オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2015-09-22 (Tue)
 中高一貫に入学してから、今までのように絵を描いて出展し
 たり、工作したりすることはほとんどなくなり、娘の美術の
 センスを生かすような機会はあまりなかった。

 受験を意識して勉強重視にならざるをえないので、学校も
 高校生になってからは、美術の授業自体がないぐらいで、
 娘は残念がっていた。

 だから今まで入賞した数々のものは過去の遺物と化し、飾ら
 れているトロフィーや盾も心なしか寂しそうに見えていた。

 そんな娘だけれど、先日ひょんなことである人から娘さんの
 名前は○○じゃないですか?と言われた。

 予備校に来ている生徒の保護者の方で、偶然にもうちの近所
 に住んでいる人だった。なぜ娘のことがわかったかというと、
 娘の昔描いたポスターの記録が今も残っていたのだ。

 当時、学校を欠席してその表彰式に出席しなさいと言われた
 名誉ある賞だったので、それがずっと市の記録として今も
 残されているようで、あの時のポスターがこうして何年もた
 っているのに、まだ人の目に触れるような記録として保存さ
 れていたのがうれしかった。

 娘の描いたポスターは消防署の防火カレンダーにもなってい
 るので、それもたぶん残っているだろう。

 私は娘にはそういう方向に進んで欲しかったのだけれど、皮肉
 なことに娘はそうはならなかった。遠い日のそろばんの記録で
 すら未だにネットに残っている。

 でも、そのどれも娘は選択せず、なぜか一番親が望んでいなか
 った勉強の道に進むことになった。
 もちろん勉強はやって損するものではなく、実際便利で夢のあ
 る物作りをするという娘の目的のためには、理系工学部に進む
 というのは、妥当な選択であって、海とも山ともわからない
 芸術系に進まなかったことは、堅実な生き方だったのだと思う。

 娘自身も、自分の才能なんて大したものではないということを
 自覚しているし、だから今はもう一つの娘が小さい頃から得意
 だった物作りの方へ行くのだと言う。

 では完全にそういった夢を捨てたのかというと、自分の子供に
 は、やはり音楽の道とかに進んで欲しいなんて言うのだから、
 心の中は複雑に揺れ動いているのかもしれない。

 自主的に生きて欲しくて、私は娘に強制的にこっちの道へと
 いうような誘導はしなかった。でも、本当はある程度そうして
 やった方がよかったのかもしれない。

 世間でもスポーツ選手や芸術家は、たいてい小さい頃から親が
 その職業だったとか、その道一筋で最初はいやだったけれど、
 それしかやってこなかったうちに、段々それこそが自分の道だ
 と思えるようになって、結局最後はやってよかったになってい
 る例が多いので、そういう道を選びたかったら、親の強制的
 誘導も必要だったのかなと・・・・・

 どうすることが一番よかったのかはわからない。
 でも、ここまで来たからには、もう後戻りはできないわけだか
 ら、最後は娘自身の選択を信じて、その願いが叶うように祈る
 だけだ。

 人生は何度でもチャレンジできる。だから今はこれが最善と
 思って、とりあえずは一つ一つクリアしていこう。
 ああすればよかったかなとか、こうすればとか考えるより、
 決めたことに向かって努力することが結果的に人生を切り開く
 ことになるのだから。

 



 シルバーウイークでも休まず登校する娘
 こちらもいつも通りの仕事があるし
 何ら変わらぬ日常生活を送っている
 まめっち家に愛の応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育
 
 
関連記事
* Category : その他
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。