オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2008-04-30 (Wed)
 我が家が英語育児らしきものを始めたのは娘が1歳半の時だった。
 それまでは、DWEって何?赤ちゃんに英語?
 そんな世界があることすら知らないで、教材を買って英語をさせる
 なんてどこか別世界の人のすることのように思っていた。

 それが数々の偶然でここに至り、たいがいのことはやりつくして
 教材に関しては相当な通になってしまった。
 (そのせいで貯金がない!貧乏になった。)

 でも英語をぺらぺらにさせたくてやっていたわけではなく、世間の
 多くの子供たちがピアノやバレー、サッカーや水泳をやっているのと
 同じ感覚で、好きだったからそれが伸びたというだけだ。
 英語の仕事をさせたいからとか、将来英語ぐらいできないと困るから
 とか、学校で習うので先取りしたかったからとか、親が英語を話せな
 いから子供にはさせたかったとかそういう動機と言えるものは一つも
 なかった。

 それではなぜ今もこうして英語を続けているのだろうか?

 英語はコミュニケーションのツールであることは疑いようのない事実
 で、話すことが最大の目的と考える人が多いのもこれまた世間の
 常識で、そこには何の異論もない。

 でもよく考えると、日本語が話せてぺらぺらでも日本人なら当たり前
 で、英語も世界中で英語圏の人なら誰でもぺらぺらで、それは特別
 な武器にはならない。要するにただ話せるだけでは、日本以外では
 通用しないということで、日本があまりにも英語のいらない世界で
 特殊な国だから、会話ができることが殊更に格好いいもののように
 見えるだけなのだ。 

 英語は話すのが目的ではなく、それを使って何をするかが大事なの
 であって、通訳やガイドなどのように話さなければいけない場合は別
 として、医療関係の翻訳や家電製品のマニュアルの英訳など、直接
 会話が主にならないデスクワーク専門の方なども、立派に英語を
 ツールとして使っている。

 ただ英会話喫茶で外人と話して楽しかったとか、世界中に友達ができ
 たとかぺらぺらに話すということがその程度だとしたら、むしろ話さなく
 てもスキルを磨いて仕事として成り立つ勉強をした方がましじゃないの
 かと思える。

 そういうわけで会話中心主義に私は少し疑問を感じるのだ。

 もちろん全くリスニングがだめとか、机上の勉強しかできなくて少しも
 話せないというのは論外だが、性格のおとなしい子供に英語をアウト
 プットさせることばかり焦るなら、何のための英語育児なのかとなるし、
 大人でも静かに研究していたいタイプの人に商社マンのような口の
 達者な英会話能力を要求しても意味がないのと同じで、何のために
 英語をしたいのかという目的にあわせたやり方が存在する
のでは
 ないかと思う。

 娘は医者になりたいという夢を持っている。そのためには英語の文献
 を読む力が必要だし、将来最先端の医療を学ぶためにアメリカに行く
 こともあるかもしれない。そういう目的があるからこそ英語を続け
 ている。
 つまり見た目が格好いい会話のできる人を目指しているのではなく、
 しっかりとした勉強の基礎の上にプラスアルファで英語が存在すると
 いう感じだ。

 だから今は学力をつけることが重要課題で、軽い英会話のためにだけ
 時間を割くより、もっと日本のことや未知なる科学の世界のことを勉強
 することに重点を置かないといけないと考えている。

 日本語での基礎学力がしっかりし、国語力も人並み以上につけば、
 必ずそれに連動して英語も伸びるはずだから、その日のために日々
 の学習時間を2:8ぐらいの割合で英語と日本語に振り分けている。
 
 それで英語が消えそうだとか話せなくなるのではと心配したことは
 ない。小学校に上がる前は確かに少し不安で幼児期の英語なんて
 忘れるのも早いし、なくなってしまうよという人の意見に惑わされたり
 もしたが、今ははっきりとそれはないと断言できる。

