オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2008-11-20 (Thu)
 前回のコメント欄に少し書いたが、英語を今後進めていく上で、何
 を教材として進めていくかは、実は大きな悩みのひとつで、中学
 高校になると、たぶん学校の教科書をメインに文法や構文などを
 習い、予備校などで長文を読み込み、英作もやってなどとなって
 いくのが一般的だと思う。

 それはそれで大事なことで、これができないと受験は突破できな
 いし、大学入試で英語が思わぬところで足を引っ張る可能性も
 否定できない。話し言葉で思いこんでいた間違った文法の英語
 が、採点の時にバツになるなどということも珍しいことではない。

 日本語でも鳥肌が立つの意味を感動した時に使うようでは、国語
 の問題ではアウトだし、全然いいも普段使うけれど、実際に書く
 と確実に減点だろう。

 これと同じようなもので、入試は入試として勉強が必要なのは言う
 までもない。

 でも、今まで小さい頃からやってきた英語育児の延長としては、
 こんな勉強になっていくのは、もったいないし、できれば違う方法
 でもアプローチする2本立てができたらどんなにいいかと欲張った
 考えもちらつく。

 特に私がずっと考えていることの一つに、日本の社会科を英語で
 学びたいということがある。
 ネイティブの小学生が使うワークブックを現時点ではやっているが、
 本当は社会科の教科書を英訳したものが使いたいのだ。
 
 娘が幼稚園の頃に私がイマージョン教育の学校を見学したり、
 実際に半年だけ入園させたのも、実は、私の英語育児の基本に
 日本のカリキュラムをあくまでもベースにした上で英語を使える
 ように
との思いがあるからだった。
 
 向こうの教科書では、考え方も視点もすべてその国のもので
 特に歴史認識に至っては、まるで違う観点になるのが問題だと
 思っている。地球儀の描き方を見れば、どの国も自分の国を中心
 に描いているのがわかるように、自国の考え方が教科書に反映
 されているのだから、日本人の考え方や視点を外国の教科書で
 は学べないとやはり思う。もちろん日本の教科書が一番
 よいとか、偏狭なナショナリズムでこう言っているのではない。
 自国に都合のいいことしか教科書には載っていないのも事実で、
 そのあたりは、もっと改善されないといけない部分でもあるし、
 互いの国ですり合わせて、よりよい教科書作りがなされるべき
 だとは思っている。
 
 地理でアメリカの州の勉強をすることは決して悪いわけではない
 が、日本の都道府県の産物や伝統工芸品など、知っておかない
 といけない類のことは山ほどある。
 将来、海外で仕事をするにしても、日本の伝統が何もわからない
 状態では、恥をかくことは間違いない。

 そういうわけで、英語で理科や算数を学ぶイマージョンが流行っ
 ているが、社会科は日本の教科書を英訳して使うことが私的に
 は一番目的にあっているのだ。

 ところが高校の教科書の英語は、誰か外国人が書いた評論の
 ようなものを読まされるだけで、こういう生きた知識を英語で学ぶ
 目的には全くなっていないのが残念で仕方ないので、そこを補
 うためにそういう教材がほしいと思った。
 妥協点を見出したのが、前回の新聞社が出している英字新聞
 で、なんとか日本を中心に考えてそれを英語で学ぶことができる
 という私のニーズにマッチしているので、これを上手く活用でき
 たらいいなと考えている。

 伊達に色々な教材を試してきたわけではない。
 納得のいくものに巡り合わなかったから試行錯誤を続けてきた
 のだ。単に本を何冊もカリキュラムもなく読み込むことは、今の
 我が家には時間的に到底無理なので、効率よく、学びたいこと
 だけピンポイントで学べる、これがこの先我が家が追及していく
 勉強法になりそうな気がする。
 

 教材選びと先生選びが何よりも難しいと感じる
 管理人に共感していただけましたら、応援
 クリックよろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング
関連記事
* Category : 教材について
* Comment : (17) * Trackback : (0) |

* by うめ☆hiro
「これっという教材」をさがすのってむずかしいですよね
日本について 「英語」で学ぶために
いろいろなサイトがあるのではないでしょうか
http://web-japan.org/kidsweb/
英語版
アメリカのyahookidsで 検索すればあまり難しくない英語のサイトが見つかります
http://www.japan-guide.com/e/e2131.html
こちらは 大人用です
webで英文を読めば 辞書をひかなくとも知らない単語にポインタをあてると「意味」を表示してくれるので 書籍で英文を読むのと違って 未知単語が多少あっても 読めるので 難しい英文にトライするのに便利ではないでしょうか 



