オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理2015-07-22 (Wed)
 英検合格の証書が送られてきた。どこがどれぐらいの評価だった
 のかを見て、娘の自己評価の正確さに驚いた。
 彼女はできないところははっきり自己分析できているし、できた
 というところは必ずそれなりにできている。

 だから今回は絵カードが分かりやすかったので、そこはちゃんと
 説明できたと言っていた通り、確かによくできていた。
 そこさえ分かれば、後はそれに関連した質問か、ちょっと近い別
 の話題について意見を求められるので、そこはもうその時の出た
 とこ勝負でいいよと、お気楽に受けたので、こちらは心配で仕方
 なかったのだが、英語の作文の準備をしなくても、普段から新聞
 やニュースで出来事を把握していて、今何が社会で問題になって
 いるのかさえわかれば、英語そのものはその時に適当に言っても
 大丈夫みたいだ。

 高得点を狙うなら、もっと文法や表現に磨きをかけて、正確に
 模範解答のようなことを言えた方がいいとは思うが、合格するだ
 けなら、自分の意見を持っていさえすれば、一次を合格できる力
 を持った人なら、何とかなると思う。

 今回上手くいった秘訣があるとするなら、たぶん普段しつこいぐ
 らいに、好きな物を毎日聞き続けて見たからだと思う。
 娘が繰り返し同じ物を見続けたり、聞き続けるのは、ずっと昔か
 らそうだった。子供は繰り返しを厭わないと言うけれど、大人に
 なってからも、娘の場合は続いている。

 集中して何時間も勉強はできないくせに、いい加減に飽きてきた
 だろうとこちらが思うほど、一つにのめり込むと、そればかりを
 見続けたりできるのだから、不思議だ。

 フォールアウトボーイの歌も、前に紹介した「サウスパーク」
 も、娘のマイブームとして毎日のように楽しく聞いている。

 とりわけ「サウスパーク」はあまりにも面白くて、DVDを注文し
 てコレクションしてまでも見たいと思う熱中ぶりなのだ。

 これだけ毎日熱心に見ると、英語力もついてくる。
 ものすごいスピードでまくしたてる英語。考える暇などない速度
 だけれど、娘には関係ない。何度聞いても、英語は日本語と同じ
 感覚で、意識せずに口から出て来るし、耳に入ってくると言う。

 英検の二次の面接でも、知らないことは答えようがないけれど、
 自分の知っている範囲の話題や考えがきちんとある分野に関して
 は、頭で作文しなくても普段英語を死ぬ程聞いていると、口から
 勝手に聞いたことがある表現が出て来るようになる。

 今回も質問の何番目かで詰まったのだが、英単語がわからないと
 か、そういうことではなく、その話題に自分の意見を持っていな
 かったからで、もっともらしいことを言うのに少し時間がかかっ
 たけれど、言っているうちに口からどんどん出てきて、途中で面
 接官が評価を変えた(たぶん)ような気配が見えたと言うぐらい
 に、冷静に対処できたのは、娘の図太い神経のおかげだなと思う。
 
 消しゴムか何かで消して評価を書き直していたと言っていたので
 よくそんなところをそういう場面で見る余裕があるなと感心した。

 自分では「やばい、言う事ないねんけど、どうしよう」と思って
 いたそうだが、とりあえず何か言っているうちに調子が出てきて、
 気づいたら、勝手に英語が口から飛び出してしゃべっていた。

 私がその場にいたわけじゃないので、そう言われてもどんな感じ
 なのかは理解しずらいのだけれど、たぶん何も考えていなかった
 んだろうなと思う。適当に思いつくままに言えることだけは言っ
 たという感じだろうか・・・・

 送られてきた評価を見てみると、絵カードは高得点。
 詰まったと思われる質問評価はぎりぎり及第点。
 アティチュードは2点だった。
 全体的にはあまりいいできとは言えないが、期末で対策なしで臨
 んだから、上手く言えなくても仕方無いだろう。
 合格したのだから、結果オーライでいいかなと・・・・

 神経質になりすぎず、落ちついて言えることを言うでいいと思う。
 どんなに頑張っても、日本育ちで小学校も中学高校も日本にいる
 娘が、本物のネイティブになれるわけじゃない。
 だからこれで十分。

 学校では、今娘を見ている友人達が、みんな将来子供は娘みたい
 に育てたいと言っているらしい。
 いや、それがいいかどうか・・・・・勉強しない子になるから
 私はお勧めではないのだけれど・・・・・

 幼稚園しか英語環境にいなかったし、そこも日本人ばかりの所だ
 ったから、決してインターナショナルスクールではなかったのに
 とりあえず、つらい受験型の勉強をしなくても、こうなった娘を
 見て、子供にはそういう形の勉強をさせたいと痛切にみんなが思
 っているそうだ。

 確かにそう言われればそうなのかもしれない。
 でも、わずか3年ほど英語保育していただけで、その後フォロー
 がもし何もなければ、英語なんてすっからかんに忘れて、それこ
 そ、中国残留孤児が日本語を全く話せないのと同じになるのだと
 いうことを知った上で、やって欲しいなとは思う。

 ずっと続ける親の忍耐と、子供の飽くなき好奇心があればこそで
 単に幼稚園で英語をやった子はみんな英語で苦労しなくなるわけ
 ではない。うちでも5年までは必死で維持するための投資はした。