 そうは言っても、小さい子供さんをお持ちの方は、一番成果が見えや
 すいアウトプットを基準にせざるをえないので、育児が成功しているの
 か無駄なのかを判断するのが難しいのだと思う。
 でも、子供の能力はみなそれほど違わないので、何も言わないから
 だめだとか、覚えてなさそうだからうちの子には無理だとかそういう事
 は、もっと先にならないと見えないのだということだけは覚えておいて
 ほしい。

 育児はロングスパンでそれさえ間違えなければ、我が家流の英語
 育児のあるべき姿も見えてくると思う。
 


 最近疲れ気味で元気がない私に
 愛の応援クリックよろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓

 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング
関連記事
* Category : コラム
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

* by juicy
お久しぶりです。
英語を使って何をしたいのかって重要ですよね。
小さな我が子でも「友達と遊びたい」って思いが英語力の上達につながってると思います。
いくら海外で暮らしても、消極的な子は語学力の伸びが遅いようですもんね。

研究目的で渡米する医者・・・夫の場合は、話せなくても結果さえでてれば認められるって状況かな。
アメリカはやっぱり実力社会でその辺シビアですから、英語は上手にこした事ないですけど、いくら話せても結果を出せない研究者は不要って感じで、夫のラボに関しては語力は関係ないって感じらしいです(笑)
実際、何年もボスの下で働いてきていたのに、今回の引越しで切り捨てられた人達も何人もいるらしいです。
それ知った時、我が家はセーフだったんだぁ~と冷や汗でした(笑)

私は最近、日本の歴史にはまってます。
英語も習得したいけど、今はなんか熱が冷めちゃって・・・こんなんじゃダメですよね~。
娘ちゃん、夢に向かって突っ走れ~~!!

* by うっかり主婦
す・・・すごく高尚な理由ですね~!

うちも英語を武器に?出来るよう勉強するのが一番よさげだと思っていますが、せいぜい
「英語が出来たら外国が舞台のほかの漫画家には描けない話がかけると思うよ~。」
とか、
「もし外国モノのマンガがヒットしたら出版社がただで外国に取材旅行に行かせてくれるみたいだよ~。」
とか耳元でささやいてその気にさせてます。

もちろんそんな確立宝くじより低いのですが、大きくなって夢が変わっても、いろいろ応用が利きそうです。

英語の成績が良くて商社に夢を持って入っても実際は雑用でお嫁さん候補なんて話もよく聞くので、成績や英語そのものだけに夢を抱くのはなんとなく危険な気もします。

juicy様へ * by まめっちママ
アメリカで実際に実力がないと生きていけない世界にいると、
話すだけより、その人にしかできないスキルの高さがいかに
大事か実感するんですね。
うちも夢が夢で終わるかもしれないですが、頑張ってもらい
たいです。それがもしかしたら英語じゃないかもしれなくても、
今やっていることは決して無駄じゃないと思うので。
juicyさん、歴史にはまってるんですか。
それもいいと思いますよ。
日本のことを知るっていうのは、大事なことだし、特に海外で
生活してたら、そういうことを勉強して知っていた方が絶対に
尊敬されると思うしね。
頑張ってね。

うっかり主婦様へ * by まめっちママ
そういう英語のスキルの使い方も大いに
ありだと私は思いますよ。TOEIC頑張って
商社に入るっていうのもいいけど、人が
考えないことで上手く英語が活かせるのは
これもスキルのひとつだと思います。
外国に取材か~。
うっかり主婦さんの子供を上手くのせる
現実的な動機が逆にとっても新鮮です。(笑)

はじめまして * by chiko
ブログ村から来ました。
現在6歳と1歳の娘がいていろいろ英語に関しても
教育に関しても悩んでいてすごく参考になりました。
またブログを拝見しにきます!
よろしくお願いします。

chiko 様へ * by まめっちママ
コメントありがとうございます。
古い記事ですが、過去の記事も読んでいただいて
光栄です。英語もそうですが、何事もロングスパン
で考えないと成果があったかどうかはわからない
ものだと思います。
またよければ是非ブログに遊びに来て下さい。
今は親子英語のカテゴリーから抜けて子供の
教育全般の方に移っていますが、新しい中学生に
なった娘の今後の成長も見てやってください。

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。