オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2007-05-15 (Tue)
 ここ数日、テレビのニュースで話題になった中国の遊園地

 「石景山遊楽園」

 ディズニィーキャラのプーさんやミッキーマウス、ドラえもんに
 キティーちゃんもどきがたくさんいて、遂に本家ディズニィーから
 訴えられた今最も有名な遊園地だ。

 この国は私が昔旅行した時とは全く違った国になってしまった 
 ような気がする。

 当時、北京は人民服一色でまだまだ発展途上というイメージだった。
 その後の経済発展は目覚しいものがあり、中国語もビジネスには
 必要になると、学習者も劇的に増えた。

 そのせいか、英語の次は中国語を子供にと考える人が増えて
 多言語育児の一つとして定着もしてきた。

 でも、経済発展の速度にマナーが追いついていないようで、
 相変わらず、言い訳も上手いし、決して素直に謝らないところ
 は、少しも変わっていないように思う。

 今回の遊園地の件を見て、そのことをいっそう感じてしまった。
 どう見てもミッキーマウスにしかみえないものを、あろうことか
 耳の大きいネコ!?
 と言い張るのだからすごすぎる。

 そう言えば、中国の百貨店で壁にかかっていた皮ジャンを見せて
 もらおうと店員に頼んだところ、面倒くさそうに怒って

 「あれとそこにあるものは同じ!」
 と言われたっけ。
 それでガイドさんが気を使って、店員さんに再度頼んでくれた
 ので、しぶしぶ壁からジャケットをとってくれたが・・・

 何とこちらに投げつけてきた!

 こっちはサイズの確認をしたかったので、試着させてほしかった
 のだが、仕事が増えるのを嫌った店員の態度のひどさは、日本では
 考えられないことだった。

 もちろんとても人懐こい人たちもたくさんいて、私の中の
 中国のイメージはそれでも決して悪くなかった。

 でも、今回の一連の映像を見ていると、なりふりかまわぬ
 金儲けのやり方に少し失望してしまった。

 著作権の概念がまだ根付いていないのも残念だ。
 
 それにしても日本はぬるい対応をしているように思う。
 クレヨンしんちゃんの商標登録も中国企業に先にされてしまった
 ぐらいだから、今回のドラえもんもどきやキティちゃんも
 いったいどうするのだろうか?

 とりあえず、遊園地側が事の重大性にさすがにまずいと思った
 のか、いっせいにキャラクターもいなくなり、建物や像も
 撤去されたようなので、やっぱり日本は黙認するのだろうか?

 
 
 ブログランキング参加中
 今度は女性の言うとおりにしないと
 いけないという遊園地が出来たらしい
 行ってみたい方はポチっとよろしく
 お願いします。

 FC2 Blog Ranking

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング

 
関連記事
* Category : 中国 考え方編
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

* by ルーシー
まめっちママさんは中国語が得意なんですよね?
何回も行かれているのですか?
あの広大な土地と歴史は魅力で憧れるのですが、
人の話に聞く国民性に打ちのめされそうで、私は二の足踏んでます。
一回は訪れてみたい。

著作権って概念は、ホントに皆無ですよね。
インタビュー見てても、
相手を怒らせるポイントが何なのか、ほとんど理解できてない気がする。
だとしたら、日本は毅然と正しいことと間違ってることを教えないと・・・
ホント、日本の対応は・・・ですね。

* by Mojo
最初は私も憤慨しながらニュースを見ていたんですが、よくよく考えてみると、いわゆる J-Pop と呼ばれるものの中には、ちょっと前に欧米でヒットした曲の完全なコピーとしか言いようのないものも少なくありませんし、映画やドラマでも、「あれ?これって...?!」と思うときがあります。
しかし、作曲家や原作者の名前は日本人。
大っぴらに文句言える立場ではないかもしれないですねf(^^;

でも、どうせ「もどき」なら、もう少し可愛く作って欲しいと思うのは私だけでしょうか。だってあのドラえもん、怖いですもん(笑)

ルーシー 様へ * by まめっちママ
中国語は得意というほどでもないんですが、英語より
は実はできたりして・・・
一人で旅行して買い物したり、電車にぐらいは
のれるはず。
というか、英語は本当に苦手だったんです。
受験英語は一応やったし、文法力もそれなりかも
しれませんが、いわゆる会話力はないという
典型でした。でもこんな私でも子供とつきあって
何年も英語にふれていると、言ってることが
わかってくるし、外人と話すことも少しはできる
ようになったんですよね。
英語なんて話せなくても全然平気とさえ思っていた
ぐらいですから。
でも、中国語は真剣にリスニングから叩き込まれたので、
発音も聞き取りもそれほどしんどくはないです。
中国は確かに歴史のある国で行ってみても損はない
です。見るところが多いので、旅行として行くだけ
ならすごく楽しいですよ。ただ、私が行った頃は
下痢して困ったとか、トイレ事情の悪さに辟易して、
二度といかないという人とそんなことは関係なく、
もう一度行きたいという人の真っ二つになったもんです。
私はもう一度行きたい派ですが・・・

Mojo様へ * by まめっちママ
そういえば、そうですね。
日本も欧米にあこがれてコピーしたもの
結構多いですよね。
それにしても
ドラえもんは痩せてて貧相だったし、なんか
未来が暗くなりそうな感じですよね。
あれじゃあのび太君も救われないって?
私の持っているドラえもん中国語バージョン
のDVDとかはまともな絵でしたが・・・

* by 10秒英会話教室 塚本
あのコピー品には笑いましたよね(笑) もしかして遊園地に勤務してる人は、オリジナルを見たことがないのかも??とさえ思えるほどの、シラの切り方でした(笑)

私の情報筋によると、ディズニーって、世界で一番、著作権に厳しい会社らしいです。著作権専門の弁護士だけで100人以上いるはず。あのアカデミー賞の主催団体でさえ、ちょっとしたミスで訴えられた事があるほどです。

たぶん中国政府がディズニーの(法的な賠償請求能力の)怖さに気がついて撤廃指示を出したのかな?なんて思っています。

10秒英会話 塚本様へ * by まめっちママ
日本は著作権に関してかなり甘いみたいです。
というか無駄な訴訟費がもったいないので、
コピーによる影響とまねされることによる認知度が
高まることの効果とをはかりにかけて、あえて
黙認する傾向があるらしいです。それに比べて
ディズニーは訴訟のお金がいくらかかっても、
決して著作権侵害は許さないという姿勢だそうです。

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。