 英語のDVDや絵本はある程度買ったし、かけ流しもきちんと毎日
 考えてローテーションしていた。こちらが時期を見て新しい物を
 投入したり、また戻って流したり、色々な工夫をしたからこそで
 何もしなくて勝手に英語を忘れずに大きくなったわけでは決して
 ない。

 そのあたりをみんなあまりわかっていないようで、よく覚えてい
 たよね。と、びっくりされるのだけれど、覚えていられるように
 努力したと言うのが正しい。

 英語ばかりやっていたわけじゃなかったし、中学受験がメインだ
 ったから、勉強重視で英語を忘れないように維持するというのは、
 そんなに簡単ではないということを、娘の友人達は知らない。
 
 娘も苦笑して、誰でもできるわけじゃないよと言っていた。
 自分はそれほど苦労したという気持ちはないけれど、同じように
 やってみんな同じ結果にはならないということは、プリ出身の
 子供達のその後を見ているとわかる。

 ただ、うちの場合、英語が覚える科目化してしまって、苦しんで
 勉強する物にならずに済んだということだけは幸運だったと思う。

 それが当初の目標だったし、英語でご飯を食べるという方向に行
 かない娘には、これぐらいの緩さで丁度いいのだ。

 もっとやりたくなれば、自力でできるところまでは来た。
 後は本人がどう考えるかだけだ。

 



 パソコン変換で知っていると入力したら
 死ってとなってしまう馬鹿変換・・・
 どうにかならないかなと思うまめっちママに
 励まし応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育



関連記事
* Category : 英検受験記
* Comment : (3) * Trackback : (0) |

* by やよい
前にもコメントさせてもらった者です。
いつも勇気をもらっています。
幼稚園時代はプリに行って、今小学校一年生になりました。
ブログを読んでて、うなずくことばかりです。
維持するのに頑張ってる最中です。
プリのアフターにはとりあえず週2通ってます。
公立に行っているので、私立に行ってる子より楽なので、一年生で余裕のあるうちにせっせと貯金しています。
貯金出来てるだろうかと不安がよぎりますが、コツコツとやってるつもりです。
私がTOEICビレッジの本を買って、どんな内容か見ようと思って置いておいたら、勝手にCDを入れてリスニングを35問程やっておりました(笑)
日本語の本はよく読むので、図書館の本や購入したりで、問題ないのですが、あまり英語の絵本や洋書を手に取ろうとはしませんね。
英語は聴いてる方が楽なようで、DVDを観たり、聞き流し用のCDの方がいいみたいです。
コナンの漫画は好きなので、英語版で観せたり、漫画本は与えたり。
本をもっと読めるようになる工夫やどんなことをされてましたか??
娘は10月に英検3級を受ける予定です。
まだ何も対策していませんが、5級4級と何もせずに受けて合格しているので、というか英語自体、勉強の対象に入っていないというか、自然にここまで来れたので、、、
とりとめもない文章になってしまい、申し訳ありません。
ざっくりなんとなく英語が入っているのをちゃんと読めるようにしておきたいと言うことなんです。
アドバイスお願いしますm(_ _)m

やよい様へ * by まめっちママ
いつも読んで頂いてありがとうございます。こんなに長く続けていても、まだ読んで下さる方がいらっしゃることに感動です。さて、読みの件ですが、うちも特別な読みの訓練はしていないし、何となく英語を聞き続けてきたら、いつのまにか何でも読めて聞けるようになったという感じなのです。
ただ、好きなアニメの漫画本は熱心に読んでました。ドラゴンボール全巻祖父に英語版を買ってもらって電車内で次々と読んでいってました。コナンはアニメのDVDを何度も聞いていました。とにかく日本のアニメの有名なものや英語版があるものは買い集めて見て聞かせてをやってきました。
うちはあまり読まない子だったので、聞く、見るを徹底して、読ませるのは強制しなかったです。アフタースクールで絵本を読んでいたようで、それ以外では英会話スクールでサイエンス関係の雑誌を少し読んでいたかな・・・それぐらいです。
あまりペーパーバックなどは積極的に読みはしなかったですね。
本当は洋書を読んでいくのがいいのだとは思いますが、個人の好みの問題もあるし無理に読ませようとしてもいやがるので、好きな物を楽しんでというのが、結局一番いいんじゃないかと思います。好きな物は放っておいても勝手に聞くし、小学校高学年の頃には、朝一人先に起きて、ハンターハンターのアニメの音声をウオークマンに入れてました。英語じゃなくて日本語ですが、それは彼女にとって意味のあることだったんです。英語をいつも聞いていたので、日本語でのセリフとどう違うのか、言い回しの違いが気になったりするので、それを確かめたりして、両方の言語力を磨いていったみたいです。だから洋書を読むことも大事ですが、日本語をたくさん読むことは悪いことではなく、日本語の本が好きなら、そっちを優先して英語は耳と映像派でもいいと思います。うちがまさにそうでしたから。子供の個性に合わせて進めるのが一番ということで、そのうち急に読むようになるかもしれません。じっくりまだ時間はあります。気長にいきましょう。

* by やよい
早速ありがとうございます。
その時々、どんな取り組みをされたのかなって、いつも参考にさせてもらっています。
うちも女の子で一人っ子なので、とても勇気づけられています。

お返事を拝見させてもらい、ちょっと安心しました。
気長にやって行こうと思えました。

これからも思うことをどんどん書いて下さいね!
いつも楽しみに読んでます。
ありがとうございました。

コメント







管理者にだけ表示を許可する