オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理2016-05-02 (Mon)
 驚くことなんて書くと、何か特別なことでもあるのかと思われ
 るかもしれないが、別にとりたててすごいことがあるわけでは
 ない。

 一例を挙げるなら、有名人が在籍していたとか・・・
 あの会社の会長さんが友達のお父さんとか・・
 そういうことはたまにあるかもしれない。
 
 でも、娘の通っていた公立小学校にも子役のタレントがいた
 ので、一概には言えないかなとも思う。

 まあ、それはおいておいて、娘が一番驚いていたのは、有名な
 参考書の著者が、娘の学校の講師として授業を直接教えてくれ
 ていることみたいで、普通にそんな先生が客員講師として来る
 のが私立なのかと、私もびっくりしている。

 予備校いらずと言うのはこういうことで、本屋さんに置いてあ
 る参考書の著者が目の前にいるというのは、何か不思議な感覚
 でもある。

 そんなことを言うなら、うちも一応英単語集を作った本人が家
 にいるんだけれど・・・・
 案外、娘は身近な親は全く利用していないので、勿体ない限り
 だ。携帯アプリにもなっているのに、使うこともないし、私が
 教える家庭内授業がただなのに、わざわざ別の携帯アプリで
 古文単語も勉強していたりするし・・・・
 (私が作った古典総合のオリジナルプリントを使えよと思う)

 所詮親子はそんなもので、先生と生徒の関係になるのは難しい。
 
 で、先ほどの参考書の著者の授業はどうなのかと聞いてみた
 ところ、さすがに難しい本を書いているだけあって、内容が
 超難解だそう。

 さらっとこれはこうなっているのでと言われても、いやいや
 わかりませんから〜となるらしい。

 そのあたりはもう少し目線を下げてかみ砕いて説明してくれる
 方が有り難いみたいだ。
 えらい先生が教え方も上手いかというと、そうではないことも
 多いので、たぶんこれぐらいはわかるだろうという視点が生徒
 とはずれているのだろう。

 うちの娘の頭がもう少しよければ、それでもよかったのだろう
 けれど、サブの基礎参考書も使って、なんとか授業についてい
 けるように頑張っている。

 私は物理はちんぷんかんぷんで、何せ9点取ったことがあるぐ
 らいなので、(名前と記号を適当に書いてもそれぐらいになる)
 娘の参考書を見ても全然宇宙人の言語みたいな感覚でしかなく、
 私は娘にとって一ミリの助けにもなっていない。
 だから一応名の通った先生に教えてもらえるというのは、親
 としては有り難いことだと思わないといけないのだろう。

 私立に通うと、こういったメリットのようなものは確かにある
 のかもしれない。旦那の予備校も当然ながら高校に出張授業を
 しに行っているし、学校が予備校の先生を雇い入れることは、
 もはや珍しくはない。

 娘の学校にも旦那の同僚の先生が来ているし、塾と学校が
 こんな風に連携する時代が来るなんて、少し前までは考えら
 れなかったけれど、利害が一致したということなのだろう。
 学校は進学実績を伸ばせるし、予備校も生徒を確保できるし
 それぞれが絶妙に連携して、win winの関係になる・・・
 
 悪い話ではない。

 とはいえ、公立の良さも私は十分に知っている。
 生徒の穏やかさ、素直さは公立高校の子の方がむしろある。
 がつがつしていないというか、大らかで明るい・・・・
 そんな子達を見ていると、どこであっても子供達が自分に
 一番合っている環境の中で勉強することが最善なのだと思える。
 
 うちはたまたま私立を選んだだけのことで、私は公立出身だか
 ら、あの楽しかった高校時代と同じぐらい充実した生活を娘が
 果たして送っているのかと考えると、どっちがいいなんていう
 ことは言えないなとも思う。

 進学実績を重視するなら、私立の上位校がいいのは間違いない。
 それでも、学費が先日引き落とされて、目眩がしそうになった。
 この中に予備校のお金も含まれているのだと思って、わざわざ
 行かなくていいんだといい聞かせてはいるが、高校生活は進学
 実績だけではないので、後悔しない学校選びを世間の親御さん
 達にはしてもらいたいなと思う。



 
 パソコンの調子が激悪くて、
 文字を一文字打つ度にフリーズ
 して、ブログどころではなかった
 まめっちママに励まし応援よろしく
 お願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育



 
関連記事
* Category : 学校生活
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する