オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2008-07-18 (Fri)
 今日は終業式だった。ブルーのきらきら 
 通知表やら宿題やらにまぎれて、汚い上靴やぞうきんもいっしょに
 学校から持って帰ってきた。

 リコーダーの手入をし、雑巾を洗ってきれいにし、お道具箱の中身の
 チェックやら習字の道具や絵具箱の点検など、しておかないといけな
 いことがたくさんある。

 やっと片付いて通知表を眺めてみた。

 最近の成績の付け方は点数が何点だからたいへんよくできるという
 ように数字至上主義ではなく、積極的に手を挙げたとか、よく答えた
 とかそういう部分に非常に重きを置いている。
 グループの団結力とかそういうことも大きなポイントであるように思う。

 こういう評価の仕方はある意味、学校ならではの部分だと思う。
 社会に出てしまうと、営業成績がどうだとか、もろに数字がその人
 の評価を決めてしまうので、今だけは別の部分に光をあてて評価
 しようというのも心情的にはよくわかる。

 ただ、良い先生にあたれば、適切にその子の良い部分を見てもら
 えるが、時として非常に理不尽な評価もあるのが、この手の心情点
 の欠点だとも言える。

 幸いに娘の先生はほぼ私が見ている娘の生の姿と同じ評価を
 娘につけてくれた。成績は決してびっくりするようなよいものでは
 ないが、私がここはすぐれていると思うところをちゃんと見ていて
 くれたようだ。

 国語と算数と図工が特に評価が高かったのだが、彼女の書く作文
 や俳句、詩は私も大好きだし、図工に至っては時々うっとなるような
 前衛芸術っぽいものもあるが、彼女の個性があますところなく発揮
 されていて、絵のうまさは親の私も認めるところなので、その部分の
 評価が高かったのは素直にうれしかった。

 図工は専科の先生がいらっしゃるので、センスをほめられることも
 多く、私が娘に求めていた芸術的な感性の部分が認められるのは
 勉強ができると言われるよりうれしかった。

 娘は学校でテストがあることすら気付かず、家で勉強をしていった
 ことがない超天然ボケなので、まあ漢字テストで100点などは、奇跡
 が起きないとありえないほど見たことがない。汗;
 たまに100点があったりすると、あまりのめずらしさに名前を確認する
 ぐらいだ。(どんな親やねん!)
 その名前すら4回も書かずに出して、0点を更新したのは何を隠そう
 わが娘なのだから。(そんなやつおらんやろ)
 さらに親の私も、最近の学校はゆとり教育のせいでテストもないんだ
 と素直にそう思っていたという親子でナイスボケをやってどうするとい
 う感じなのだが、いつも抜き打ちばかりで、(ありえない汗;
 テスト範囲は知らんという娘なので、当然覚えていないとできない暗記
 の部分は限りなく怪しくて、点数が驚くほどの低空飛行することもある。

 そういう部分の評価が低いのは当たり前で、私もアホな娘にいい薬
 になると思っているのだが、その割には先生よく評価してくれたなあ
 と感謝してもいいぐらいだった。

 とにもかくにも娘の1学期は終わった。
 明日からは学校の宿題と塾の夏期講習の宿題に忙しくなりそうだ。
 読書感想文という子供にとって最大の課題もある。
 自由に読む分にはいいのだが、感想文を書けと言われると、途端に
 いやになった経験は少なからず皆さんあるのではないだろうか。

 ところがこの推薦図書というのが、最近は恐ろしく薄っぺらくて字が
 やたら大きく、絵ばかりの絵本のようなものになっている。
 今年の推薦図書の中にちびまるこちゃんがあったのはびっくりしたが、
 とっつきにくそうな本は敬遠されてしまうのだろう。

 逆にどうやってこれで感想を書くのだろう?と悩むようなものもある。
 こういう時こそ、日頃読まない難しめの物にチャレンジしてほしいと
 思うのだが、国語力の低下は年々進行しているようだ。

