オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2008-01-30 (Wed)
 娘が英検2級に合格してから随分たった。
 あれから1年7ヶ月の間、特別な英検の勉強はせずに、精神
 年齢が追いつくまで待とうとのんびり過ごしてきた。だから
 勉強色の薄いかけ流しを中心とし、好きなアニメやDVDの視聴
 に絞り、スクールでは基礎文法を少しと洋書をゆっくり読み、
 時々アウトプットの練習のためにスカイプを利用した。

 英語に関してはこれだけで、どちらかというと学力重視で
 やってきたといえる。

 ビルディングパズルや脳を鍛える問題なども塾のテキスト
 によく登場していたので、楽しみながら解き、国語は速読聴
 教室で、週に2、3冊耳からと目からの両方で読書を続けて
 きた。
 四字熟語と慣用句、ことわざも速聴で耳からと目から
 の両方で覚え、それを塾の宿題で再確認するという作業を
 繰りかえした。おかげで言葉の幅は格段に広がった。

 漢字だけはちょっとおちゃめな(いや、かなり)当て字を
 たくさん書くので、できるとはいい難いが・・・・

 私の役目と言えば、塾で習うやり方を自分でもマスターして
 宿題のまるつけをし、出来なかった箇所のチェックをすること
 と、毎月あるオープン模試の予想問題をテキストから作成し、
 それを娘に解かせて、できないままで積み残すことがない
 ようにしてやることだった。

 英語で日常を過ごすなどという芸当が私にはできないので、
 あくまでも日本語の勉強のサポートに徹した。

 母国語より発展する第2言語などあろうはずもないので、
 日本語の勉強をしっかりすることが英語の伸びを助けると
 信じてやってきたのだ。

 一見何も特別な対策をしてこなかった英語だが、娘はプリの
 頃より今の方がはるかに英語がよくわかると断言している。

 それに今年は、本格的に社会と理科も塾で始まる。
 いよいよ次の段階に進む時がきたようだ。

 理科と社会がよくわかるようになれば、社会のシステムや
 経済、環境や自然に関する問題などの理解が進むということ
 だから、英語の長文問題でも手も足も出ないということがなく 
 なるだろう。

 今まで感覚で答えていたものが理解を伴ったものへと変化する
 時が来たようだ。

 勉強と英語の両立はここからが本格的なスタートだ。
 偏差値60以上をキープしつつ、英検準1級にもチャレンジできる
 のか、やれるだけやってみようと思う。

 参考  ビルディングパズルってこんなやつ
       ↓ ↓ ↓
     

 
 娘の勉強のサポートがいつまでできるか
 不安なママに応援クリックよろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング

 
 

 
 
関連記事
* Category : 英検準1級へ向けて
* Comment : (14) * Trackback : (0) |

* by ルーシー
えっとぉ~、ワタシの記憶が間違いでなければ、
準1って作文ありましたよね?
結構、長めのを書いた記憶がありますが・・・
てことは、作文対策も始めるのでしょうか?
エッセイのトレーニングも始めたら、まめっちジュニアちゃんは鬼に金棒ですね。
うぅ~。ワタシが鳥肌立ってきた!
行けるトコまでどんどん駆け上がっていってね!!

おはようございます♪ * by うっかり主婦
準1級!!
私からしたら富士山のてっぺんを眺めているような感覚だけれど、射程圏内に入ってきてるのね~!
すごいわ!!

だけど、子供の成長をじっくり待ちながらもしっかりと水面下で足を書くことも忘れないまめっちママさんと娘さんの努力の賜物だと思います。

私は最近になって英語に関しては大失敗していたことがわかったので、もっと自分の親としての感覚を磨き、伸ばしてやれるよう頑張っているところです。

とりあえずは磐梯山のてっぺんぐらいに登れるようにうちも頑張ってみます♪

うちが達成した頃にはもしかして娘さんはエベレストを登っているかも知れませんがv-356

* by gumam


まめっちジュニアさんの未知の可能性にひたすら
うなずきと陰ながら応援する今日このごろ。
どううまくサポートできるか・・・
それが子どもの分かれ道なのかなぁ。
まめっち親子間では特別な対策でなくとも、私から
見ると、本当に真似できたら・・・そう思います。
私も娘にとって良い?(悪ドイ?)サポーターであり
たいです。

* by 青空@カナダ情報館
英語の学習には日本語の基礎が大切というのは大いに共感します!!!
昨年はカナダに住む日系人の子供達に日本語を教える機会がありましたが、みんな熱心に勉強していたのは驚きました。日本の学校に勤めていたときには見られない光景でしたよ。。。

ルーシー 様へ * by まめっちママ
作文・・・ありますね。ここが一番の難所かな?
語彙もまだまだ全然足りないし・・・
ぼちぼち始めようかなってとこです。
今まで2年近くのんびりさせてもらったので・・・
英検のことなんかすっかり忘れていました。
そんなもんあったなあって感じで・・(汗)
2級で打ち止めのつもりだったので、何もやって
なかったんです。
でもね、目標がないとどこまで到達してるかも
よくわからないし、ちょっと本気だそうかなと考えて
るところです。

