オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2007-11-15 (Thu)
 前回までは、緻密な計画性とは、ほど遠い、流れにまかせる
 育児でここまできたという話で終わったが、それでは、今、
 私はどうなっているのかということを少し書こうと思う。

 わが家がたった一つ失敗というか、あまりおすすめできない
 事をしたのは、色々な体験をした時にかかった費用がやはり
 かなりの額になっているという点だ。

 工夫してお金をかけずに上手に育児をされている人と比べると
 多少(いや、かなり)お金を使ってしまったなあと思っている。

 ただ、前にも書いたが、使わなかったから使った人よりすぐれて
 いるとか、そういうことは本当に関係ないというのも事実で、
 今ある自分はなりたいとどこかで思ったから、そうなったわけで
 決して条件のよしあしで決まったことではないと確信している。

 私自身は昔から、段取りが上手くて、そつなく何でもこなすという
 ことに、秀でていたようなところがある。

 だから当時は、中途半端に何でも出来るのは、何もできないのと
 同じ
という言葉に傷ついていた。

 でも、今は、私だからこそ、主役を光らせて伸ばせるのだと自負
 している。名監督、名マネージャーでもいいと思っている。

 そういうわけで、娘が本当になりたいものになれるようにして
 やるために、影からサポートしてやるのが私の務めと考える
 ようになった。

 彼女が今の英語をなくしたくないと考えているのは確かだが、
 そのために他のことを犠牲にしてまで英語漬けになりたい 
 とは全く思っていない。

 あんなに英語のアニメしか見なかった娘が、この1年ほどで
 日本語のクイズ番組や、トリビア物を好んで見るようになった。
 好きだったカートゥーンネットワークもあまり見なくなった。

 その代わりに、洋画のDVDを見るようになり、教材も今までは
 全く使えなかった大人用の学習参考書が使えるようになって
 きた。海外のワークブック中心で進めてきたことが、日本語の
 参考書との併用
へと移り変わってきた。

 娘の第一言語はあきらかに日本語だし、英語はあくまでも
 第二言語にすぎないので、決して日本語をぬくこともないし、
 またこの環境でそうなっては不自然だとも思う。

 流れにまかせているのだから、日本語が得意になるはずで
 その中で将来の選択肢の一つとして、英語を使うこともある
 かもしれないので、その時に今までやってきたことが活きる
 ようにしてやるために勉強を続けているに過ぎない。

 私の友人は海外で生まれて育ったので、完全に5才ぐらい
 までは英語のネイティブスピーカーだった。
 でも、帰国してすっかり忘れてしまったそうだが、大人になって
 もう一度やり直した時に、眠っていた言葉がよみがえり、
 普通の人よりずっと早く英語を再習得してしまった。

 また、卓球の愛ちゃんは、最初から、中国語ができたら
 得になると思って幼い頃からやっていたわけではないのに、
 中国に練習の拠点を移してから、あっという間にものすごく
 流暢な中国語を操るようになった。

 こんな風に言葉は、環境次第で今まで第1言語だったものが、
 チェンジしてしまったり、無くなったり戻ったりする不思議な
 もので、今必死になっていることも、将来の必要性次第で
 どうにでも変わってしまうものでもある。

 そう考えると、あくせくしなくなり、心にゆとりができた。
 それより今すべきことを優先しようと考えられるようになった。

 早期教育は、したから勝ちではなく、こういう色々な経験を
 させてもらえたと言う点で、親の私のためになったと言える。

 より幼い時からやって、我が子を勝ち組にしたいというのも
 いいかもしれないが、この時期に勝ちも負けもなく、人生は
 トータルで最後まで行かないとわからないと思っている。

 だからより早くとか、やるのが遅すぎたから、自分の子供は
 出遅れたなどと考える必要は全然なくて、今必要かどうかで
 決めればそれでよしとおおらかに考えるのが一番かなと
 思っている。

 一応このシリーズはこれで終わりで、次は教材批評その他
 編でもと思っているが・・・どうなるかはちょっと未定。

 

 
 早期英語教育に焦りを感じていた方も、
 今、スランプで進め方がわからない人も
 肩の力を抜いてポチっと応援よろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓
 
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング

 
 
 
 

 
関連記事
* Category : 英語と右脳教育
* Comment : (18) * Trackback : (0) |

* by ルーシー
まさにって感じです。
全く同感です。
何度も書いてますが、
『人間はいつからでも、どこからでも巻き返しも方向転換も叶う』
って、私は本気で信じてます。

ウチもテレビはどっぷり日本のチャンネルだなぁ。
だって、学校で友達と会話できないもん。
『英語のテレビしか知らないキモい奴』
には、なってほしくないしさ・・・

* by 10秒英会話 塚本
おっしゃるように「昔とった杵柄」は、再習得にけっこう役立つと感じることが多々あります^^

早期教育の成果うんぬんよりも、いい経験をさせてもらっている、と考えるまめっちママさんの洞察力は、さすがです^^


* by バニラ
うちは、何事も人より遅くから始めてますが、それが逆に良かったのかも!・・・と勝手に解釈してますが、早期教育で幼少から続けてきた努力や得た知識、経験を積んできた事実は、必ずプラスがあります。そのプラス部分をどのように捉えていくかは、それぞれだとは思いますが。。。マイナスの部分を取り出せば、物事は相対的にプラスとマイナスで成り立ってますから、片っ方だけ取り上げられませんしね。

