オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2009-01-22 (Thu)
 前回の続きとなるが、娘が一番言語能力を上げたのは4歳から
 5歳だったように思う。

 性格的に目立ってはきはきするタイプではなかった娘は、じっと
 英語の言葉があふれてくるのを待っていた。
 話したいことは山ほどあったのに、スクールではほとんど無言の
 状態で三か月が過ぎていた。日本語が流暢だったので、おそらく
 それと同じぐらいの内容を英語で言うための語彙力がつくまでは、
 口から英語を話すことができなかったに違いない。

 他の子供たちは、わからないことは日本語で話してしまうのに
 娘だけは、まるで言葉が話せないかのようにただ聞いていた。
 ネイティブの先生から「この子は日本語も英語も話さないので、
 今一つ力がわかりづらい」
と言われたぐらいじっと我慢していた娘
 が、ある日突然話し出したのは、4歳の誕生日を迎えて3ヵ月位
 たった頃だった。この頃まで私は娘に相変わらず英語の絵本読み
 はさせていなかった。

 では、なぜ急に英語ができるようになったのだろう。
 3歳でアルファベットを書けるようになった娘は、フォニックスの
 練習プリント(七田式)をやり始めた。それはごく簡単なものから
 進んでいく一日一枚ずつぐらいのものだった。
 終ると、次のライミングドリルへと進むようになっているので、順番
 通りにやっていくだけで、これが素人でも必ずできるカリキュラム
 よさだなと思った。
 その後にはさらに英検ドリルに続いていくので、まさに順番通り
 真面目に取り組むことで一定の力が必ずつくという構成になって
 いるのがよかった。
 子供はどんどん吸収するので、親は更なる情報を求めてばらばら
 に色々な教材に手を出したくなるものだが、系統だてて長く続ける
 ことは確実に基礎力となると思う。
 そしてこの時期、右脳開発に興味があった私は立体感覚を養う
 ために積み木プリントや七田式プリントのAコースも初めていた。

 文字、数、知恵の3分野が万遍なく学べるプリントで、これも一日
 1枚やりたい時は5枚やったこともあるが、少しずつでも決して
 さぼることなく続けていった。特に知恵のプリントはおすすめで
 娘もこれが一番好きだった。
 勉強というより本当に知恵がつくという感じで、ここを伸ばすことが
 後々考える力や自分で創造する力をつけてくれたと思っている。

 「七田式プリント」は知育の基幹教材となって、その後も小学生
 プリントの2年生までお世話になり続け、ロングランで取り組んで
 きた。公文のプリントを毎日するのと同じような感覚で、我が家は
 このプリントをAコースからDまでやり通し、それが終わったのは
 ちょうど5歳の終わり頃だったので、英語の一番伸びた時期と
 知力が伸びた時期が重なっていた
ように思う。

 この時にはかったIQが今までの最高159だったので、おそらく
 知力の発達が英語も押し上げたんじゃないかと私は思っている。
 ちなみに教室に通わなくても上記のプリント教材はここで買える。
  ↓ ↓ ↓
 http://www.ejisonnotamago.com/

 体力も鍛えるためにスイミングやダンス教室などにも通っていた
 ので忙しかったが、時間を有効に使っていたと思う。
 家庭内ではブロックで変なものをよく作り、友人から借りた英語
 アニメ、ニコロデオン系のものをよく見ていたのを覚えている。

 英語育児ではとかく日本語が嫌われる傾向にあるが、なぜか
 私は完全英語のものだけでなく、日本語が入っているものも娘に
 は見せたり聞かせたりしていた。

 それは日本語能力が高かった娘になら日本語の意味から英語の
 単語を覚えさすこともできるし、逆に高度な日本語を英語から学ぶ
 ことも可能だった
からで、5歳にもなれば一人前のことを言う幼稚園
 児がいくらでもいることを考えると、同年代の日本語しか話さない
 子供が使う大人びたおませな日本語も娘にはかえって勉強に
 なったのだ。