うっかり主婦様へ * by まめっちママ
全然射程圏内じゃないです。
レーダーにもうつらない位のはるか外ですよ。(爆)
あてなんか全くないんです。
ただ、2年近くゆっくりさせてもらって、試験という
プレッシャーもなくここまで来たので、そろそろ
真剣にやろうかなと思っただけです。
3年生の後半は塾のクラスわけテストがものすごく
つらくて、精神衛生上よくなかったので、これに英検
までプラスするなんてできっこないと思うし、英語は
学力を上げてからでも十分だと考えてました。
それで好きなことだけをしてレベルが落ちないように
気をつけながら、のろのろやってたわけです。
どうなるかはやってみないとわかりませんが、ぼちぼちいきます。

gumam様へ * by まめっちママ
親にできることってサポーターしかないんですよね。
親がかわりに受けるわけじゃないし、親が頑張って
一緒に勉強するっていう考え方は一見あってるように
見えて実はとても危ういところもあるんです。
受験で一番いけないのは、自分が当事者のように
錯覚しておかあさんの受験になってしまうことなんです。
親が口だけ出して何もしないのはよくないけど、子供の
勉強に親がとことんつきあって夜中までいっしょに
勉強しないといけないのかというとちょっと違う。
親には親にしかできないことってのがあると思うんです。
だから私には娘の英語の話し相手は務まらないけど
かわりにできることがあるはずと割り切ってやってる
わけです。私がぺらぺらにならないと娘の英語が
伸びないのでは本末転倒でおかしいことなんです。
東大に合格している子供の親がみんないっしょに
勉強しているかというとそんなことはないのと同じです。
私流のやり方でいけるところまでやるだけです。
勉強のサポートもできなくてもそのために塾の先生
がいるわけだから、専門家におまかせすることも大事
だと考えてます。

青空@カナダ情報館様へ * by まめっちママ
そうなんですよ。結局基本となる国語力の問題で
ここがしっかりしてないと、第2言語の英語だけが
突出するなんてありえないと思います。
うちが両親で英語と日本語を使い分けるような環境
で、どちらも第1言語とかいうのなら別ですが、
日本人同士で日本で育って公立小学校ですから
母国語は日本語以外ありえません。
なので、英語はあくまで第2言語扱いで、なるべく
母国語に近いレベルまで引き上げるように頑張ること
しかできないです。
それで十分だと思ってます。

* by juicy
おぉ~~いよいよ受験に向けて本格始動ですね!!
やる気がみなぎる記事で、気合が伝わってきましたよ。
まめっちママさんの監督ぶりはさすがですね。
速読聴教室なんてのがあるんですね。
すごいなぁ~。

juicy 様へ * by まめっちママ
気持ちだけはあるんですけどね、実際に娘が
どこまで本気になれるかってのがね~・・・・
まだ全然エンジン全開じゃないです。
でも、今はこれぐらいで余力を残しておかないと
後で息切れしても困るし・・・・
娘次第ですね。

* by Nancy
親のサポート次第・・・、ですよね~。
口を出しすぎてもいけない気がするし
ほったらかしでもダメだし。
まめっちママさんはその辺のさじ加減がとても
上手に娘さんをサポートしてらっしゃるので
私も見習いたいです。

準一級なんてうちはとてもとても無理だけど
目標というかお手本になる方がいるって言うのは
心強いです!

Nancy様へ * by まめっちママ
さじ加減難しいですね。
つい余計なことを言ったり手をだしすぎたり
あるいは、面倒になって放ったらかしになったりとか
親の気分で
左右されてることもありますよ。
気をつけないといけないですね。
私の人生じゃないけど、親としての責任は果たさないと
いけないし・・・

準1級はまだまだ先の話しです。
今年からぼちぼちやろうかな?って思ってる
だけなので。いつになるやら。

* by バニラ
すごいなぁ。準一級かぁ・・・・。英検1級が小学生のレベルって言いましたが、あくまで、優秀なできる子供のレベルなので、ジュニアちゃんの年齢で準一級ができるというのは、おそらくネイティブの子供以上の英語力があるんだと思います。
日本語でもそうですが、小学6年生のできる子の作文になると、ほとんど大人の小論文と変わらないレベルです。
もしかしたら、大人でもあれだけ書ける人、少ないのでは?と思うほど、レベルは高いです。
ミントのお粗末な作文みて、雲泥の差だなって思った!!
上には上がいるもんですよね。。。ううう~。

英語に囲まれていない環境では、どれぐらい成長しているのかが見えにくいだけに、英検を目標にしたりするのって良いですね。ジュニアちゃんならきっと合格だよ。がんばれ~!!

バニラ様へ * by まめっちママ
最近つくづく、幼少期は別として10才ぐらいに
なると、大人と変わらない能力の子供が確かにいるなって思います。
日本では飛び級がほとんどないので、そういう子供が
埋もれてるんですが、小学生の高学年にもなると、本当
に大人顔負けの洞察力や文章力の子供がいますね。
うちの娘はまだ全然子供の語彙力しかないけど、
英語のクラスでも、3、4歳上の子供とでも遜色なく
ついていけてるのは事実です。
ただ話題が大人の話しだとちょっとつらいものがある
んだけど、それ以外だとそんなに全く無理という
レベルではないのも事実。
だから英検準1級にも少しずつチャレンジしていこうか
なと思ったんですが、そのためにも今年はもっと本を
読んで、もっとたくさんの社会勉強を積まないといけない
なあと感じています。
なるべく自然に娘が自分からはまって学びたいと
思うように上手くもっていけるかやってみたいです。

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。