オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2015-09-29 (Tue)
 タイトルがちょっと刺激的で申し訳ないのだけれど、長年教
 育業界でたくさんの生徒を見てきて、英語のアドバンテージ
 というか、本当に早期教育が有利なのか、帰国子女にはかな
 わないのか、そこをずっと追跡してきた結果、一つの結論に
 到達した。

 もちろん受験ということに特化した話なので、そういうもの
 を求めていない方には、少し違った感じ方になるかとは思う。

 一般的な、日本で育って中高で英語を学び、こつこつ努力型
 で勉強してきて大学受験していく大多数の生徒を対象にした
 話ということで、海外の大学に進学するとか、帰国子女枠で
 受験するとか、英語に特化したAO入試を狙っているとか、そ
 ういう特殊な事例ではないことをお断りしておきたい。

 娘の学校でもほとんどが努力型で勉強して力をつけてきた子
 が多く、娘のようなパターンはかなり珍しいと言える。

 もちろんうちの場合も、幼稚園だけが少し英語で保育してい
 たというレベルで、一般と変わらず、公立小学校、中高一貫
 校受験のために、英語は早々に切り上げ、家で細々と洋画や
 アニメなどの英語を見ることで維持してきただけなのだが、
 それでも娘のような子は帰国子女もどきと見なされ、小さい
 時にやってたからいいよねと言われてしまうことも多々あり、
 まあそれは違うのだけれどと、説明するのも面倒臭く、娘も
 この頃は開きなおって、それでも一位だからとそれをネタに
 している状態だ。

 友達もそこはわかっていて、誰も娘には英語で勝負を挑んで
 は来ないのだが、決して安心しているわけでもないし、これ
 でいいなんて思ったことは一度もない。

 というのも、娘の英語の傾向を見ていると、確かに読解やリ
 スニングは帰国子女型特有の感じで、普通にすーと読んで、
 頭に内容が入ってくるとか、耳をすませなくても楽に聞き取
 りができるとか、そこはもうアドバンテージだと言っていい
 ような傾向がはっきり出ている。

 でも、唯一かなりダメだなと思うことがあるのは、英作の
 部分で、採点者が日本人である以上、正確な文法が要求され
 るし、受験向けのきれいな型にはまった構文で減点されない
 書き方をしているかどうかが、最重要になってくる。

 ここがなんちゃって英語の悲しいところで、現地の学校で
 勉強したわけでもなく、幼稚園時代の幼い英語力から我流で
 日本にいながらにしてテレビやDVDから勉強した娘は、誰か
 らも英文法をきちんと直してもらったり、添削してもらって
 いないので、しかも親の私もそれができないというのもあっ
 て、やはり日常会話っぽい英語しか書けない。

 その点、きちんとポイントを押さえた書き方を予備校や塾で
 習っている賢い生徒は、そつなく得点してくる。

 某最難関男子校の生徒は、英語があまり得意ではなかったが
 さすがに元々の頭のよさか、きちんと英語の基本がわかって
 くると、ゆっくりではあるけれど、確実に落とさず答案をし
 上げ、結局スピードでさらっと解いてしまうような帰国子女
 より点数が上だということがざらにある。

 娘もその傾向があり、GTECのような帰国子女に有利な試験
 では、ほとんど負けないけれど、模試などではいつも一位と
 いうわけにはいかず、下手をすると10番ぐらいの時もある。

 添削を見ていても、英文法の細かい減点が多く、確かに英語
 を聞いて歌を楽しみ、海外のアーテイストのtwitterを読んで
 それに質問ツイートしたり英語でできるので、受験英語より
 実践的な英語力を持ってはいるのだけれど、大学入試には
 必ずしも完璧ではない。

 ただ、英検などの級のアドバンテージで、センターを満点扱
 いにしてすでに入試に取り入れている学校も増えてきている
 ので、そういう意味では、得したと言えるのかもしれない。

 でも、まだまだ現状では英語で授業すら困難な状況だし、そ
 れをやるような環境も整っていない。外部試験を利用する
 大学は増えるかもしれないが、どういう方向に行くのかは
 まだまだ未知数というところだろうか・・・・

 

 

 なんだか世間では福山雅治が結婚したと
 大騒ぎして、やけ酒飲む人が続出した 
 なんて話もあるけれど、逆にあれだけの
 イケメンが残ってたのが不思議なぐらい
 で、落ちつくべきところに落ちついたんだ
 ねとしか感じないのも、おばさんになった
 証拠?なのかなと思わないでもない
 まめっちママに愛の応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育
 
 
関連記事
* Category : 英語勉強法
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。