オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2008-06-18 (Wed)
 前回の接続詞問題は、あえてどちらかというと悪問と呼ばれるものに
 してみた。

 日本語では、この手の感覚を問う問題がたまに出題される。
 よい問題の時は、なぜそうなるのかという解説を読めば、なるほど
 自分の思慮が浅かったのだと納得もいくのだが、今回の問題のよう
 に、実はどれを入れても基本的には間違いではないと思われる問題
 が出題された時、外れて自分の国語力に自信がなくなってしまう人が
 多いのではないかと前から不安に思っていた。
 
 実際、この問題でどれを入れてもいいんじゃないのかと思われた方は
 非常に多かったと推測される。
 それでもあえて選ぶとするならたぶんこうだろうなあという消極的な
 選択をせざるを得なかったのではないだろうか。

 では、問題をもう一度見てみよう。

 次の(  )の中に①だから ②そして ③すると のどれかが入る。
 適当なものを選べ。



  ★祭りが終わった。
  (   )誰もいなくなった。
 
 ★雨がやんだ。
  (   )まってましたとばかりに
  鳥が鳴き始めた。


 結論から言うと、消極的な選択で最初の問題が②そして
 次の問題が③すると が入る。

 この問題の何が一番いけないのかというと、選択肢がすべて順接系
 で、論理の展開から逆接なのか、添加なのか、並列なのかそういう
 ことを問う問題になっていないので、本来の接続詞の使い方を勉強
 する目的から大きくはずれているという点だ。


 特に最初の問題では、祭りが終わったのだから、人がいなくなった
 んでしょ?という子供の素朴な疑問に明確な答えを与えられないし、
 また、私は最初に見たとき、アガサクリスティーの「そして誰もいなく
 なった」が浮かんだので、他にも同じ指摘をされた方もおられて、皆
 この問題は答えをそもそも一つにできないということを感じたのでは
 と思う。

 それでもあえて言うなら、祭りが終わったことと誰もいなくなったこと
 には特別な必然的な因果関係がないという苦しい説明をつけて
 無理矢理でも①は省くことができるかもしれない。
 もしかしたら、余韻を楽しんで帰らない人もいるかもしれないなどと
 理屈をつければ、明確な因果関係はないと言えなくもない・・?
 (私はかなり無理な解釈だと思っている)

 仮に百歩譲ってそうだとしても、「そして」と「すると」もかなり曖昧な
 何が違うのかわからない選択肢と言える。

 説明によると、「そして」は前後が順番通りつながっていること
 「すると」は前後の出来事が連続していること

 となっている。娘はこれを見てますます混乱した。
 
 私も連続するのと順番につながるのがどう違うのか理解に苦しむ。
 それでもあえて言うなら、すぐに物事がおきるのが、「すると」?
 問題文の中にも、まってましたという言葉があるので、時間的に
 すぐにおきたとことはわかる。
 「そして」の方は、特別な因果関係はないが、その後に物事
 がおきること、とでも区別するしかない。

 私もセンター対策の問題作成をしていたのでよくわかるが、こういう
 長文ではなく短文で、背景がわからない切り取られた文章に接続詞
 を入れさすことはまずない。

 答えがいくつも存在すると指摘される恐れのあるものは基本的に
 出せないのだ。だから他に解釈のしようがないほど理路整然として
 いる問題にするために苦心するのが普通だ。

 問題集を選ぶ時に、問題をすべて見るわけにはいかないが、何でも
 いいのだというのは間違いで、できれば良問がそろっているものを
 与えたい。それを見極めるのはなかなか難しいのだが、中身をよく
 見て、解説の詳しいものを選ぶようにしてやってほしい。

 今回は、たまたまこれだろうとあてることができたが、いま一つ
 しっくりこない問題だったと思う。

 日本語のニュアンスというのは、つくづくやっかいなものだと思う。

 
 だから国語はきらいなんだと思った方も
 やはり国語力って大事だなと感じた方も
 英語と関係ない記事で読んで損したと
 思われなかったら、ポチっと応援してやってください。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング
関連記事
* Category : 日本語のすすめ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。