オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2008-10-10 (Fri)
 英語育児にはお金がかかるというのが、私の友人たちの共通の
 悩みなのだが、そもそも英会話教室は月謝が高いし、マンツー
 マンになると、それこそ1時間5000円から6000円という高額で、
 それでいてなかなか良い先生に巡り合わないので、どうも分が
 悪すぎる。我が家もマンツーマンはあまりに高いので、月に2回
 だけ隔週でレッスンしている状態で、昔と比べると最近は本当に
 英語にお金をかけなくなったと思う。
 (無計画な私にしては上出来やな。自画自賛orz
 
 webレッスンもやめたし、洋書はほとんど購入していないので、
 今はテレビからの英語ドラマ音声と時々単発的に買う洋画の
 DVDぐらいで、あとは気に入った本がたまたまあれば、予算と
 相談して3000円ぐらいまでなら買うぐらいになったので、お金
 はかなり節約できるようになった。

 そんな我が家で活躍している紙物といえば、実は洋書ではなく
 辞典だ。私が絵辞典と英英辞典を色々読み比べるのが好きな
 ので、うちには辞典類がけっこうある。
 絵辞典も色々レベル別にあって幼稚園ぐらいまではアルクの
 絵辞典を好んで見ていたが、その後はDKの英英辞典に移り
 その他にTHOMSONやIBCパブリッシングのものを使っている。

 アルクの絵辞典はおなじみの幼児向けでイラストと単語が書かれ
 ていてCDもついているので、発音もばっちりわかるが、単調で
 あることが少々難点かもしれない。カテゴリー別に分けられている
 ので、まとめて覚えたい時は便利だ。
 今日は野菜シリーズとか動物シリーズとかそういう感じで子供と
 楽しく指差しながら見るのには丁度いい感じだと思う。
  ↓ ↓ ↓
 

 英語育児が進展して来るとこれでは物足りなくなってくるので、
 今度はもう少し詳しい説明が入ったものがよくなるが、この中間
 的なものは意外に少ないような気がする。

 スカラの英英辞典になると、いきなり難しくなりすぎで、しかもあの
 分厚さに本棚の飾りとなる可能性もあるので、あれは正直、大人
 のやり直し英語に使う方がいいような気もする。
 うちにもあるが、よく使うものはこれではなく、他でどうしても載って
 いなかったものを調べなおす時に使うことが多い。

 我が家でよく使っているのはどちらかというともう少し易しいもの
 で、DKの「Children's Illustrated Dictionary」の方だ。
   ↓ ↓ ↓
 
 これは単語数は少ないし、娘が知らない単語はそう多くないのだ
 が、英語の説明がわかりやすく、スピーキングの練習として活用
 している。
 とても簡単な単語で日本語で言ってしまうと一言で終わるものを
 英語で説明すると、センテンスを同時に覚えることができ、しかも
 人に説明して何のことかをわかってもらえるような説明にしないと
 いけないので、一生懸命話そうと努力するので、それがスピーキ
 ングの練習になる。

 たとえば、「camel」はラクダとすぐにわかるけれど、これをクイズの
 ように英語の説明で何について言っているのか相手にわかるよう
 に説明してごらんと言うだけで、随分難易度が上がる。

 こんな風に

 a mammal with one or two humps on its back,
 which lives in hot deserts.
 
 (熱い砂漠に生息している背中に一つまたは
  二つのこぶがある哺乳類)

 小さい子なら茶色で大きくてこぶがあってのような感じになると
 思うが、もし親が上手く説明を聞くことができない時は、辞典
 に載っている通りの説明を子どもに読んでやることも可能だし
 自力で説明できる子供は、自分で説明を音読することで表現力を
 鍛えることもできる。
 そういうわけで、うちではこのやり方が結構重宝している。

 文法の間違いを直すことはできないが、娘の言わんとしているこ
 とは理解できるので、最初に娘の説明を聞き、後で辞典の
 説明を読んでやり、こういう風に言った方がわかりやすいよと
 軽くアドバイスする。
 これで大抵は乗り切れるので、話す練習はこういう形でもできる
 と思う。webレッスンで週末に何したと聞かれるよりは、こちらの
 方が英語表現力をアップできるのではないかと思っている。

