オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2016-06-17 (Fri)
 この間たまたまテレビであの有名な東大理Ⅲに息子を三人
 いれたお母さんの番組を見た。(本は読んでいない。)

 偶然かかっていただけなので、ああこの人がそうなのねぐら
 いの認識でしかなかったのだけれど、私とは違い過ぎるし、
 娘はたぶん絶対にあの家では無理だろうなと思うようなこと
 ばかりで、やはり誰にでもできることではないという確信が
 強くなっただけで、私には正直何も参考にするところはなか
 った。

 ただ、娘は素直に

 「うちには無理やし、あの家に生まれてたら
  泣いてたと思うけど、ちゃんと成果を出し
  ているところはすごいよね。
  あんな風にやってもらったら、楽やと思うよ。
  全部作ってくれるんでしょ?
  勉強の計画とか、覚える問題の穴埋めとか
  もう手取足取り全部やってもらえたら
  まあ勉強だけするならいいかもね。」

 何もしないで勉強しなさいと言う親よりは何倍もえらいとは
 思うので、それをやることが苦痛でなく、楽しんで趣味のよ
 うにやれるのなら、それはそれでいいのかなと・・・・

 私はそこまで人間ができていないので、娘のことにすべてを
 かけて自分の趣味を娘の教材作りにしたいとは思わない。
 娘の人生は自分で切り開いて欲しいので、ある程度親として
 サポートできることはするけれど、面倒臭いことを全部親が
 してやろうにはまずならない。

 そういうことをしてしまったら、面倒な煩雑なことをすべて
 人任せにしてしまって、細かい作業とかそういった陰で支え
 ているようなことを一生経験しないままで終わりそうだから
 私はそうはしたくないのだ。

 だから娘は東大理Ⅲなんて行けないんだけれどww

 もっとも、娘に言わせると、そういう頭のいい人は、面倒な
 ことをしなくていい職業についたり、下っ端がしてくれるか
 ら、案外あれでもいけるんじゃないのという寛容な意見なの
 で、柔軟性は私よりは随分あるようだ。

 ちなみに、3人を東大理Ⅲに入れる確率が兆だったので、
 あまりにもすごすぎて、宝くじ当たるより難しいやんと、ツッ
 コミどころがそこですかいというような感じで見てしまった
 から、親業失格かもしれない・・・・

 いや冗談はおいておいて、一番気になったのはそこではない。
 あのやり方は賛否両論あって当然なので、どうのこうの言う
 つもりは毛頭ない。うちの家族が気になったのはそこでは
 なく、あのお母さんを囲んでママ友ランチ会を開いていた
 シーンの方だ。

 申し訳ないけれど、テレビのコメンテイターの方もぽそっと
 言っていたように、周りのお母さんのよいしょがすごい・・

 もう持ち上げ方が半端なく、スターと同じ扱いなのだ。
 娘もそこは激しくつっこんでいた。

 うちはみんなだまって目標に向かうという主義で、人に左右
 されたり、教育本に感化されすぎたりすることを極端に嫌う
 傾向があるので、どうにも違和感を感じて仕方なかった。
 いや、えらいとは思うけれど、カリスマを持ち上げてみても
 自分のところもそうなるわけではないし、尊敬するならそっ
 と自分の中で見習うところを見習って、実践して頑張れば
 いいんじゃないの?と思ってしまった。
 
 できが悪くて邪魔とまで言われた人が後にノーベル賞に輝く
 こともあるのが人生。完璧に一切の無駄を除いて最短距離で
 成功するというのも、それも一つの道ではあるのだろうけれ
 ど、私は回り道してもいい、失敗してもいいから、そこから
 学んで這い上がる人になって欲しいなと思う。

 すべてはそこまで頑張れない人(私)の戯言だけれど、努力
 の方向がうちとは違うので、自分の家庭環境でできることを
 するしかないのだと、あらためて思った。

 ただ一つ言えるのは、どんな方法であっても、何もせずに
 愚痴ばかり言っている人生や人よりは、数倍素晴らしいとい
 うことで、本当に世の中には自分とは違う面白い生き方や
 考え方が無数にあるものだなと感心した番組だった。

 

 
 
 なんか深夜なのにインコが
 まだ起きていて、カゴにへばりついて
 こっちをガン見している・・・
 ごめんよ。あんまり今日は遊んでやってない
 のはわかってるんだけれど、さすがに
 夜中の一時じゃ寝る時間でしょ・・・
 と、忙しさに言い訳をしてしまっている
 まめっちママに励まし応援よろしく
 お願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育






 
 

 
関連記事
* Category : コラム
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by マリー
ご無沙汰しております(^^)

私も同じ番組をみました。
(内容から同じものを見たと思います)
本も読んでいません。
教育の在り方や方針は様々だなぁ~と感じました。
そしてまめっちママさんと同じ認識です。

娘が幼少期によく遊んでれたお姉ちゃんが、
灘中→灘高→京大ストレートを歩んでいます。
親が働きかけなくても自分で無駄なく進めていく
自立力(と言うか自活力)がある子供でした。

親が全て必要な準備をして子供に考える間を与えない。
方向だけ提示し子供の自立力に任せる。

どちらにせよ我が家に真似できない教育方針です(^^;)

まめっちママさんのお話しはいつもながら、
お嬢さんの総評にもうんうん頷きながら拝読させて頂きました。
ママ友ランチ会はインパクトありましたね~

マリー様へ * by まめっちママ
こちらこそご無沙汰しています。いつもコメントありがとうございます。最近は記事が出る間隔が延びすぎて、消滅するんじゃないかというぐらいにのんびりの更新になってしまってますが、色々ごたごたがあって、母が骨折して入院したりとか、娘も高校3年生になって、受験がせまっていたり、私の方は心臓の不整脈とかあったりして、なんかこう落ち着かない日々だったので、たまにこれは書いておこうというような出来事があった時だけ、気合いを入れて書こうかなみたいになっていますwwああいう番組は面白いですが、娘も私もお金にならない、それでいて人助けに一生をかけているような人のドキュメンタリーに心ひかれますね。そういうのは見ていて人間としての生き様を見せてくれるようで、心から尊敬の念がわいてくる気がします。人の幸せってそれこそ無数にあるのですよね。東大に子供が入って成功するのも幸せかもしれないけれど、アフリカの子供が学校に行けて目を輝かせる姿を見るために支援するのも幸せだと私は思っています。

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。