと今までも日本語しか話さない家庭だったし、小学
 生になってからの英語環境も、夏休み中と新学期とでは、大きな
 違いはなかった。
 塾の夏期講習にも行っていたので、英語のクラスは、平常の帰国
 子女クラスとサマースクールぐらいで、しかもそのサマースクール
 は、園児といっしょの本当に遊びの時間で、長い休みの間のわず
 か4日か5日のことだった。

 だから新学期になって英語を使わなくなったからという理由は
 成り立たず、その後も続けて秋には、英検準2級に合格し、更に
 その半年後には、2級にも合格しているので、英語力が落ちた
 わけではなく、むしろ上がっていると見た方がいい。

 もちろん英検は英語力の正確な物差しではないこともわかって
 いるが、いわゆる大人がやるような英検対策の勉強をしたわけで
 はないので、単語帳に単語を書いて覚えたり、塾語を暗記したり
 もしていなくて、やはり日頃の耳からの音声、ビデオやテレビから
 の映像、スクールでの人間相手の会話などを通して身についた
 英語力と言える。
 
 英検の過去問はやったが、それは時間を測るためと、実際の雰
 囲気に慣れるためで、どんな問題かも知らずに受けるのは、いくら
 何でも無謀と言えるので、そういう意味の対策はやった。
 それと2級の時はさすがに難しい単語も増えるので、Pass単など
 のCDをかけ流しに使ったこともあるが、基本的に娘は、それは
 ほとんど頭に残っていないらしい。単語集の漢字があまり読めない
 ので、私が振り仮名をふったり、英英辞典で意味を書き足したりも
 したが、好きなものはいくらでも覚えられるという子ども特有の脳が
 まだ健在で、試験っぽいものは受け付けないので、あまり役には
 立たなかったようだ。

 これらの状態から見て、娘の英語が机上の勉強をしたから、英検
 だけ合格できたのではないこともわかる。
 2次試験には、英語のカードを説明しないといけない問題もあるし、
 質問内容も子供には難しいことを聞かれたりするのだから、英語
 が話せないと合格できないだろうから、きちんとテストの時に答え
 ていたことは間違いない。
 二次試験の練習を1回だけスクールでやった時も、ちゃんと話し
 ていたのを目撃しているので、やはり英語を話さなくなったのは
 娘の心理的なものが原因のようだ。

 この時はよくわからなかったのだが、今ならなぜこういう現象が
 起きたのかわかるような気がする。

 うちではずっと七田式の教室に通っていて、様々なCDを聞いて
 きたし、フラッシュカードも時間は短いがやっていた。
 その時にどういう風に娘が記憶していくかを見ていると、大人が
 考えるのとは明らかに違う覚え方で、わずかの時間しか見てい
 ないし、聞いていないものでも、それを2週間か3週間ずっと
 聞き続けて見続けていると、ある日突然全部覚え、どこからでも
 言えるようになる。

 順番を覚えているのではなく、ストンと記憶の中に忘れない状態
 で刻まれるという感じだ。一夜漬けや毎日コツコツ覚えたものは、
 その時が終われば、忘れてしまうが、こうやって覚えた記憶は
 かなり長く覚えていられる。もちろんずっとやらなければそれでも
 忘れるのだが、再びやると、あっという間に思い出し、4回も繰り
 かえせば、絶対に忘れない記憶に定着することもわかっている。

 つまり何が言いたいかというと、英語の力も毎日少しずつ斜めの
 直線で伸びるのではなく、ある日ポンと一段高い所に上がるような
 そういう伸び方をする
ということで、それまでは、ほとんど変わらず
 この子はちっとも伸びないと思うのだけれど、本当にある時飽和
 状態が来たらいきなりレベルが5ぐらい上がるという感覚だ。
 たぶんこういう状態が夏休み明けに娘に起きたのだと思う。

 娘に聞いてみたら、ある日突然、何か今まで自分が馬鹿みたい
 にべらべら話してきたことが恥ずかしくなってきたと言う。
 たぶん心が一気に成長し、子供からちょっとお姉ちゃんになったと
 いう感じだろうか。英語は幼稚園時代と比べて、今の方が何倍も
 できるし、あんな中身のないことを話していた自分が恥ずかしい
 とも言う。サマースクールに行っても、園児はやはり遊びに関係し
 た話はできるけれど、相手にして話すと退屈するような話ばかり
 で、そんなことを自分も得意に話していたのかと思うと、急に恥ず
 かしくて仕方なくなったというのが真相らしい。

 なるほど、前から娘は大人びたやけに冷静な子だと思っていたが
 心の成長期が一気にやってきたせいだったのだ。

 こう思える理由は他にもある。
 入塾テストの時、先生と軽い面接があるのだが、この時はまだ
 幼稚園児で、先生の質問にも園児らしい受け答えで、じっと
 していなく、先生に向かってため口で話ていたし、何か落ち着か
 ない様子だったのに、わずか半年後の夏休み明けには、先生に
 そういう態度をとらなくなり、日本語でも不必要なことを一切話さ
 なくなり、実に静かでクールな子供へと変身したのだ。

 英語も日本語も全く同じ発達の仕方をしているということで、私の
 迷いは吹っ切れた。英語が足りないせいではなく、自らの意思で
 使いたい時とそうでない時をわけるようになったのだと。