 そういうわけで、この本はいつまでも使えるなあという印象で
 一冊丸ごときれいに説明できるほど読み込めば、それだけで
 とても英語力があがるような気がする。
 
 もちろんこれは日常の会話レベルで、専門性はまだ低いが、
 子供のうちはこういう練習の積み重ねで十分力がつくのでは
 ないだろうか。



 PS  次は発話をもっとスムーズにするステップとして使える
     絵辞典について書く予定。

 
  難しい単語がわかるのに時々超簡単な単語を
  忘れ、フラミンゴとダチョウを混同する娘の脳が
  見たいと思うまめっちママに応援クリックよろしく
  お願いします。
   ↓ ↓ ↓
  親子英語ブログランキング

  人気blogランキングへ

  ナレコム ブログランキング


 
 
関連記事
* Category : おすすめ英語教材
* Comment : (7) * Trackback : (0) |

* by ぴかじゅり
さっすが~ここまでの利用法をしてくれたら辞書も辞書冥利につきると思います。このDK出版の書籍はとてもいいものがそろっていますよね。
ノーベル賞の南部さんも辞書を丸ごと暗記なさっていたようですよね。
使い方によってさらに活用できるのだなと改めて思いました。ありがとうございます。

* by sa-chi21
この辞書よさそうですね。
辞書は読み物ですもんね^^

これはこどもに限らずわたしも楽しめそう。
いまわが家は、まだORTの300Wordsのピクチャーディクショナリーですが、このたった300wordsがおわったら次は何にしたらいいか・・・そのうち探さないといけないなと思っていたのです。

いまも、●●って英語でなんていうの??
で結構ヤラれてます(TT)
この前は魚名前シリーズでした。
中には日本名もわからんよ!!ってのも・・。
ハハ撃沈↓↓








ぴかじゅり様へ * by まめっちママ
辞書の丸暗記は古典的な方法だけど、実は
すごく効果がありますよね。
これこそお金をかけない昔の人の究極の勉強
方法なんじゃないかとも思います。
うちはそこまでやってないけれど、辞典は眺めても
楽しいし、使いこなせばすごいツールなんじゃないか
と思っています。
後は実行できるかどうかですよね。
ここが一番難しい・・・・

sa-chi21様へ * by まめっちママ
絵辞典も色々あるから選ぶのに迷うよね。
小さい子供向けは絵が多くて物の名前系が中心に
なるだろうけど、その後は中途半端でいいものって
なかなかないみたいで・・・
電子辞書も子供にはまだ使いにくいし、英英辞典
は、英語力がかなりいるしね。
それも中途半端な英語力だと英語でわかったつもり
が、あんまりはっきり理解していなかったになって
間違えたままで曖昧英語が定着する恐れもあるし・・・
たくさん見聞きするうちに直るという考え方もあるけど
よほどたくさん時間をかけないと、間違いの自然修正
は日本だけにいてしかも親の英語力が低いと直りに
くいと思うの。効率も悪いしね。
なので次はバイリンガルバージョンの絵辞典を
取り上げるつもりです。

管理人のみ閲覧できます * by -

* by ぴかじゅり
「中途半端な英語力だと英語でわかったつもり
が、あんまりはっきり理解していなかったになって
間違えたままで曖昧英語が定着する恐れもあるし・」

本当にそうですね。ぴかの力は中途半端な英語力であると思うので恐ろしいことだわ。また基礎からやり直してみます。

ぴかじゅり様へ * by まめっちママ
ぴかちゃんはすごく努力家だから、うちよりずっと
しっかり英語が入ってるんじゃないかな。
うちは本当に耳から入れた英語なので、もっと
きちんと文字からも学ばばいといけないんですよ。
だから辞書の暗記は今後やっていきたいなあと
思ってます。
何でもCD頼みは今後通用しないので、これからは
見て覚えることもやっていかないとね。

なかなか子供の性格があるので、全部パーフェクト
には難しいですね。

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。