オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理2015-12-10 (Thu)
 先日、随分昔の記事に一つのコメントが寄せられた。
 コメント主が誰であるかは正直わからないのだけれど、英語
 育児で幼いころに英語しか見せてもらえず、日本語で見たか
 った、英語で見せないでという元子ども?の声だった。

 もしかしたら、英語育児に懐疑的な大人の偽装コメントかも
 しれないが、私はそれが本当であっても、嘘であっても、非
 常に理解を示せる話だったので、あえて釣りかもしれないコ
 メントに私なりの見解を書く事にした。

 英語育児をしている方なら一度は見たことがある、或いは積
 極的に子供に見せたい筆頭にあがる「マジックスクールバス」
 のアニメのことについてだ。コメントの内容はこうだ。

 どうしてマジックスクールバス日本語版の再放送してくれない
 の?かりんはね、楽しみにしていたんだよ、英語版なんて嫌だ
 日本語版にしてそしたら楽しめるでしょ。あたしは絶対また
 カルロスたちと一緒に大冒険の世界に入りたいのに、英語版は
 いやだからね、日本語版にしてね。

 ある程度年齢が上がった日本語のよくわかる子供は、英語版
 で見せられ続けるより、たぶん日本語版で見た時の面白さが
 忘れられないのだろう。

 もしこれが本当に小さい子で、日本語もわからないような年齢
 なら、そういう疑問を持たずに育ったかもしれない。
 でも、お話が上手で日本語を流暢に操る5才児ぐらいになると
 英語で見るより母語で見たいという強烈な思いがあるのは当然
 で、母国語方式をいやがって、英語から離れたくなる子供が
 出てきても仕方ないと思う。

 この子がいくつなのかもわからないし、今何才になっているの
 かもわからないが、マジックスクールバスは日本語で見るから
 よくわかるというのも事実で、当時の私の記事でも、そのこと
 を書いている。

 英語育児をされている方の多くが、割と小さい子にこれを見せ
 ようとしているのを多くみかけるので、私が当時疑問を呈した
 形の記事だった。もっと年齢相応のわかりやすい簡単な物から 
 スタートするべきという趣旨の記事だ。

 日本の子供が英語で完全に理解するには、内容が難しいし、な
 んとなく映像でわかったような気がするだけで、科学知識に目
 を輝かせるある程度知的年齢が高い子供なら、母語で確実に理
 解したいと思うのが筋というもの。

 学校で理科を英語でやるとか、そういうイマージョンの話とも
 通じるもので、それで上手くいく子もいないわけではないが、
 学力差が大きく出て来る科目を母語ではない言語で学ぶことの
 リスクは想像以上に高い。

 娘は今、高校生で理系だが、当然理系科目の難しさは半端なく
 日本語でもふうふう言う内容なのだから、ずっと英語で学び続
 けることはできはしなかっただろう。
 ただ、マジックスクールバスぐらいなら、問題ないレベルだか
 ら、別に目くじらたてて日本語でないといけないことはないだ
 ろうと思うのも間違いではない。

 この子のような考え方もあるし、それを難なくこなして上手に
 進んでいく子もまた存在するから、どちらも間違いではないだ
 けに厄介なのだ。
 だからこそ、親の判断がとても重要になってきて、子供の適性
 性格、能力を正しく見極めることの怖さを感じる。

 一人よがりで、よかれと思って英語しか見せてこなかったけれ
 ど、本当は心でこんなことを思っていたとしたら・・・・

 うちの娘は意志がはっきりしていたので、日常で英語を使う
 ことは完全拒否だし、日本人同士で英語で話すのも絶対にし
 ない。見たい物も英語版で見るのは、原作が英語であるか、
 英語で見た方がイメージにあっているかのどちらかしかなく、
 日本のアニメも英語で見続けることはしなくて、日本語で堪
 能してから、自主的に英語力のために自分が英語で見ようか
 なと思えば見るというスタンスを今も貫いている。

 子供がみんなこうであるわけではなく、親の期待通りにし続
 ける健気な子もいるだろうし、頑固に最初から英語拒否の子
 もいるだろう。それこそ一人一人違うのだから、一律のこれ
 が正しいという方法はないのだと、つくづく思う。

 だからいつも私は本に頼らず、人の言う事に惑わされず、自分
 のオリジナルテキストこそが子育て本だと言い続けている。

 子供がコメントを書くことはないし、恐らく書いた方は、今は
 年齢が上がっていて、少なくとも漢字も書けてブログを読める
 年齢に到達している人なのだろう。
 
 こういう意見があるということを肝に銘じて、いつまでも親業
 は試行錯誤しながらやっていくしかない。
 




 娘のやっている物理、化学が
 難しすぎて、自分の文系頭には
 ついていけない世界になっていることに
 ショックを受けているまめっちママに
 愛の応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育




関連記事
* Category : コラム
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する