オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2008-05-17 (Sat)
 このブログを読まれている方の多くは、英語育児に興味があるか
 すでに実践されている方だと思うが、私のように何も知らずに情報も
 集めずに英語育児に飛び込む人はまれで、たいていはすでにお腹の
 中にいる時に胎教でクラシックやマザーグースなどを聞かせたり、
 生まれてすぐに0歳から英語のCDをかけ流したり、たぶんそういうこと
 をされているのではないかと思う。

 私も最初から知っていたら、きっと色々とやっていたかもしれないが、
 この生まれてすぐの時に娘が聞いていた音楽とは何とSMAPの
 「夜空ノムコウ」だった。

 なぜだか知らないが、娘はうつぶせでないとどうしても寝ない子で、
 上向きにベッドに置くと必ず大泣きし、レンタルベビーベッドは、わず
 か1ヶ月で返却となってしまった。

 布団で寝ないのだから、どうしようもない。いったいどこで寝ていたの
 かというと、何と旦那のお腹の上でコアラのように張り付いて寝て
 いたのだった。そのせいで旦那は座椅子でしか眠れず、その時に
 気晴らしにいつもかけていた曲が「夜空ノムコウ」だった。
 これをかけては背中をとんとんしていると、娘は安心して少しの間
 眠ってくれるので、子守唄と同じだった。
 (名曲やのに、子守唄にしてすいませ~ん)

 こんな状態なので、英語のCDのかけ流しなんて考えもつかず、ただ
 早くまともに寝てほしいとそればかり考えていた。

 1歳になるまで、私は夜まともに眠れたことがなかった。
 それでも育児に疲れたとは思わなかったし、この年齢なんだから
 わからなくても仕方ない、怒ってはいけない、まだ何も知らない赤
 ちゃんなのだから。そう考えると不思議と腹が立たなかった。

 このときの私は今と大違いで、自分でも聖母じゃないかと感心する
 ぐらい慈愛に充ち溢れたいい母親をやっていたように思う。

 いつもけなしてばかりの旦那でさえ、

 「お前、本当にあの頃は優しい
  母親やったなあ。
  それだけは認めるわ」

 と言うぐらいだから、娘がひどく育てにくいにもかかわらず、かなり
 寛容な母をやっていたのだろうと思う。

 たぶんうつ伏せでしか寝られなかった娘は、心音を聞いて安心
 していた
のだと思う。だからおんぶして掃除している時には少しも
 ぐずらなかったのだろう。
 いつの日だったか、お風呂掃除をしている時に、背負っている娘の
 顔がお風呂場の鏡に映っているのが見えたことがある。
 
 なんと娘は背中でご機嫌で笑っていたのだ。それまで泣き叫んで
 暴れていたのに、おぶっただけで顔が笑っている。

 おんぶでお風呂掃除はハードやねんから、
 おかげで出産して3カ月ぐらいで、
 完全に体重元にもどったわ。

 おまけに米より重くなってるのに、だっこ
 ばっかりしていたから、体力ついて、しかも
 最寄り駅には、何とエレベーターも
 エスカレ-ターもなく、階段しか
 ない状況で、どれだけ重くてベビーカーの
 外出が大変だったか・・・
 もう語るも涙の体力勝負。泣き顔


 この時ほど車の免許を取らなかったことを後悔したことはなかった。

 というわけで車の中のかけ流しも我が家にはなかったのだ。
 
 さていつになったら、英語らしきものが登場するのか・・・
 この後の展開にこうご期待を!

 

 我が家の最初のかけ流しは何とSMAPだったという
 全然英語と無縁のこの状況がどういう展開となって
 いくのか、読んでみたいと思う方は是非とも応援の
 クリックよろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング
関連記事
* Category : バイリンガルへの道とその後
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by きゅーぴー
うふふ 息子もコアラちゃんだった でも旦那が単身赴任だったから私のたぷんとしたおなかの上やったけどね

曲と違うけど 近所にマンション建設中で工事の音を聞かされてた ぜったいうちの子はア○になってしまう~って嘆いていたよ 

今後の展開に期待しま~す

きゅーぴー様へ * by まめっちママ
単身赴任中なら、大変だったよね。
工事中の音か~・・・・それもすごいなあ。
でも関係なく知的に育ってるじゃないですか。
ママの育て方がよかったのよ。きっと!

環境も大事だけど、何をどれだけやったかの
方が結局大事なのかもね。

うちも胎教なんてしなかったし、耳も潰れて
生まれてきたのに、全然関係なく言語を
聞き分ける能力がちゃんと育ったから。


* by 海豚
うちの上の子も育てるのが大変な子でした。
お昼ねも私のおなかの上で4時間とか。(抱っこのまま)
床に置くと泣くので椅子に座って四時間耐えるんです(^^;)
掃除洗濯もおんぶしたままでしたね。
朝泣き昼泣き夕泣き夜泣きと名前が変わるだけでした。
二人目産んでそれが異常だったことに漸く気付きました。
赤ちゃんって皆泣くものと思ってたら二人目は本当に手のかからない子で勝手に育ちました。
あの頃を思うと本当に頑張ったと思います(^^;)
まめっちさんのところがそんなに大変だったなんて
なんだか意外です。
赤ちゃんルームで同じくよく泣いて外であやしていたお友達の子も今では嘘のように賢く優しいお兄ちゃんになってます。
プーは賢くは無いけど優しい子です。
まめっちさんのお嬢さんも優しいんじゃないですか?

海豚様へ * by まめっちママ
子供によってこんなにも違うのかと思うぐらい
楽な子と大変な子がいますよね。
朝こちらが寝込んでしまって気づいたら子供だけ
椅子からずり落ちて床で寝てたこともありました。
ベッドで寝ないし、泣いてばかりだったので、ミルク
やってもおしめかえてもとにかく1時間ぐらいしか静
かな時がなくて、退院する時も看護婦さんから
これはお母さん大変やよ。と言われたぐらい、他の
どの赤ちゃんもみなすやすやのところをうちだけが
夜中にずっと泣くし、ベッドに入らない赤ちゃんだった
んです。その分、今とても泣かない子になりました。(笑)
海豚さんのところもおんぶに抱っこだったんですね。
お昼寝も抱っこで4時間はさぞかし大変だったでしょうね。
でも、とても優しい子に育ったなら、その時の頑張り
も報われたことになりますよね。
うちの娘も家族の中で一番優しいかもしれません。

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。