オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2007-02-04 (Sun)
 先日、考えさせられる話を聞いたので、書いておこう。
 パパがカナダ人ママが日本人のハーフの家庭で、両親で英語と
 日本語を使い分けて生活している知り合いがいる。

 最初のころは、家庭内で日本語を使用し、英語オンリーの幼稚園で
 保育をしていた。

 当然、日本語が母国語で強くなる。しかし、日本語と英語のどちらが
 今後有利かと考えた時、英語を中心にしたほうがいいのではという
 結論になり、インターナショナルスクールへ進学した。

 ここからがポイントで、姉の方は日本語がある程度固まった後に
 インターに進学したため、英語が伸びるのとほぼ同等に日本語も
 伸びた。ところが、弟の方はインターに入った時に日本語特に
 読み書き能力があまりなかったので、英語は急速に伸びて、母国語
 がチェンジしてしまうような雰囲気になってきた。

 塾に行って漢字の読み書きなどの補修をしたが、追いつかない。
 覚えてもすぐに忘れるの繰り返しで遂にインターから日本の公立
 小学校に編入した。

 すると今度は日本語がぐんと伸びたが、英語が危うくなってきた。
 このままではどちらも中途半端になりかねないと大変頭を悩ませて
 いる。

 姉の方は日本の小学校に移ってからも英語力を維持している。
 この二人の例を見ても、同じ家庭内でもバイリンガルに育てる
 ことは大変難しいのだと感じた。

 バイリンガルには大きく分けて4パターンあると思う。
 (私が勝手にランクわけしたもの)

 ①幼少期には話せたが、すっかりわすれてかろうじて
  耳の回路は残っているバイリンガルくずれ

 ②日常会話なら話せるので、一見バイリンガルに見える
  バイリンガルもどき(母国語は日本語)

 ③母国語がどちらかわからない状態で、漢字も書けるが
  一般の日本人と比べると、かなり劣る。
  英語も一般のネイティブと比べてかなり劣る。
  一番やっかいなタイプのセミリンガル。

 ④母国語とほぼ同等ぐらいに読み書きも会話もできる
  正統派バイリンガル
 

 うちの娘などはかろうじて②に入れてもらえるかも
 という危ういバイリンガルもどきだ。ちょっと手を
 緩めると、たちまち①になるかもしれない。
 何せわが家の場合、両親共に日本人で家庭内はもちろん
 日本語一色だからだ。それでも日本語という確固たる
 母国語を習得すれば、③ではなく、努力で④になれる可能性
 がある。

 だから今はスピーキングだけにこだわらない日本語の基礎作りに
 専念しようと思っている。

 随分迷いもあった。正直インターにあこがれたこともある。
 でも今はこの選択でよかったと思える。

 思えるんじゃないかな・・・

 いや、思うことにしよう・・・

 たぶん思ってもいいかなあ・・・

 
 結果はまだ先だ。
 
 ブログランキング参加中
 そんなに難しく考えなくてもいいという方も
 やっぱりバイリンガル教育は奥が深いと思う方も
 応援よろしくお願いします。

 FC2 Blog Ranking

 人気blogランキングへ
関連記事
* Category : コラム
* Comment : (16) * Trackback : (0) |

* by tkshmy
こんにちは。
言葉を習得するにあたって、親→子の部分は結構少ないのかもしれませんね。学校などで身に着ける部分もかなり多いんですね。

ハーフの子でもバイリンガルになるのは難しいか。

ハーフといえば、結構テレビで活躍している人いますよね。ベッキー・加藤ローサ、ウエンツ瑛士、滝川クリステル。などなど。語学が本格的に出来るのは滝川クリステルさんぐらいでしょうか。(彼女は・英・仏・日のtrilingual)

結局本人がどれだけ語学に打ち込むかということなんでしょうね。

まあ、親の無理強いって、結構子供が反発するから、結局は本人の興味という問題に帰着するんでしょうけどね。

tkshmy様へ * by まめっちママ
実は、親子間って一番教えにくいんです。
勉強も親が先生だから教えられるわけでは
なく、むしろ自分の子供ほど感情的になって
教えられないものなんです。
人の子供には怒らずに暖かくうまく教えられる
のに、自分の子供にはついガミガミなんて
いうのは、よくあることです。
だから子供も親には反発してしまうのかも・・
どちらにしても本人の自覚と努力次第である
ことは間違いないようです。
幼児教育したからバイリンガルになるという
より、きっかけを与えてそれがたまたま
本人にぴったりあってうまくいくという
感じでしょうか。