* by sa-chi21
おはようございます。
うちも、ベース教材選びが一番悩ましいです~。
いまはORTがあるから小学校1年生くらいまで
安泰ですが・・・・・。
まめっちゃんのレベルになるとそのレベルの人が
すくないから市場の原理でそこをターゲットとした
教材を開発なんてしてくれないですもんね。。
まめっちゃん&ママはパイオニアだから苦労も多い。
うちらはパイオニアさんたちののブログや書籍を見て
参考にできるけどまめっちママさんはその対象が
極端にすくないからまさしく暗中模索ですよね。

うちのいとこの兄ちゃんは難関私立高校にかよってましたが、あの学校にいけばだれでも英語しゃべれるようになるよ・・・と大学入学後は海外放浪よくしてました。

まめっちママちゃんの苦労も中学卒業くらいまでかな??中学だとまだ難関私立中学といえども、
まめっちゃんのレベルにはおいついてないかしら・・




* by rules
いつも記事を興味深く読ませていただいて、いろいろ参考にさせていただいています。
ありがとうございます。

社会科ですが、日本的な視野を求めるからには、日本語でガンガン知識を増やしていく、というのが手っ取り早い気がします。あらゆる立場からの意見、そしてツールが豊富だからです。
日本語でともかく社会のことを知ってしまって、あとから時事英語を経由して語彙を増やすというのはどうでしょうか?
特に社会科は何を言わんとするのかという概念の理解が進まないとどうにもならないと思うので、結局は適度な英語力を維持しつつ、社会の仕組みは一番適切だと思われる思想?(+それを語るにふさわしい言語)で植え付けるのが最終的には一番効率的かも?と思ったりもします。

現在、紆余曲折を経てカリフォルニアに住んでいますので、こちらでご指摘通りの社会科をやっておりますが、そういった中でも、ここにはこのように書いてあるけれども、日本の側の立場としては、このような解釈をされていることが多い。とかそういった言及を心がけています。物事は全て多面的であって、教科書や新聞、ニュースなどにあってさえもその著者の主観をぬぐいきれない。ということをまず教えました。

とにかく、いろんな”葉”を散りばめつつ、そしてそれをつなぐ幹(語彙力とか思考力?認知力?とでもいうのでしょうか)を育てつつ、最終的に、大人になるまでには大局的な構造が分かるようになってくれればいいな、と思っています。葉を散りばめる時点においては、どんな葉を散りばめるか(日本からの視点に立脚してとして、とか)が優先順位の上にあって、何語で散りばめるかはあまり重要でないような気がします。幹を通した後(自分なりの思想が完成した後)で、必要に駆られたときに、それは英語なり日本語なりで果実を実らせる思うからです。

我が家の場合は、おおむね18歳くらいを目途に家庭(親?)の荷担する英語や教育を含めた環境提供、というふうに考えているので、わりとゆっくりなのかもしれません。
エンドポイントを決めてみると、さかのぼって今、何をすべきなのかという点において、もっと明確さが増すかもしれません。

長々と失礼しました。

* by ゆかりん
日本の中で英語で「日本の社会科」を学ぶのはしんどいね。
これから歴史や公民分野など 学校でも塾でも習っていくと思うので、rulesさんのお書きのように先に知識をどんどん日本語でいれていくのが一つの方法よね。
わたしはママが心配というかいろいろ考えなくても、まめっちちゃんは興味がでて時期がきたら、自分でどんどん英語を伸ばしていくと思うよ♪
もし さらっと日本のことを英語で読んでみたいと言う事であれば 養老さん編集の
JAPAN―MINI ENCYCLOPEDIA OF JAPAN
がおススメ。