お嬢さんの努力や素質も素晴らしいですが、まめっちママの名監督ぶりが伺えます。
私は、まめっちママのように何でもソツなくこなせるどころか、ほんっとに何もできないために、逆に子供がしっかりしてしまったみたいです。
私も名監督の仲間に入れるかしら~??


* by なっちん
まめっちママさんのブログを読む度に色々考えさせられます。。うちは海外に住むのが目標で、その時に子供が困らないようにお金をかけてでも早く早く!って焦る気持ちがあって、、
でも、何か安心?もっと冷静にゆとりをもとうと気持ちになりましたヾ(^∇^)
私も名監督を目標にゆっくり頑張って行こうと思います!

* by ますぷぅ
わぁ~~、このテンプレート、カワユスゥ♪
もう、クリスマス模様ですね。

私も、お金かける、かけないは関係ないと思ってます。お金があって、必要量ちゃんと与えてあげるのと、お金がなくて、せっせとおのずから量を稼ぐ。また、労力(ママであってもパパであっても)をお金に替えて優れた教材を買い与えるのと、労力を教材作りなど直接な働きかけに使うのでは同じだと思います。
お金をかけて、宝の持ち腐れ、お金がないから何もやらない・・・お金がかかってても、かけなくても、リサーチ力、研究力がなければどっちも同じ。
いつもそう思っています。

「思い立ったが吉日」本当にいつもその言葉が真実だなぁって思います。
子育て終わってからお勉強してお医者様になった主婦の話をテレビで見たこともあります。

私は早期教育は二人三脚でできるスキンシップの一つになっていると思っているからやっています。
出来ない悔しさ、出来るようになって喜ぶ姿を見て、同じ気持ちになれる。。それってとてもステキだなあって思います。
自転車が乗れるようになった。縄跳びが出来るようになった。その一つ一つも早期教育とやってることは同じじゃないかなって感ずることも。
それに、意外とやってみたら、子供にとったら、お勉強ではなくて、遊びで、遊びの中にいろいろ見出しているという感じ。英語教材をとっても、幼児向けのものは本当に楽しく出来ていて、遊びだなあって。

早期教育する、しないよりも、ママが子供に無関心、一人で勝手に遊んで欲しい、お勉強も習い事も他人任せで、成績が悪かったときだけ叱るような親にならないで置こうって思うことが先決。
他人に任せている習い事もちゃんと一つ一つ成長を見守り、一緒に喜び、励まし共感する。教育に関心なくても一緒に遊んで一緒に物事を考えてあげる。それでも子供は何でも前向きに取り組めるようになると思うんです。

子供の発見大切に、それを親が発見する。
発見できたのが早くても遅くても、それが親と子供の喜び。

早期教育は、親のエゴの一点張りだけで拒絶反応起こすほど嫌がっていて、出来たことへの達成感もなく喜びもなくのに抑えつけるようにしてはマイナス。批判に値してもよい。多少嫌がっても、それを乗り越えられるという子供の力を見極められ、ちゃんとできたときの喜びを感じることが出来るようであればプラス。やがて人生の糧になりうる。

本当に、私も子供と一緒に親も成長し、子供のためになっただけでなく、親のためになっているんだなぁ~って感じます♪
英語なんて特に、がむしゃらに勉強していた頃よりも遥かに今の方が身近な単語知っているよぉ。ウフフッ。

* by Ladybug
 私はスーパーキッズにするつもりも全くなく、私の一方的な趣味?で娘を英語の世界へ引きづりこんでしまいました(笑)やり始めると、焦りや不安も色々感じてきましたね~やっぱ(娘にとっちゃ、いい迷惑ですよね)。英語をやるばっかりに、他の事の優先順位が下がったことも確か。でも英語に出会えたからこそ、母子でいろいろな経験もできたように思います♪
 娘自身がどう思ってるのかわからないけど…(苦笑)

* by Nancy
早期教育について色々考えさせられます。
この時期にまだ勝ちも負けも無い。
人生のトータルで考える。その通りだと思います。
早期教育とは子供が長い人生を自分でどれだけの力を
発揮できるかの土台作りだと思います。
ただ、早期教育しているとやっぱり周りのことが
チラホラ気になってしまうのも事実で
どれだけ自分の子供を信じて
応援して行けるか
それが大切なんだなぁってつくづく感じます。

* by juicy
テンプレ可愛いです♪

スタートなんて、いつでもいいですもんね。
続ける事の難しささえ乗り越えれば、なんでも手に入れられる。
結局は自分次第。
親として、まめっちママさんのように今の立場・状況・方向性をしっかりと持ってることも大切ですね。

