オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理2023-12-31 (Sun)
 10年以上続いている老舗ブログですが、初めての方にもこのブログ
 の趣旨をご理解いただいて、大切なお子様の進むべき指針に少し
 でもなればと思います。

 このブログには娘の歩んできた英語教育のほぼすべてが書かれて
 います。生まれる前は、ただ元気でのびのびと育ってくれることだけ
 を考えていたので、胎教などもしていませんし、まして早期教育など
 考えてもいませんでした。

 ところが、友達作りのためにふらりと立ち寄った幼児英語教室の楽し
 そうな雰囲気に惹かれ、勢いで入会したことから想定外な方向へと
 進んでしまい、その何ヶ月後、運命のDWEシステムに出会い、いつ
 しか娘は英語を自由にあやつる子に育っていました。

 英語力を知るために、英会話教室の勧めもあって、英検は小学生
 から受け始めました。順当に合格していき、2年生になった第一回
 目の英検で2級にまぐれ合格してしまったのです。

 ただ、この時の合格は中身もよく理解していないのにリスニング点で
 合格したようなもので、本当の意味での合格とは言えないとずっと
 感じていました。そもそも高校生が受けるような内容を2年生の子供
 が合格してしまうようなシステムがおかしいのであって、決してうちの
 子供が特別だなんて思えるような出来事ではありませんでした。

 そこがずっとひっかかっていて、英検はそこでストップしました。
 その後は中学受験の方へシフトしていき、英語より他の科目を勉強
 することの方が圧倒的に多くなり、娘の進みたい道も英語ではなく
 情報関係へと大きく転換しました。

 そういう娘ですが、好きな洋楽や映画、アニメなどを英語で見聞き
 だけは続けていたおかげで、高校になってすぐに英検はとりあえず
 準1だけは合格しました。
 
 本人がそれ以上を望まなかったのと大学受験が大変でそれどころ
 ではなかったのもあって、1級はまだ取得していません。ただ、大学
 での授業がより実践的になり、使う機会が増えてきたので、もしかし
 たら次に進むかもしれませんが、それも娘次第です。
 現状はTOEFLが主流なので、そちらの点数を伸ばすことになりそう
 な気もします。どちらにしても英語はずっとかかわってくるので、幼児
 にやりすぎなくても十分大丈夫なんだということだけは確かです。

 我が家では誰も英語は話しません。
 親が英語を話さなくてもちゃんと子供は英語を習得できます。
 国語が得意な理系の娘という変わった状況ではあるのですが、国語
 ができたおかげで文系学部にも対応できるというのは大きかったです。
 
 家庭内で英語を話す必要はありません。
 これだけは確信を持って言えます。
 無理に親が英語を話す不自然さより日本語できちんと教育する方
 が何倍も有意義です。
 このカテゴリーでこれを声高に言うのはなかなかの勇気がいります 
 が、そういう趣旨のブログがあってもいいじゃないかという思いで、
 この姿勢だけは変わらず貫いています。

 それぞれの家庭でやり方は様々です。
 親が英語に堪能な家庭なら一人一言語教育は苦労が少なくて英語
 習得も早いのは事実です。しかし、それはその家庭の環境だからこ
 そなのであって、みんなが真似して同じになるということではないの
 です。

 自分の家ではどうあるべきなのかをよく考えて、より適切な選択が
 できるようにこのブログを送りたいと思います。

 新着記事はこの二つ下から始まります。


 

 いつまでも老舗が居座るのも
 どうかと思って引退するつもりでしたが
 意外にも再開を待ち望んで下さっている方が
 多かったので、再び舞い戻ってきました
 そんなブログですが応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村



関連記事
* Category : 初めての方へ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する