オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2009-01-16 (Fri)
 今日、娘の学校で全校生徒による避難訓練が行われた。
 私たちの地域は阪神大震災の苦い経験があるので、今回は
 特に地震が起きた時にどうするかという訓練だった。

 「教頭先生が放送で地震の発生を
  お知らせするねん。
  でも実際にそんな暇ないと思うわ。
  担任の先生も、はい机の下に避難して
  とか言うし・・・・」


 「どんな放送やったん?」

 「え~、ただいま○○地区に
  地震が発生しました。
  マグネシウム7震度6の
  強い地震です。
  とか・・・・そんな感じやった。」


 ぷぷぷ(≧∇≦)人(≧∇≦)人(≧∇≦)
 マグネシウム?!!! 

 「それを言うならマグニチュードやって!」

 「え?マグネット?
 もう何って?マグロチュー?」


 「マ・グ・ニ・チュー・ド!」

 仕方ないので、ウィキぺディアで調べて娘に見せてやった。
 
 
 magnitudeは「大きさ・重要度」という英語(名詞)であり、とりわけ
 対数スケールを用いた数量の比較の術語として用いられる。
 天体の等級も英語でマグニチュードと言う。

 なるほど、星の何等星というのもこう言うのかと今更のように
 知った。(勉強不足ですいません汗;

 思いがけない間違いから、英語の勉強ができて得した気分だ。
 それにしてもウィキぺディアは便利だと思う。
 最初、こんな発想が出てきた時は、本当に正しいものができるの
 か懐疑的だった。自由に書き換えることができる参加型の百科
 事典なんて、どんな間違った情報が載るかわからないんじゃない
 かと心配したが、世間には博学な人が本当にたくさんいて、ちゃん
 と訂正されて限りなく正しい百科事典になっているからびっくりだ。

 情報をオープンにするということは、より多くの監視の目があると
 いうことで、書き加えられたり削除されたりしながら本来あるべき姿
 へと近づいていくのだろう。

 お金を出さないと得られない情報もあるかもしれないが、一部の
 人で独占する情報よりオープンにすることですべての人が恩恵を
 受ける方がやはりいい。

 私も微力ながらブログ上では知っている限りのことをオープンに
 していこうと思う。
 

 無料だからその程度の情報でいいのだには
 ならないように質の高いブログを目指したいと
 思うのだけれど・・・・・まだまだ修行が足りないと
 思うまめっちママに、もっと頑張れるように
 応援クリックよろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング


 

 

 
 
関連記事
* Category : 英語表現
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

* by ごま
こんにちは。
日本は地震多発しますよね~。
バージニアは全然ありません。
義母は生まれてから地震を感じたのは1度しかないそうで、地震があった時すぐに私に電話がかかってきました。
私の周りの大半の人は地震がおきたら机の下に隠れるとか知らないみたいですよ。

ウィキペディアは私もよくお世話になっています。
とっても便利ですよね^^

* by バニラ
うちの夫は、”年賀状”と”えんがちょ”という言葉が、絶対同じ発音に聴こえる!って主張します!!

私としては、三文字目の”が”の一文字にしか共通点が見出せません・・・・。
国語の先生としては、夫のような外国人には、この違い(意味からしてもまったく違うし!!)どのように説明したらいいと思いますか?
マグネシウムとマグニチュード・・・こっちは、カタカナの外来語、さらには頭二文字に共通点があるので間違えやすい気もするんだけど。

ウィキペディア、私もお世話になってまぁす。


ごま様へ * by まめっちママ
今日は大震災のあった日なので、テレビでも
新聞でもそのことが報道されています。
あの日を思い出すと今でも怖いですね。
娘はまだ生まれていなかったので、あの揺れを
体験することはなかったのが幸いです。
バージニアって地震ないんですね。
でもそういう地域だといざという時に
パニックかもしれないですね。
天災はいつくるかわからないから準備しておかないと
いけないです。うちも一応避難グッズは鞄につめて
置いてあります。

バニラ様へ * by まめっちママ
聞き違いはおもしろいですね。
年賀状とえんがちょ・・・・・似てると言えば似てるよ。
英語耳だとか日本語の音がどうだとかいうけれど
結局は単語を知っているかどうかで決まると思います。
知らないものを聞くと自分の聞いたことがある音に変換
されてそう聞こえるものだから・・・・
話の流れでネイティブは単語を推測できるからちゃんと
聞こえるってのが本当なんじゃないかと思います。
日本人ならどんな人でも話の中に出てくれば、
流れで年賀状と聞こえるはずですよ。

やっぱり語彙って大事だなと思います。

* by 土建屋さん
間違えた事を勉強し直すと余計に覚えいられるものですよね。
ですが、うちの娘はテレビの事をテビリって言うんですよ。
教え直しているのですが言わせると普通に言えるのですが日常ではテビリになってしまってます。


土建屋さんへ * by まめっちママ
おもしろいですね。
子供って何でかわかりませんが、よく反対に
言いますよね。
くせになってしまってどうしても間違える単語って
あります。ネイティブは親がそれを直してだんだん
子供も色々なところで正しい音を聞いて自然と
直っていくんだろうなと思います。
うちの娘なんて小学4年生なのにまだこんなおもしろい
間違いしますから、小さい子供さんなら尚更ですよね。
微笑ましい間違いでかわいいです。

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。