うめ☆hiro様へ * by まめっちママ
サイトの紹介ありがとうございます、
キッズウェブジャパンは、時々見ています。
なかなかいいサイトなので、もっと活用したいのですが、
塾の宿題とかも大変でなかなか見れません。
そうですね、いいサイトはいくらでもあるんですよね。
今はとりあえず、他の方もおっしゃっているように、
日本語でしっかり社会的なものは勉強していくのが
一番かなとは思います。
この分野は大人にならないと、理解しにくいところです
しね。

sa-chi21様へ * by まめっちママ
うちより上の先輩方の貴重な話はどんどん聞きたい
と思ってるんです。
実際そういう方もおられるし、いつもいいアドバイス
してくださるので、助かってます。でも、やはり数が
少ないですよね。
だから悩みながら色々考えて紆余曲折状態です。
大きな道はわかっているんです。
何をしたらいいのかもね。ただ、欲張って肉づけしたく
なるのが人間ってもんで、ちょっとでも受験と関連
付けて何かできないかなとか、余計なことも考えて
しまいます。地理も歴史もようやく少しわかってきた
娘なので、いつかの時のために英語も入れておく
かみたいな、そんな感じですね。

rules様へ * by まめっちママ
おっしゃる通りです。
本当は日本語の知識をガンガン入れることが一番
早いと、私も思います。なので歴史漫画やニュース
などをわかりやすく解説しているのを日本語で読んで
ます。塾でも色々習ってくるので、前なら伝統工芸品
って何?の世界だったのが、今では南部鉄器とか
そんなこともわかったりして、年齢が上がれば自然と
わかることは、それを固めて後から英語の時事
用語として入力するのがたぶん本当は一番いいんだろ
うなあと思います。
まあせっかくなので、英語で読めるものなら読んで
英語の表現方法を知るのも一石二鳥かな?と
余計なことを考えてしまうんですけどね。(笑)

皆さんのおっしゃることはとても納得できます。
私自身もそれが一番の近道だと頭では理解してるので、
言ってみれば、欲張ってるだけなんです。
いずれ時間があってできそうなら、プラスアルファで
そういうことができたらいいなあという夢ですよね。

地に足つけてまずは基礎知識の習得から頑張って
みます。ありがとうございました。

ゆかりん様へ * by まめっちママ
自分で興味を持ってどんどん進んでいくといいけど
ね、うちは英語で読むかどうかはわからないなあ。
歴史は物語があるので、なんか興味あるみたいだけど、
地理ってね・・・・・どうも山やら川やらあまりにもたくさん
出てきてさ、だから何よみたいになってしまうことも
あるし、日本語での知識がないと進めないのは、よく
わかってるんだけど、おもしろく読ませてやりたいって
思うから、雑誌のコラムみたいに軽く読めたらいいかも
とか、色々考えちゃうんですよね。
まあ時が来れば何とかなるだろうけど、英語も
ほらこんなに簡単に説明してあっておもしろいよ
みたいに上手くのせてやってくれないかなと密かに
考えたりもしてます。
まだまだ曲がりながら進みそうです。
また相談にのってね。頼りにしてます。

* by ゆかりん
あはは 地理の相談やったら無理ですから~
こっちが聞きたいぐらいです。 汗
ちなみに中学生になってから子供の世界が広がって 読みたいジャンル・聞きたいジャンルなど、息子本意になってきました。だから今は7対3ぐらいで日本の本その他が勝っています。まぁでもそれはそれで良しとしています。
まったく子供は親の思うようには育ってくれましぇん 泣

* by うっかりpapa
こんにちは。「受験勉強に振り回されて英語力を落としたくないし、できれば英語で勉強させて英語力もアップさせたい。」ということですよね。よくわかります。

うちの子供を見ていても、興味の無いものは日本語でも読まないし、興味があれば英語でも読みますので、結局は興味があって勉強する内容か、興味は無いけれど受験のために仕方なく勉強する内容かという違いが一番大きいように思います。

興味がなければ負担になりますので、教材選びに加えて、いかに本人に知りたい・理解したいという熱意を持たせるかが親の力の入れどころですよね。

私も以前、子供たちに英字新聞を読ませてみようと思い、週間STやAsahi Weeklyを試読したことがあるのですが、娘に「これ読んでみる?」と聞いたところ、「いやだ。」とあっさり断られ、購読は見送りました。

今は時々家族で身近なニュースの話などをしながら、あせらずゆっくり子供たちに興味を持たせる努力をしているところです。

ゆかりん様へ * by まめっちママ
本当にそうよね。子供は親の思うようには育たないね。
でも、育てたように育つっていうから、やっぱりこれが
本当の姿なんだろうな。
だとしたらうちの変な娘は親が変なのか?(笑)