 私が一番好きだった教材はラボパーティーのバイリンガル絵本
 (ブログサイドバーに掲載)で、これをかけ流しのメイン教材として
 使って毎日聞いていたように記憶している。みるみるうちに覚えて
 いき、シャドーイングしながら歌い、それと同時に絵本を見ていく
 うちに、ウソ読みから本物へと変わっていった。多少はいい加減に
 ごまかして読んでいたとは思うが、これが読みへの加速度的な
 第一歩だったように思う。
 
 英語を聞くとセリフやストーリーをほぼ全部暗記してしまう特技が
 あった娘は、こうして覚えた単語とフォニックスドリルなどとの組み
 合わせで、単体で単語をひとつひとつ指差して覚える方法ではなく
 一気に丸ごと文章で頭に入れてしまうやり方で読めるようになって
 いった。
 ただ、初期のころだけはサイトワードのようなよく見かける最低限
 の単語を100個ほど覚えて書いてテストしたこともある。

 少しずつやるのはプリントだけで、音や映像はどんと大量に
 覚えさせようとせずにどんどん流す
(こだわらないという意味) 
 これが結果的に早く正確に忘れにくい記憶の形成となったことは
 間違いない。

 こういうのがいわゆる右脳的な覚え方なのだということを親の
 私は、娘を通して理解していった。
 
 ここにはたまたま七田式のことを書いたが、要するに基本となる
 ものを一つ決めて、ばらばらのことに手を出さない、最低でも
 こうと決めたら半年ぐらいは継続しないとその効果のほどもわから
 ないということ、一つをじっくり覚えてから次に行かず、流すことを
 何度も繰り返す方が定着率がよい
ということ、こういったことを
 素直に実践していったおかげで変に自分が専門家じゃなかった
 分、驚くほど子供の能力は伸びたように思う。

 ざっと端折って書いたが(その割にめちゃくちゃ長い) 
 自己流にならずに、割ときちんと進められたことが
 我が家では功を奏したと今でも思っている。


 何度も短くしようと努力して気がついたら記事を書き上げる
 までに朝から夜までかかってしまっている!
 途中、子供の弁当作りや買い物、銀行など色々予定が
 入り、やっと出来た記事なので、頑張ったまめっちママに
 どうか応援クリックを・・・・・(疲れた・・・・・・・汗あせ
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング

 
 
 
 
関連記事
* Category : 英語と右脳教育
* Comment : (5) * Trackback : (0) |

管理人のみ閲覧できます * by -

いつも楽しみにしていますよ~ * by ゆっきぃ
毎日アップされている記事。どんなに手間がかかっているか、想像すると大変な作業で
あることがよくわかります。
文章を書くのが苦にならないまめっちさんであっても、
多くの人の目にふれると思うと、きっと何度も書き直したりされるんでしょうね。
そのおかげで、私は楽しく拝読させていただくことが
できるのですが・・・v-421

私は今、引越し先の新居の間取りをうん、うん、唸りながら
締め切りに追われて、頑張っています。
それぞれに希望があって、制約もあるし、間取りを考えるような
知識も経験もないので、ときどき頭がフリーズしますv-37

お嬢さん、4-5歳が発語の黄金期だったんですね
2-3歳が幼児の脳の発達の黄金期だったかなにかを
七田の本で読んだことがあったので、そうなんだ~と
思いました。
英語があふれ出てくる、親にとっても不思議でうれしいことですよね。