* by ますぷぅ
大変興味深く読ませていただきました。
パターン分けがとても面白いです。
バイリンガル教育をしていると、母国語もよく育つとはいいますが、やり方次第ですよね。
例の弟さんのように、交互に偏ってしまうと、どっち付かずになるのかしら??
今後、英語が有利だからと考えた時点では、英語中心を選択されたのだから、日本語の方が弱くてもよいと考えたというわけではなさそうですね。やっぱり、日本語はちゃんとできたほうがよいと後で思われたのかな??

うちの場合もまめっちママさんと同じで両親とも日本人なので、コミュニケーションが一番大切とする我が家では、まず家族間でのコミュニケーションがちゃんとできないと!って思うので、③になっては困ります。
④って、理想ですよね。
今のところ、私がやってあげれる範囲では②が目標。本人が英語を自らちゃんと学習したいって思ったときにしんどくないような基盤を作ってあげたいと思っています。そして、本人がやる気になったときに④を親子で目指せればいいかな~なんて思っています。

* by まちゅ
奥が深いですねぇ!
例えハーフでも難しいのかぁ・・・両方の言葉を使えるハーフによく憧れましたが・・・
ウチの四才の娘を「英語スクールに通わせたい」と私の両親に言ったとき、「まだ日本語も上手に話せない子に英語教えてどうする?」って言われました・・・
なかなかうまい具合にはいきませんねσ(´ε`;)
片親が外国の方の家庭でも難しいくらいなんですもんね・・・

ますぷぅ様へ * by まめっちママ
日本語と英語とどちらを母国語とするかという
根底がゆれると、③のパターンになるようです。
英語ができる方が確かに世界的にみると、
いいのだけれど、どうも日本語の難しさは半端
じゃないようで、英語を母語とするより、日本語を
ベースにした方が楽みたいです。
日本のように英語を使わなくても生きていける
環境でしかも英語教育に関しては非常に遅れて
いる国でも、正統派バイリンガルの方がいます
し、そういう方は今みたいに小さいころから英語
をやっていたわけでもないのに、ちゃんと立派
に仕事として成り立つほどに英語を習得している
ことを考えると、やはり英語は後からでも努力で
かなりネイティブに近づくことができるのではと
考えてしまいます。なので英語の下地作りと
考えてとりあえずは、②をめざすのがいいと
私も思います。

まちゅ様へ * by まめっちママ
そうなんです。バイリンガルって格好いいと
あこがれても実は結構悩みがいっぱいで
簡単じゃないんですよ。
まあどこまで求めるかっていうことですが、
②で十分という考えもOKですよね。
要は自分が英語を話せてどうしたいかなんです
けどね。

あ、うち1かも。 * by ごま
おはようございます。
的を得たパターンわけに笑ってしまいました。
その通りだと思います。
沖縄だからかな、周りにハーフの子も結構いましたし、英語で仕事をする人をたくさん知っていますが、4はいないかなぁ。
いい線いってる人はいますが、どうしてもどちらかが外国語の枠を超えられない人多いように感じています。

ハーフだとバイリンガルで当たり前ぽく思われますが、世の中そんなに甘くは無く、「血」だけではバイリンガルになれない現実。
うちはいまんとこ1にすら届かないかと思われます(--ヾ
バイリンガル教育難しい~(T_T)

ごま様へ * by まめっちママ
ごまさんのところはきっと英語が母国語に
なるから、またうちのパターンとは違うかも
しれませんね。
でも、英語がベースと決めたら、それを確実に
伸ばした方が絶対いいですよね。
ごまさんのところだったら、きっとできると
思います。
めざせセイン=カミュなんて・・・