ルーシー 様へ * by まめっちママ
英語に偏ることなく、万遍なく何でもやってくれたら
いいなあと思ってます。
できるならもうちょっと漢字やってくれんかなあと・・・
この頃漢検の本が目にやたら入ってきます。
何か目標がないと、うちの娘の漢字は、なおらんような気がする。
エディ君、いっしょにどう?(爆)

10秒英会話塚本様へ * by まめっちママ
そうですね。成果より親の自分育てみたいなところが
あります。子供にさせるのではなく、自分が学ぶという
スタンスをこれからも貫いていきたいです。

バニラ様へ * by まめっちママ
バニラさんは、何にもできないどころか、異国で
会社まで設立してしまって、本当に私なんかよりずっと
すごいですよ。
それに十分すぎるほど監督の素質もありますしね。
絵の才能は・・・?(爆)
ごめん、ごめん。
でも、私は持ってる資格も活かせてないし、中途半端
なことが多いので、せめて監督業だけは、頑張って
やってかないと、存在価値がなくなってしまうしね。
なんて言ってますが、本当は、図太く生きてます。(笑)

なっちん様へ * by まめっちママ
そう言えば、海外移住が目的でしたよね。
夢はいつか必ずかなうので、その時がくるまでに
やれることをしておくのは、大事かもしれないですよね。
でも、時期が来ると、うそのように上手くいくことも
ありますから、今は焦らずにできることからゆっくりと
でもいいと思います。
その夢がかなうといいですね。

ますぷぅ様へ * by まめっちママ
気が早いでしょ?
すでにクリスマスモードに突入です。
早期教育は親育てなんですよね。
私みたいに何も知らないで、突入した親でも、
今ではこんなに成長して、人のことはすごくよく
わかるようになりましたもんね。
自分がいっぱい遠回りしたので、今からやる人には、
できるだけ近道の方向だけでも見せてあげられ
たらなと、ちょっとだけ先輩ママとして、年いってる
分だけアドバイスしてあげられるかな、なんて考えて
るんですよ。
まだまだ自分も成長の途中なんですけど、とりあえず
一番しんどい幼児期は通り抜けてきたので、その経験は
後に続く人にも参考になるかも?と思います。

Ladybug 様へ * by まめっちママ
引き込んでしまったものはしょうがないので、娘さんが
いやだと言ってないかぎり、楽しく進んでいきましょうよ。
うちとお笑い系が似てるような気がするので、たぶん大丈夫?
(まめっちママが保障するよ。ほんまか?)
ママも明るいし、他が見えなくなるほど必死モードでもなく、
いい感じだと思いますよ~。

Nancy様へ * by まめっちママ
回りを気にするのは当たり前だと思いますよ。
だって自分達だけの世界じゃないし
早期教育を誤解させてしまうほど、場の空気が読めてない
親子もいるし、仲間内で盛り上がりすぎても、回りは
ドン引きだったり、また、仲間同士でもちょっと相手の
進み具合が気になったりと、人間は、誰でも迷うし、全然
人のことが気にならない人なんていないです。
今でこそ私もこんなに分かった風なこと言ってますが、
当時は色々迷ったんです。
年月が解決してくれることだってあるんだなあと、
しみじみ今思ってます。
人生は本当に総合力ですよ。
(佐賀のがばいばあちゃんで出てきたような言葉だなあ)

juicy様へ * by まめっちママ
そうそう。スタートはいつでもできますよね。
遅すぎなんてないんですよ。早期教育に乗り遅れても、
十分後からその気があれば頑張れます。
できないのは、結局それでいいという、自分で選んだ道
にすぎないんですよ。
人はなりたい自分になれる、本当にその通りです。

なっとく♪ * by ぴょんママ之助
こんにちは♪
幼稚園が毎週・・・
4連休で死にそうでした・・・
今週は県民の日で休みもあったし・・・;(><);

まめっちママさんの言っている事・・・
つい最近私自身が体感しました
数十年ぶりにスケートをしたんですがなんとか滑れました♪

子供の頃に身につけたものってどこかにちゃんとしまわれているものですねぇ~♪
こども時代の体感ってけっこう凄いんですねv(^^)v

そうは言っても・・・
先立つのはお金
費用の云々が関係なければ少子化の世の中で幼児を対象にした習い事やら幼児教育やらが花盛りですよねぇ(^^)v




ぴょんママ之助様へ * by まめっちママ
毎週4連休はつらいね。
でも、もっと子供が小さい時は、それこそ毎日いっしょ
だったわけだから、そう考えると、小学生は楽だよ~。

体が覚えてるって本当だよね。ピアノも長いことひいて
ないとひけなくなるけど、ちょっと練習すると、すぐに
ひけるようになるしね。
何でも記憶に刻み込まれたものは、沈んでるだけで、
もう一度取り出したり、思い出したりできるんですね。
脳って不思議です。

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。