オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2009-03-18 (Wed)
 この春で11歳になる娘の英語歴もかれこれ10年近くになる。
 長いと言えば長いのだけれど、あっという間に大きくなった感じだ。

 記憶も最近は薄れてきて、何をしていたかなと思い出してみるのだ
 けれど、あまりにも当時は育児で手一杯だったので、大した取組
 と呼べるほどのことはしていなかったようにも思う。

 それでも初めてDWEを購入した時の記憶は今も鮮明で、あれが
 なかったら、やはり今の娘はなかったと思う。

 この頃の取り組みは、もっぱらDWEのプレイアロングビデオを見せる
 ことと、絵辞典の単語を指で押さえながら、CDといっしょに発音し
 ていくことや、ままごとの間にシングアロングのかけ流しをしていた
 ことぐらいで、後はひたすら公園遊び、寝る前の昔話読み聞かせ
 これだけだったように思う。

 まだお昼寝をいっぱいする時期だったので、昼間はよく寝ていて
 夕方は公園、夜は早めに就寝する生活だったので、実に健康的
 だったと思う。

 だから、夜遅くベビーカーに子どもを乗せて大型ショッピングセンター
 などで、深夜の10時すぎてもまだうろうろしている家族を見かける
 と、びっくりしてしまう。

 今でこそ娘も塾で遅くまで勉強しているので、10時以降まで
 起きていることは当たり前のようになっているが、小学校入学前
 までは、どんなに遅くても9時過ぎには寝ていた。

 それぞれの家庭の事情があるだろうから、いいとか悪いとかは
 言えないかもしれないが、世の中随分変わったなと思う。

 話がそれたが、うちの場合は、朝におけいこ事を入れていた。
 1才半から2才半ぐらいは、近所の英会話にしばらく通い、七田式
 のリトルバイリンガルコースの英語教室に変わってからは、ずっと
 長く七田式の教材をメインに進めてきたように記憶している。

 ここで出会ったある熱心なママ友が当時やっていたことは、今の
 かけ流しの原型とも言える形で、MDに一か月単位で聞かせたい
 音を編集して1時間ぐらいの長さのものを作って、それを毎日
 聞かせることだった。

 一か月の最初の日に、一気にMDを夜のうちに編集して作ってしまう
 のだと言う。その日は大変だけれど、後はずっとそれでいけるので
 MD編集は彼女にとって一番大事な作業だったようだ。

 このママ友は、我が家と違って超朝型で、毎日4時に起きる。
 その代り夜は8時には寝ているので、電話は夜かけられない。
 世間で流行っているドラマ(大抵9時台)などは、だから見ていない
 わけで、ある意味ストイックに生きている人だった。
 本当に驚くほどきっちりしていたので、彼女から学ぶことはたくさん
 あった。

 私はMDの編集はしないタイプで、百均の籠を買ってきて、その中
 に、やはり一ヶ月分の聞かせたいCDやMDを入れて、CDプレーヤ
 -のそばに置いておいた。

 中身は現在見ているDWEのビデオと連動している部分のCDで、
 他には七田式の教室で毎月もらうマンスリーCDというのがあるの
 だが、それをこのママ友がすべて貸してくれたので、それをダビン
 グしたMDと他に海外の子供が見るビデオ「リチャードスキャリー」
 や「ブルースクルーズ」などの音声を入れたものを取り混ぜて
 その月のかけ流しとしていた。
 大体3週間ぐらいで、次の新しいものと入れ替えていたので、
 毎日適当にあれこれかけることだけはしなかった。

 この頃からすでに私は音声だけの抜き出しをやっていたように思う。
 もちろん今のようにソフトを使うとかではなく、アナログなやり方で
 オーディオの線をテレビから直接デッキにつないでMDに録音した。

 こうしてたくさんのMDが出来上がり、その数はざっと100ほどは
 あったかもしれない。

 英語だけというより、右脳開発に興味があった私は、このママ友
 から本当にたくさんのものを貸してもらった。

 ドッツのシールや紙まで共同購入して、安く譲ってもらっていっしょに
 図書館で作業したことも覚えている。

 わざわざ紙の問屋さんからドッツカードや他の絵カードを手作りする
 ために何百枚いや千枚単位で購入していたようだ。

 それを譲ってくれていたので、本当にありがたい存在だった。
 私の今の考え方の基本はこの人に影響を受けたと思う。
 とにかく無償でこんなにしてくれていいの?と思うほど、惜しげも
 なく、自分のものを提供してくれるその心意気が好きで、私も
 情報はオープンにしよう、お金で情報を売るのは性に合わないと
 思った。

 子供への接し方も、ついがみがみしてしまう人間ができていない
 私とは違って、いつも優しく諭し、必ず子供の目を見て理由もなく
 感情で叱ることは決してなかった。当時私たちの間では、彼女の
 ことをまるで天使かマリア様だねと言っていた。

 そういう人に巡り逢えたことが、その後の育児を劇的に変えて
 くれたのは、また次の機会に書くことにする。

 
 過去記事とだぶる部分はご了承下さい。
 新しい読者の方にもわかるように、同じエピソードが
 繰り返し登場することもあるので、決して健忘症が
 進んだわけではありません。(いや、もしかしたら始まりかも・・・orz 
 ついでにこちらもクリックして応援よろしくお願いします
 ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング

 

 

 
 
関連記事
* Category : 日々の取り組み記録
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

参考になります * by Rumichi
まめっちママさんの育児の元型がここにあるのですね。すごく面白いです。

私はCDの編集などしていませんが、DWE、マザーグース、えいごリアン全てに共通している曲がある本やCDを使っています。

キャラクターが違っても歌が同じだと、すごく興味を持つんですよね。なので、あちこちに飛ぶより、連動しているかのような教材が本人にもいいようです。

それにしても、まめっちママさんのママ友、素晴らしいです!近くにバイリンガル育児を理解して一緒に取り組んでくれる人がいると、一人でするのと内容も全然津がってくるだろうなと思います。

次回も楽しみです♪

* by risa
まめっちママさんこんばんは^^
素晴らしいママさんがお近くにいらっしゃったんですね!
私も近くにそういったお母さまがいたらとても良い刺激を受けられそうです。
うちの子供もまだ小さいですが、まめっちママさんの取り組みを始めたくさんの諸先輩方のお話を参考に、毎日少しずつ地道に取り組んでいきたいです^^

Rumichi 様へ * by まめっちママ
私の育児で最初に出会った人がこの人だったことは
ある意味、とても衝撃的でしたね。
教育熱心だけれど、優しくて穏やかで
声を荒げたところなど見たことないです。
こんな人いるんだと正直びっくりしました。
でも、英語や早期教育の仲間として随分助けられ
ました。だから私も人には自分ができることで何かして
あげたいと思えるようになったんです。

risa様へ * by まめっちママ
いい友達に出会ったと思います。
最初にこの人に会ってかなり衝撃を受けました。
自分に得だとか損だとかそういうのがないんですよ。
ある意味お人よしで、だまされたら大変だよって
思うほど純真でまっすぐな人でした。
出会いって大事ですよね。

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。