オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理2016-06-04 (Sat)
 受験を経験していない人はほとんどいないと思うが、今の子共
 は、早い子なら幼稚園から小学校受験の勉強をしている。

 中学受験をする子も増えてきて、小学生の4年生ぐらいからは
 塾通いを始め、6年生になるとほぼ毎日塾に詰めているなんて
 いう子も少なくない。

 受験しない子でも、近所の公文には通っていたり、何らかの
 お稽古事をしているので、暇な子が本当に少なくなっている。

 私は塾無しでずっと来たので、小学生時代は普通に放課後遊び
 中学でも自宅学習を毎日夜の12時ぐらいまでしっかりやって、
 予習復習を完璧にして、テスト前は逆に早く寝るということを
 実践してきた。

 もちろん、現在とは事情も違うので、それをそのまま今の
 子供達にあてはめるわけにはいかないのだが、とりあえず、
 思うのは、まずは今やることをしっかりやるということで、
 中学時代はそれを徹底した。

 高校に入るというのが中学生の当面の目標だと思うので、
 日々の予習をかかさずやり、授業をきちんと聞いて、予習
 していった勉強を再確認し、それが復習になるようにした。

 そうやっていれば、テスト前に焦って遅くまで勉強せずとも
 少しの復習ですむからで、社会などの暗記科目は、かなり前
 から、地図帳などは固い画用紙で拡大してオリジナルの地図
 を作り、そこにパズルのようにピースを当てはめられるよう
 にして覚えたので、細かいところが試験に出ても大丈夫な
 ようになっていた。

 要するに今しないといけないことを全力でやって、それ以外
 のことは極力せずに学校重視で頑張ってきた。
 でも、娘の場合は、私のように計画的に物事をできない子な
 ので、中学受験させることで、高校受験せずともすむように
 という思いはあった。心象が悪いことで内申点が下がるとか
 そういうことで苦労したくなかったというのもあったので、
 純粋に点数で決まる大学受験までは一貫校でいきたいと思う
 親心でもあった。

 中学受験塾を6年でやめるという暴挙もやったけれど、娘は
 常に冷静で自分を信じて今やれることを考えて行動していた
 ので、鉄の心臓もその時にできたのかもしれない。

 そして現在高校3年生。受験に向けての勉強を本格的にやり
 始めたのは高校2年からで、それまではのらりくらりとやっ
 て、微妙に落ちない程度に上位クラスに残れる絶妙な位置を
 キープしてきた。

 よくそれだけ計算したみたいにいつも同じぐらいの成績を
 取れるもんだと逆に感心したけれど、手を抜きつつ、頑張り
 すぎないようにして、娘なりに壊れないようにやっていたの
 だろう。

 小学生の時に壊れかけたので、それを乗り越えた娘は、どう
 すればいいかを自分で感じていたのだと思う。
 
 だから親がもう少し頑張ってもいいんじゃない?と思うこと
 もあったけれど、そこはぐっとおさえて娘が変わる日を待っ
 ていたのだが、高校2年生で自覚して日曜登校を始め、どこ
 で勉強するのが一番効率的か、どうすれば自分は集中できる
 のかを娘自身が考えることができるようになった。

 だから私は極力点数については何も言わなかった。
 たとえそれがどんな点数であっても、最終的にできるように
 なればそれでよしとして、とにかく解き直しだけはちゃんと
 するようにすればという気持ちでやってきた。
 かなり手を放して自覚にまかせていたとは思う。
 
 でも、最近になって娘から、クラスメイトが頑張りすぎて、
 最終段階で失速して勉強ができなくなってしまったというの
 を聞くと、全力で6年間走り続けることは、やはりするべき
 ではないのが正解だと思った。

 勉強は裏切らないから、努力する甲斐があると信じてやって
 きたらしいが、難問に躓き、過呼吸に陥り、教室で模試すら
 受けられなくなったそうだ。

 極端な例ではあるが、精神を平常に保てるように、調整する
 力が大切なのはいうまでもない。
 不安で仕方ないから、何かしておきたいと思う心は誰しも
 あるけれど、そういう時こそ体を休めて何もしない方がいい。
 
 人間はぼ〜としている時間も必要な生き物なのだ。
 
 そんなわけで、今日も娘はほどほどに時折漫画なんかも読ん
 だりしながら、私が読んでもわからないような難しい問題集
 に取り組んでいる。

 


 我が家のインコも賢くなって
 私が手に乗せようとすると、カゴに
 入れられるのがいやなのか、逃げて
 行く。そのくせ自分から寄ってきて、指
 をスリスリする何ともツンデレなのが
 かわいいと思ってしまうまめっちママに
 愛の応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育


 

 

 
関連記事
* Category : コラム
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する