上の子はプリにまかせてしまって、自宅で英語を口に
する様子をほとんどみていないので
下の子は英語があふれるところがみれたらいいなぁと
思っています。

今もほんとにいやなことは「No~!」って言ったりするんですよ。「イヤ!」じゃなくて。
悪いことしたときに「お外出すよ!」って脅したりしたときなんか涙目で。。。。


引越しは少し先に延びたので、引っ越す前にまめっちさんを
ジュンク堂で発見できるといいなぁv-343
そのときのために、お肌の手入れをしておきます~

ゆっきぃ様へ * by まめっちママ
いつもはもう少しさらっと書いてしまうのですが、なぜか
今回はめちゃくちゃ時間かかりました。
途中で何度も中断してるからですが、しばらく放って
おいて何時間かしてから、再びちょろっと書いたりして
何だか一日中記事をぐずぐず書いていたような気が
します。
過去にも言っていることの繰り返しになっている
部分が多いのですが、新しく読まれる方も古くから
ずっと読んでくれてる方にも、わかりやすく手短に
書くのは難しいです。

お引越しされると、ジュンク堂からは遠くなるのですか?
私は相変わらずちょろちょろしてますよ。
最近はアクタよりガーデンズの方に行ってしまいます
が、ガーデンズは人がどっさりで本屋さんも落ち着か
ない感じです。

また明日行くと思います。(4時ぐらいかな・・・)
もし見かけたら思い切って声かけてみてください。
巻き髪になってると思います。(デジタルパーマのせい)

4歳 * by ゆり
なかなかコメントが残せなくてゴメンナサイ。いつもコメントを残そうとしている間に子供が何か要求してきたりして、読み逃げ状態で(><)それにしてもいつも丁寧に記事を書かれていて感心してしまうのですが、やっぱりそれだけ時間をかけていらっしゃるんですね。まめっちママさんはあまり睡眠を取らなくても平気な方ですか?私は睡眠時間が足りないと次の日の日中にぼーっとしてしまうので睡眠は毎日8時間もキッチリ(笑)

我が子は今4歳なので、今回の話はとても身近に感じました。そしてやっぱり日本語の力がある子は英語の伸びも早いのだと思いました。プリで3ヶ月話さないって、長いようですが、冷静に考えるとすごく早いですよね。

この頃からプリントを毎日欠かさずやっていたなんてうらやましいです。うちはプリントは一日1~2枚が精一杯。最近はまた嫌がり始めたので、プリントの内容を私が見て、他の遊びで同じ内容をやるようにしています。プリントを嫌がる子と、好んでやる子の違いって何なのでしょうね。。。 

ゆり様へ * by まめっちママ
こちらこそ読み逃げ結構してます。
ごめんなさい。
ゆりさんの記事はとても役立つ記事なので、私の
娘が小さかったらものすごく影響受けたかもしれ
ません。いつもとても詳しくモンテの教育のことを
書いてくれてるので、ああこういう風に育てたら
もっとうちの娘も落ち着きのある子に育ったかな
とか、今更のように思うんですよ。(笑)
今4歳ぐらいの子供さんを持ってる方なら本当に
役立つ記事ばかりで、すごいなあといつも感心して
ます。

英語ね、うちは家ではよくしゃべってました。
ビデオを見てシャドーイングとか先回りしてセリフ
言うとかですが、スクールでは全くの無言君だった
んですよ。指示されてることはもちろん理解してるし
話せるはずなのに、他の子が大きかったせいか
それとも様子をじっと見ていたのか何もしゃべらず、
先生が日本語も話さない娘が何を要求しているのか
わからなかったみたいです。
夏休み明けに日本語が押し寄せてきてクラスが
総崩れになりそうだったころ、娘は一人英語を話し
続けていたそうです。それを徹底したおかげで
クラスの子がだんだん英語モードになってきました。
意思が強いとはこういうことだったんだとびっくりでした。

プリントは比較的ちゃんとやってくれました。
特に勉強が好きだったわけじゃないけど、プリントが
楽しいものだったからどんどんしたがるというか
お友達もどんどん進んでいたので、いいライバル
だったのかな・・・・?
いやがるものってありますね。うちはピアノの練習
でした。もうさっぱりだめ!あえなく挫折です。(笑)
成功してるものって少ないです。なかなか人間
そんなに何でもできるようにはならないもんですね。



コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。