 もちろん日本語の方ができるのは間違いないし、英語は段々
 緩やかにしか伸びなくなったが、今も娘はマイペースで時折
 私に「ママ、今の英語どういう意味かわかってる?」などと
 えらそうに言ってきて、喧嘩をすると、私に向かって英語を投げ
 つけてくることもあり、こちらがわからないようなことを聞いて話し、
 理解しているので、もう私が手を出さなくてもちゃんとやっていけ
 るところまで来たようだ。

 あの時、私が焦りまくり、もっともっとになっていても、きっと娘は
 同じだったと思う。

 すべての子供にこの話が当てはまるとは思わないが、もし子供
 に変化があった時は、何が原因かよく見極めた方がいいと思う。
 すべてを削ってまでも英語英語にならないように、また、逆にもう
 だめなんだと諦めてしまうのもよくない。

 親がいつも冷静な目で子供を見て、バランス感覚をなくさないこと
 これが一番のような気がする。

 
 
 超長い記事をここまでたどり着くまで読んで
 くださった気の長いすべての皆さんへ感謝します。
 最後にもうひと頑張りして、クリックして帰って
 もらえたら、もっと嬉しいなあ・・・・
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング
関連記事
* Category : 日々の取り組み記録
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by ゆっきぃ
夏休み明けを境に。。。っていうの、ときどき
他でも見聞きします。
夏休み、っていうのがキーワード
なのでしょうか??

そうそう!迷っていたリージョンフリーの機器
買っちゃいました。これで、海外の安いDVD
買い放題です。今なら安いしね~v-426
先日のSIDのDVD買っちゃいますよv-290

少し前の記事で、七田のプリントを2年生までを
入学前に終えたと書かれていたので、質問
させてください。
あれって、漢字も学年相当分は網羅されていますよね。
お嬢さんは漢字は苦手、ということでした
が、七田のプリントではあまり効果がなかったと
いうことでしょうか?

我が家も七田のプリントを家庭学習に取り入れて
いますが、メインとしては使ってなくて、
実は漢字はまったくやらせていません。両面に
なっている漢字じゃないほうだけやってます。
いいプリントだとは思うのですが、メインとして使うには、
問題の傾向というか内容が偏って
いるような気がするし、漢字までやらせると
時間的に無理があるためです。

でも、漢字も繰り返し出てくるから、やっていたら
かなり身につくんじゃないかな~と思っていた
のですが、そいういえばお嬢さんは漢字は
(他と比べると)イマイチとおっしゃっていたので
どうなんだろう?と感じましたが、いかがですか?

でも、あれを入学前に2年生まで終える、すごいです!
思いつきませんでした

ゆっきぃ様へ * by まめっちママ
ついにリージョンフリーのデッキ買ったんですね。
便利ですもんね。海外のDVDって安いんですよ。
うちにも海外版結構あります。

ところで漢字の件ですが、七田のプリントは確かに
役にたちました。2年生まで先取りしたおかげで
小学校入学後の授業も楽だったし、塾でも十分
ついていける学力が身についてました。ただ、漢字は
2年生の分までしか先取りしてなかったので、その後
は学年相当の勉強しかしてなくて、3年生の漢字から
ちょっと熟語とかが難しくなって、しかも塾では
一年先の漢字も出てくるんですよ。娘のクラスは
先取り選抜クラスなので、一学年先の内容をやるから
うちでやってた漢字のストックはあっという間になく
なって、その分苦労しました。
やっぱり漢字はどんどん先に進んだ方がよかったです。
あまり先取りすると、子供が天狗になったら困ると
思って学年以上のことをさせなかったので、今思うと
漢字ぐらいは進んでおいて丁度よかったみたいです。
なので、七田の小学生プリントは続けとけばよかった
と思います。塾に行ってない子供で3年生までは、あの
プリントでも十分対応できる内容なので、一年分あの
量をこなせば、かなり勉強したことになるんじゃない
かしら。どっちにしても漢字はやって損することない
ので、漢検なども含めてチャレンジしておいた方が
いいですよ。うちの娘でさえ次の級を6月に受ける
かもしれないので、やっぱりモチベーションアップの
ためにも何か目的がある方がいいみたいです。
受験って本当に大変です。社会理科の暗記の量が
半端じゃないし、算数の難しさは想像を超えてますし
国語も文章が半端じゃなく難しい。漢字も当然ながら
キリがないほど熟語で登場するし・・・・
頭痛いです。英語と両立すると言ったからには
それでも頑張るつもりだけど、毎日時間をふるに
使ってます。後2年、気力の勝負かな・・・・

うーん! * by risa
そうだったのか!!!そうか、そうか!!!
と、1人で唸って読んでしまいました。
お嬢さまの心の成長がすごく伝わってきました。
1くらいから一気にレベル5くらいまでドドーンと成長する
というニュアンスも、何だかとても良く分かります。
基礎を徹底的に固めていくと(まめっちママさんのお嬢さまは
自然に身につけているところが素晴らしいです!)、ある時から
ぐ~んと成長する。色々な世界(分野)で共通することですよね。
私も結果ばかりを焦らずに、子どもに接していきたいです。

risa様へ * by まめっちママ
よく世間でもこの部分を取り上げて
英語なんて幼児期にやっても忘れて無駄と
言われるんですが、心の成長期と重なる
ことや、多くの帰国子女の様子を見てきた
英会話スクールの先生たちが英語を忘れてない
ことを証明してますから、親が焦ってじだばた
しない方がいいなと思います。
基礎固めした後の成長は単なる会話レベルを超えて
もっと上の更なる飛躍へとつながってると信じて
ます。

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。