オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2008-07-09 (Wed)
 娘の学校でもいよいよローマ字の授業が始まった。
 小学生でローマ字を習う前までに絶対に先にフォニックスを習得
 しておかないと、日本人英語が染み付いてしまうので、読みだけは
 4年生までにマスターしておいた方がいいと私は常々思っていた。

 現に娘は自分の名前もローマ字と本当の綴りが違うので、かなり
 困惑しているし、本当の英語を書きたいのに、変なローマ字綴り
 で名前を教科書に書いているのを見ると、とても違和感がある。
 せめてヘボン式にしてくれたら、わかりやすいのに、教科書には
 2種類の綴り方が載っていて、ヘボン式は後の方で少し出てくる
 だけのようだ。なんだかややこしい教え方だなと思う。

 他のページもちらっと見てみたが、Kyabetu(キャベツ)なんて書か
 れていると、発音までおかしくなってきそうだ。

 英語はcabbageで、アクセントも一番前にあるのにローマ字を習った
 せいで、キャみたいにつられてしまうので、とっても変な感覚
 らしい。

 特に英語が日常的に日本語として定着しているものに関しては
 余計に発音が混乱してきそうだ。

 テレビやラジオ、トマトなどもそうで、トマ~トなんて発音してしまう子
 もきっといるに違いない。

 小学生になって英語で困ることは特になかったが、ローマ字はちょっと
 やっかいなものかもしれない。
 
 気を取り直して英会話スクールで学んだ新単語の復習でもしよう。
 新しく覚えた単語の一つで

 acquaintance(知りあい)

 ずいぶん私には難しい単語に思えるが、
 Someone you have met
 but do not know very well.


 と書かれていた。なるほど、とてもよくわかる説明だと思った。
 娘は「strangerの反対語やん」と言っていたので、ちゃんとわかって
 いるようだ。少しずつだが、語彙も確実に増えているようで、年齢
 相応の語彙力が亀の歩みでもついていけばそれでよしとしよう。
 
 
 亀どころかナメクジかカタツムリの歩み
 でしか英語が頭に入らない情けないママを
 励ます心優しいあたたか~い方
 一票入れてやってください。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング

 
関連記事
* Category : その他
* Comment : (8) * Trackback : (0) |

* by ごま
こんにちは。
ローマ字、英語が出来る子にはきついんですね~。
それは思いつきもしませんでした。
私は学校でローマ字が入った時楽しくて楽しくて仕方がなかっただけに、驚きました。

ブログのテンプレ変えてずいぶん涼しげですね^^
夏らしくていい!!
私も新しいものに変えたくなってきました。

ごま様へ * by まめっちママ
そうなんですよ。ローマ字意外にやっかい
みたいです。発音まで変になりそうで、正直
早くさっと終わってほしいなあと思います。
テンプレはよく変えます。なんかすぐに飽きてくる
んですよね。でも、なかなかきちんとレイアウトが
上手くいくものが少なく、文字が小さすぎとか、
幅が足りないとか、カスタマイズすると崩れるとか
色々私の技術不足のところもあって、これだと思う
のに巡り合うのは結構難しいんです。
このテンプレはほとんど修正しなくて済んだので、
気に入ってます。少しだけ文字を大きくしてアクセス
解析を埋め込んで表示の順番を変えられるように
少しいじってます。

訓令式? * by めれんげ
お久しぶりです。

パスポートの名前も今はヘボン式に統一なのに、今は訓令式がメインで教えられるのですか?それは、ちょっと混乱しすぎますよね。私が古の昔に習ったのは、ヘボン式だった気がします。これもゆとり教育の影響なのかしら?ヘボン式だと、3文字使う音とかあって、難しいとかって理論なんでしょうか。

アルファベットだからって英語!と思ってしまうのが、引っかかるポイントですよね。でも、ローマ字読みすると、むしろイタリア語の発音なわけで。『ローマ』字ですから(笑)。実際、旅行に行くと、イタリア語ってローマ字教育のおかげでかなり容易に読めて、イタリア人に『うまいっ!』って喝采受けることあったりして。意味わからないけど、書いてあることを言うだけならオッケー。だから料理の注文は完璧!(笑)

めれんげ様へ * by まめっちママ
訓令式っていうんですね。名前はちょっと忘れて
ましたが、どうもそっちを習っているようです。
たとえばzya(じゃ) zyu (じゅ)みたいに書く
らしいのですが、娘はJa Juと書きたいわけです。
慣れればどうってことないかもしれないですが、
なまじ英語を知っていると、???となることが
多いようです。初めて習う子はむしろ楽しいかも
しれないです。
イタリア語は読むだけならそうなんですね。
なるほど!わからなくても料理は注文できる
んですね。おもしろいです。

* by ルーシー
コレ、混乱しますよね。
ウチは苗字にshiが入るんだけど、
息子はshiと書いてバツつけられ、憤慨してました。
siが正解になるんですって。
せめてヘボン式にしてくれると・・・ねぇ。
そもそも、国語の時間をこんなモンに割く意義が見い出せない。
太宰治でも読ませてくれって感じだsi~。

ルーシー様へ * by まめっちママ
やっぱりそうなんだ。
ヘボン式に統一したらいいのにね。
もうこんなことばかり学校でやってるから、国語力
が低下するし、この上に変な英語が正規授業になったら
もういいよって思います。
うちの娘が卒業するまでは、授業に入ってこないみたい
ですが、うちの学校は1年から英語遊びはやってる
ので、この先どうなるのかな・・・・

はじめまして * by Aides
はじめまして。
いつも参考にさせていただいています。
私は、ローマ字を小学校で教える事には確かに短所もありますが長所もあると思っています

多くの子にとって、日本語を子音と母音に分けて書く方法を学ぶ最初の段階になりますよね。英語のアルファベットを使って表記する日本語として、明快な仕組みのローマ字は優れていると思います。

コメントの方でもお話あった、「し」ですが、実際はshiでもsiでも、日本語の「し」の音にはなりません。どう書けばより日本語に近くなるか、という話なら、「あいうえお」から見直す必要が出てきて、大改革が必要です。

英語を実際に運用していけば、英語規則に乗っ取らない名前に出くわしたりしますし、また英語ではない外国語を学ぶ時に役立つ可能性もあります。

こういう見方もあるという事で(^-^)
横やり、失礼しました!

Aids様へ * by まめっちママ
コメントありがとうございます。
親の時代には、ローマ字がごく普通の日本語
表記で、外国の方にもわかるように表現する方法
として最適な書き方だったと思います。
なので必要なことではあるけれど、学校特有の
こうでないとバツみたいな授業になるのは、困るなあ
と思います。正しい綴りをかいたつもりが規格外だ
とバツをつけられてしまうのは、英語と相容れない
ことになって子供も困惑するかもとちょっと心配
なんですよね。日本語を書き表わすのに、ローマ字が
最適であるということは疑いようのないことなんで
すが、これだけたくさんの子供が英語を学ぶように
なってきている現状を考えると、柔軟な教え方で
あってほしいと願います。

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。