* by Mojo
大変興味深く拝読いたしました。

私は日本語教師時代に、帰国子女のお子さんたちのクラスを担当したことがありますが、そのクラスでは、③の子達が比較的多く、日本人として悲しく思ったものでした。

ハーフのお子さんの場合、何語を母語とするかは親御さんの意向にもよると思いますが、どれも中途半端になってしまうくらいなら、②や①で良いのでは?という気がします。
日本語と英語は逆でもいいのですが(英語ベースで日本語がもどき!?)、いずれにせよ、母語のない状態は、本人にとってもキツいだろうと思います。

まあ、④が理想ではありますけどね(^^;


Mojo様へ * by まめっちママ
そうですよね。
どれも中途半端になるぐらいなら
②や①でいいです。
②を維持できたらまあそれでよしと
しなくては。
①に転落しないように頑張ります。

* by チャチャコ
こんにちは。とても興味深く読ませていただきました。

私の周りにはインター育ちの友人が多いですが、意外なことに彼らは④だと思います。皆、高校まで日本のインター、大学はアメリカです。が、彼ら曰く、就職したての頃は、日本語が下手だったと言っています。社会人になり、日本のお客さんと接する機会が増えるにつれ、日本語にも慣れてきたと言っています。私から見たら、どちらもものすごく流暢ですけど、大人になってからの彼ら自身の努力もあったのだと思います。

周りで一番多いのは、①かしら…。日本人なのに年少期にアメリカへ引越し、英語はネイティブで有名な大学を優秀な成績で卒業したけれど、日本語は子供のような語彙力しかなかったりします。

我が家もアメリカ引越しが決まり、①にならないように…と身が締まる思いです。どっちも駄目っていう③だけは避けたいですね~。

チャチャコ様へ * by まめっちママ
④の人が多いのは、すごいですね。
きっととても努力したんでしょうね。
そういう人はアメリカの大学でも優秀っていう
のが納得できます。
①は幼少期に少し英語もしくは日本語の環境
にいただけなので、言語習得にいたらなかった
パターンですよね。
②を維持するだけでもやっぱり大変ですね。
チャチャコさんのところだと、母国語がたぶん
英語にチェンジするでしょうから、英語を
ベースにして、日常会話に不自由なく日本語を
話せるようにしてあげることが一番ですよね。
うちも本当にのんびりしてたら、すっからかん
ということになりかねないので、頑張ります。

* by さりぃぃぃ
あたしは・・・②くらいなのでしょうか;;
ほんと、もどきですけどね~~~!!!(笑)
準ミスの知花くららさんは5ヶ国語くらいできるんでしたっけ?
でも正確には、沖縄の言葉は言語学的位置から見ると一言語として扱われているので(絶滅危惧種ですが)
+1で6ヶ国語話せることに~★
ということで、あたしも一応トリリンガル??w

お友達のところも * by うっかり主婦
これを読んで私のお友達のところにも思い当たるふしが・・・。

エジプト人のお友達がいるのですがそこの四姉妹、母国語がぺらぺら・・・と勝手に思っていたのですが、そこのママによると現地の子供より発音が悪いそうです。
また、発音できない音があるそうです。

長女さんはエジプト生まれで幼少期にイギリスで2年暮らし、その後日本に来たのですが、下の姉妹に比べて今でも日本語の発音が悪いです。
また、漢字なども苦手なようです。
英語は簡単な日常会話はしゃべれますが、ママに比べると中途半端です。

難しいですね~v-356

さりぃぃぃ様へ * by まめっちママ
沖縄弁は私にとっては外国語と同じ感覚です。
ちょっと方言のレベルを超えていますよね。
私の古い知り合いの先生で沖縄出身の方
がいますが、その人が故郷の弟さんと電話
してるのを聞くと、外国人ですか?
って思いました。
なのでさりぃぃぃさんは立派な
トリリンガルですよ。

うっかり主婦様へ * by まめっちママ
一見たくさんの言葉を話せていいなあと
見える人でも、ひとつひとつで見ると、結構
穴があって完全なバイリンガルってやっぱり
難しいんですね。
友人のパキスタン人とのハーフの子は
今、アラブ圏にすんでいますが、日本語の方
どうなったのか心配です。
いずれ日本に戻ってくるから、日本語が
中途半端だと相当苦しいと思うので・・・
無理せず、②を目指すのが無難なところ
でしょうか?

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。