オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2015-07-09 (Thu)
 定期考査も終わり、英検も終了し、本来なら気が抜けてしまって、
 ぼーと過ごす娘が、未だに早朝登校し、居残り学習も継続し、普段
 も定期考査も変わらない勉強をしている。

 今までならこんなことは絶対になかった。娘に限ってそんな真面目な
 ことをするとは思えず、太陽が西から昇るぐらいの驚きだ。

 大袈裟ではないけれど、それぐらい娘は全然根性なしで、やる気があ
 るのかないのかわからないようなのらりくらりだったので、いつ目覚
 めるんだと、半ば呆れて、もうどうとでもなれと思っていた。

 いつかきっと自覚して自らやってくれる日が来ると信じて、じっと
 我慢の日々だったのだが、本当に高校生になってから、少しずつ変化
 が見え始め、2年になってからは信じられないぐらいまともに勉強し
 始めた。

 もっとも、それでも要領がいいとは言えないので、まだまだの感は
 あるが、毎日5時起き登校は、ちょっと見直した。

 私もお弁当をそれに合わせて作らないといけないので、かなり眠い
 のだけれど、寝ているわけにもいかず、這うように起き上がって、
 弁当を作って、そしてまた眠るという日々が続いている。

 うちは夜型の仕事なので、深夜の作業が多く、朝5時はかなりきつい。
 洗濯機を回せず、眠すぎてそのまま寝てしまったこともある。

 みんながリビングで寝落ちしていたということもあったりで、生活
 習慣を朝型に変えた娘に合わせるのは結構大変なのだ。

 でも、少しでもサポートしてやらないといけないと思って、なんと
 か、旦那も深夜の作業で眠くても、今は梅雨なので雨がどしゃぶり
 だったりすると、車で駅まで送ってやりたいという気持ちがあって、
 その時間に起きて送迎しようと努力している。

 娘にその気持ちがどれぐらい伝わっているのかはわからないが、
 親がいい大学に行ってくれとか、こういう進路に行って欲しいとか
 そういう気持ちからではなく、純粋に一生懸命頑張る子供を応援し
 たいから、できることをやろうという気持ちからなのは、たぶん
 伝わっていると思う。

 今回のテストでは、前回ダメだった化学が少し挽回できたのだけれ
 ど、物理が難しくて、あっちをやるとこっちが下がるみたいに、な
 かなか全部できたにはならないのが辛い。

 でも、理系科目は理解できれば、ある程度何とかなる部分が大きい
 けれど、今一番困っているのが、実は地理。

 なんかものすごく細かくて虫眼鏡がないとわからないぐらいの地図の
 等高線を読み解く問題にてこずっている。

 まあ、確かに娘は地図を読んでどこにでもいけるタイプじゃないし、
 道に迷う素質は天才かというぐらい、たどりつけない超がつく方向
 音痴なので、地理ができないのもわからないではない。

 元々嫌いなのだろう。でも、それでは困るので、何とかしてやらない
 といけない。娘は地理を教えてくれる先生が欲しいとまで言う。

 数学や英語の家庭教師ならわかるが、地理はね・・・・・

 参考書読んで、問題を解いて覚えれば、それほど難しいことはないと
 思うのだけれど、社会嫌いは中学受験の時からそうだったから、しょ
 うがないなと思う。

 とりあえずは、前の担任の先生が地理だったので、先生にとことん
 わからないところを聞いてくるようには言ったけれど、シャイなので
 できるかどうか・・・・

 娘の面白い連絡帳を楽しみにしてくれている先生だったから、きっと
 力になってくれると思う。勇気を持って質問しに行って、とことん
 先生を頼るのがベストだと思う。

 私は老眼が進行し、娘の地理の地図は全然見えないし、見ると頭が痛
 くなってくるような細かさなので、手助けはしてやれそうにない。

 自分で勉強するしかないので、わかりやすい動画授業を見たり、類似
 問題をやって、理解してもらうしかないだろう。

 わからないままにせずに、読み物として楽しんで勉強できるように
 何か地理の本を買ってきた方がよさそうだ。
 今度娘と本屋に行って、地理の参考書なり問題集を買ってこよう。

 私が勝手にアマゾンで注文しておいてもいいのだけれど、娘自身に
 選ばせた方が、やはりいい気がする。

 娘には変なこだわりがあって、カラーの図などが書かれているのは
 青色系はいいけれど、オレンジなどが使われているのは、いまいち
 だそうで、目に優しい?というか見やすいと感じる色味で書かれて
 いるかどうかが、参考書選びの基本になる。

 だから娘自身が本屋で中身をしっかり確かめて、いやな色彩でない
 ものを選ぶべきなのであって、私が勝手に購入するというのは、
 できたら避けたいのだ。

 とりあえず、試験も終わったことなので、土曜日ぐらいに本屋で
 じっくり中身を確認して、娘に決めさせようと思う。




 そう言えば、地図は私も苦手だったな・・・
 社会が嫌いなところは親子で似てるかも・・・
 日本史の細かすぎる資料が大嫌いで、地理は
 先生の顔が好きじゃなかったから、勉強する気が
 おきなかったし・・・(すいません)
 遠い昔を思い出して、懐かしんでしまった
 まめっちママに応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育






 

 
関連記事
* Category : 学校生活
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。