オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2008-09-26 (Fri)
 英語のできるママ達からみれば、そんなことと思うことかもしれな
 いが、英単語には一つではなくいくつか意味がある。
 これが結構くせもので、私にはそんな意味知らんよというものが
 実はかなりたくさんある。
 受験では、よく出るメジャーなものだけを覚えて、熟語もセット
 で必ず出るものだけを単語集や熟語集で覚えたものだった。

 こういう勉強法しか昔はなかったので、英語が話せない人が
 たくさん出てきたのは受験の弊害と言えるかもしれない。

 でも、本当は受験英語はとても役立つもので、車輪の片方の
 重要なポジションを占めているはずなのに、もう片方の実際に
 話したり使ったりする時の表現や発音が全く今まで勉強されて
 こなかったので、上手く機能しなかったのだとも思う。

 私もその例外ではなく、子供と英語のビデオやDVDを見て簡単
 な日常表現から学び直したので、ようやく少し話していることが
 わかるようになってきた。
 今までは何を言ってるのかさっぱりわからず、細かい表現どころ
 か、大きな意味すら理解できず、英語の番組を楽しむなど到底
 できなかった。
 
 それができるようになってきただけでも進歩したとは思うが、
 そうなると今度は、今まで当たり前のように一つの意味しか知ら
 なかった単語に、別の使い方があることや、初めてその使い方
 知ったよというような、ものすごくレベルは低いのだけれど、新た
 な発見がでてきた。

 英語は簡単な単語でかなりのことが言えるのは、理屈では知っ
 ているが、辞書の4番目ぐらいに出てくる意味などは、そんなの
 あったっけ?という低い認識で、今回も「trip」という誰でも知って
 いる単語だと思うが、私は馬鹿の一つ覚えで旅行という意味で
 しか使ったことはなく、娘から「つまずく」という意味もあると教え
 られ、辞書で確認するという情けなさだった。

 go on a trip と前置詞までちゃんと覚えている受験英語と違って
 娘の知っている英語は、生の会話の中から学んだ表現なので、
 細かい前置詞は間違えていることも多いが、私より何倍も色々
 な使い方を知っている。本当に私と娘が二人で一人だったら、
 さぞかし英語力もすごくなっただろうと思われるほど、二人の
 英語へのアプローチ法は違っている。

 どちらが欠けても、求めるような高度な英語力にはならないので、
 補い合いながらいっしょに伸びていけたら最高だなと感じた。

 こういうのが親子英語なのかなと勝手に解釈している。
 
 他にも私の英語力があまりにも低いのかもしれないが、
 「recess」という単語も休憩時間という意味で娘は当たり前に
 使えるのに、私はアホ丸出しの「リセット?」とか聞き直して
 娘に思いきり「リセットしてどうすんのよ!私は数字ちゃうで」
 と言われるし・・・・

 こういう日々の娘にとっては当たり前に聞く言葉が、私の中で
 の認識度は極めて低く、そのギャップもおもしろいと感じる。

 我が家での親子英語は、こんな風に、会話中心ではなく相手
 の知らない分野を補い合う車輪みたいな関係でたぶんこの先も
 細く長く続いていくのだろう。

 でももしかしたらすでに車輪の片方であるはずの私の受験英語
 でさえ、娘は抜いてしまっているかもしれない・・・・・・
 (ますます親の立場がなくなる・・・・・・ガビーン
 
 
 英語での立場を急速に失いつつある
 崖っぷちの状態にもかかわらず、年の功で
 まだなんとかなると思っている管理人に
 励ましの一票できたらポチ×3(年齢の分厚かましさも増す) 
 よろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング
関連記事
* Category : 英語表現
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。