地理・・・・娘はきらいみたいです。
ややこしいし、半島と岬って何よみたいな・・・・
どう違うのかわからんと切れます。(笑)

で、読んでるのはあいかわらず「パスワードシリーズ」
英語はドラマばかり見てるなあ。
後は映画かな・・・・





うっかりpapa様へ * by まめっちママ
親がこれいいんだけどなあと思っても、子供が
まだその時期じゃないってことありますね。
以前は伝記も勧めても読まなかったんですが、ある時
本屋で立ち読みして、それからアインシュタインが好きに
なって、その後はまって聖徳太子命というぐらい好きに
なったので、そんなこともあるんですよね。
本のイメージで美化されて素晴らしい人物だと娘の
頭に刷り込まれたようです。
こういう当たりの本に巡り合えるかどうか、これがポイント
かもしれませんね。

はじめまして! * by Rumichi
まめっちさん、はじめまして!そしてサイトへの訪問をありがとうございます。
実は、サイトを作る前にまめっちさんのブログを読んでいたので、すごく嬉しかったです♪

まだまだバイリンガル育児は始まったばかりの初心者なので、どうぞよろしくおねがいします!

それと勝手ながらリンクを貼らせていただきました!

管理人のみ閲覧できます * by -

* by ごま
こんにちは。
今回記事を読んで大きく大きくうなずきました。
英語で日本のことを正しく詳しく書いてくれたら助かりますよね。
まめっちママさん達の場合ってどうしても時間の使い方がネックじゃなぁい?
学校行って、塾行って、学校と塾の宿題して、そして少しテレビ見て、息抜きの時間も入れつつご飯食べて、お風呂はいって睡眠。
やることいっぱいすぎて全てを思うようにこなしていく時間なんてないですよね。
だからこそ、どうしても一石二鳥の教材が欲しい。

アメリカの地理を学ぶことは悪くない。でも日本の地理の方が先よねってのもわかります。
バランスってなかなか難しいものですね。
でもいつも上手にこなしてらっしゃるなと感心しています。
その頑張りがかならず力になり大きな花を咲かせることとなると思います^^
いっぱい悩みながら前進していく姿にいつも刺激受けてます、まめっちママさん^^

週末ですね。
しかも日本は3連休!
どうぞ楽しい週末お過ごしください。

Rumichi様へ * by まめっちママ
コメントありがとうございます。
リンク大歓迎です。
なんだかおもしろそうなタイトルのブログを始められ
たんですね。とても興味がわきます。
スピリチュアルというところも私の感性にあってそうです。
これからもよろしくお願いします。


ごま様へ * by まめっちママ
一石二鳥にしたい気持ちわかります?
ごまさんも時間ものすごく足りないでしょ?
うちも小学校から帰ってきて塾とか何もなければ、
暇だと思うの。適当に公園で遊んで、おやつ食べて
流行ってるテレビ見て、早めにご飯食べて宿題と
ちょっと家庭学習さらっとすませて・・・・
時間に余裕あるかなと思うのよ。
あいてる時間に英語読んだりもできるし、でもさ
中学受験って本当に信じられないほど勉強があるの。
塾行かずにそれを成し遂げたすごい人もいるけど、
それでもね、やった勉強の量は塾生と変わらないほど
やっぱり問題集とか何冊もやりこなして、すごい精神力
で頑張った人なんです。
決して楽してできたことじゃないの。
ここでこれだけ頑張れるのなら、この先苦しいことから
も逃げずに頑張れるんじゃないかと思います。
燃え尽きないように息抜きながら、それでいて
何倍も人より努力する・・・・そのためには時間を効率
よく使いたいってどうしても思ってしまう。
一石二鳥どころか三鳥ぐらいにしたい気分です。(笑)
まあうちは、まだそれでも要領がいい方なので、適当
に工作もするし、編み物みたいな時間のかかることも
やってるし、指輪作ったりホットケーキ勝手に焼いたり
して、息ぬきすぎぐらいに気楽です。人がみたら不謹慎
極まりないけど、本読みながら算数やってたり
英語のテレビみながら、学校の宿題やってるし・・・
器用なやつやなあと思いながら、そうでもしないと
英語なんていつでも吹き飛びそうです。
優先順位がきわめて低いので・・・・
そんなわけで、地理勉強しながら、英語で同じこと
できたら、いいなあとつい考えてしまいます。
ママが楽したいだけなんだろうな(笑)

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。