 さて娘はどれを選んで書くだろう?
 親がこれと決めてしまわず、自分で感想を書くのにふさわしいと思う
 ものを選んでくれればいいが・・・・

 

 漢字テストの100点が額に入れて飾るほど珍しい
 という娘に応援励ましの一票を入れてやってください。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング

 
 
 
関連記事
* Category : その他
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

* by ごま
1学期が無事終了したようですね^^
お疲れ様でした。
成績もよかったようでなによりです。
漢字は私も苦手でした。
読めるけどかけないことがしょっちゅうだったなぁ。

これから楽しい夏休みですね。
親子でたくさんの楽しい時間をすごすことと思います。
塾通いで大変な部分もあると思いますが、いつもの元気なお話聞けるの楽しみにしています。

ごま様へ * by まめっちママ
夏休みはオルゴール作りやパン作り
などをしようと計画してます。
陶芸もいいなあと思ってますが、蛍を見たり
自然に触れて遊ぶことも大切にして、息抜きを
うまくやりながら、勉強もしっかりやって悔いが
残らないようにしようと思います。
漢字の復習も忘れずに頑張らなきゃ(笑)

* by ルーシー
ウチは親が個別懇談を兼ねてもらいに行かねばならんのです。
毎回、同じ事言われます。
妹について
『とても意欲的で頑張り屋さんです。
これは成績よりも大事なことです。』
兄について
『成績はずば抜けています。
しかし、宿題は未提出、忘れ物も多く、やる気が伺えません。
成績よりも大事なことがおろそかになっています。』
どうにかしてぇ~~~。
ウチは兄ちゃんに以前から欲しがってたシャーペン買ってやったんですけどね。
そしたら試し書きと言って、漢字を練習したんです、彼。
そんな不純な動機で頑張ってしまったので、
今回は奇跡的に98点でした!

ルーシー様へ * by まめっちママ
うちもきっと愛想悪いし、遅刻するし、忘れもの
するので、そういうところがルーズすぎてマイナス
になってるんだろうなと思います。
でも、きっちりできない性格で、困ったもんです。

漢字テストは10回に1回ぐらいは100点があるかも
しれないというレベルで、本当にそういう答案が出て
くるだけで、本当に100点?と確認してしまう
ぐらいめずらし~いことなんです。
ああこれを克服せんとどうにもなりませんね。

* by バニラ
我が家は、通知表の評価をほとんど無視します。
学校の成績とかテストの結果が良くても、ほら、うちのは奇行が激しいでしょ。
難問は簡単に解くくせに、左右を取り違えて「右って、左だったんだ!忘れてたぁ。エヘヘv-353」とか平気で言ふ・・・。
ふつー、中学生で左と右、うっかり間違えることがあっても、忘れないし!!
せっかく学校辞めて、通知表とはさよなら~v-410っと思っていたのに、今日は、劇団の成績表が・・・・歌、演劇、ダンスと3つの部門で評価されます。演劇、ダンスは、良かったんですが、歌は、イマイチでしたっ!
なんか全部が非の打ち所のない子供より、どっか「お間抜け」なほうが、子供らしくて可愛いと思ってしまう親ばかです。

まめっちまま、パン作りえらいな。
お料理上手なママが多い中、数少ないお惣菜ばんざい!仲間でしたのにぃ~。
ルーシー先生のところでも弟子入りするんですか??
私は、まだまだお惣菜ばんざい、出来合いばんざいでがんばります。

陶芸、癒されそうですね。
うちは、夏休み、トランポリン、テニス、念願のカンフーとスポーツ三昧で過ごす予定です。

バニラ様へ * by まめっちママ
完璧より少し間抜けな方が確かにかわいいかもしれないですね。でも、うちはちょっとどころか大きく抜けてるからね~…テストに名前ぐらい書いてくれよって思う。

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。