オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理2015-06-25 (Thu)
 定期考査が近づくと、娘は毎日早朝5時起きで学校に登校する。
 家では早く寝て、早朝学校で始業前にとりあえず1時間は集中して
 朝勉するためだ。

 そのまま居残りもするので、学校には7時過ぎから夜の8時ぐらい
 までいることになる。そうすることで、家ではほとんど何もせずに
 早寝早起きできるようになった。

 親の小言もぐっと減り、毎日頑張っている姿にそっと後ろからエール
 を送るという日々が続いている。
 
 学校の友人の雰囲気がすでに受験モードみたいになっているので、娘 
 もそういう雰囲気になっていて、習慣づけているうちに、今まであれ
 ほど起きられなかった朝、目覚ましを逆に起こすようになった。
 そんなことは、今まで考えられなかったのだが、人間やればできるも
 んだとびっくりしている。

 どんなに目覚ましがけたたましくなっても、隣で寝ている他の家族が
 気づいて止めにくるまで爆睡していた娘なのに、この頃はちょっとの
 物音でも起きるようになった。

 その昔、ランプのショートで火花がカーテンに飛び散って、こげる
 という事件が起きた時でも、娘は一人寝ていて起きなかったのに、
 この変わりよう!

 時期がくるのを待つとはこういうことなのだろう。
 成長する時は必ず来る。遅いか早いかの違いはあるが、人はみんな
 変わる力を持っているし、そうしないといけないと強く感じた時には
 ものすごい力を発揮することができるのだろう。

 遅い目覚めではあったけれど、今確実に娘は自分の勉強のサイクルを
 作り始めている。クラスの多くがそういうモードになっているのも
 幸いしていて、さぼろうと考える生徒はほとんどいなくなってきてい
 る。もちろんこれは上位クラスだからというのもあるが、お互い負け
 たくないというクラス対抗意識みたいなものもできてきて、学年最高
 点(科目ごと)はどこそこのクラスからだったとか、隣のクラスに
 平均で勝ったとか、そういったことがやる気のモチベーションアップ
 につながり、全体で入試を勝ち抜こうという気迫も出てきた。

 上手い持って行き方だと思う。私立中高一貫校ならではのきめ細かい
 指導は、やはり娘のようなのんびり屋にはよかった。
 公立でも私は正直いいと思っていた。自分がそうだったから、特に
 私立に対するあこがれもないし、勉強なんてしょせん自分でするもの
 だという意識が強かったので、住んでいる地域が大阪だったなら、た
 ぶん公立を選んでいたと思う。

 でも、今の地域は小学校の成績上位層はほとんど私立中高一貫に進学
 してしまうので、おのずとそういう選択になった。
 近所に地域一番の公立高校があるのだが、そこならすぐに通えるのだ
 けれど、結局かなり遠い今の中高一貫に通うことになった。
 どっちがよかったのかはわからないけれど、たぶん娘には今の学校だ
 からこそ、規則正しく起きたり、遅刻もせずに毎朝、決まった電車に
 乗って通うということができるようになったのだと思う。

 近すぎる学校だと、恐らくまだ寝てていいでしょとなって、下手する
 と始業ベル寸前なんてことも十分あり得る。
 娘はゆるいところに行くと、それなりになる子なので、ちょっと厳し
 目で丁度いいのだ。

 今回の定期考査は、まるでどういう勉強をしているのかが見えない。
 学校ですべて完結しているので、家で何をやっているか把握しずらく
 なっている。でも、全然心配はない。今までは下手に見えたために、
 まだあんなことをやってるとか、集中してないなとか、携帯見たり、
 twitterをやってしまったりしているのを見て、もっと真面目にやれよ
 と思うことも多かった。

 でも、学校なら携帯もyoutubeも見ることはできない。
 誘惑が一切ない状態で、勉強に専念できるので、ダラダラと時間ばか
 り立つのをいらだって見ることもなく、本当に親子ともバトルせずに
 すんで精神衛生上もかなりいい気がする。

 私の教えている生徒もそういうタイプで、塾にこもって勉強している。
 そこなら一切の誘惑がないからで、真面目に毎日来て勉強している。
 こういうメリハリがつけられる子なら、家でのんびりしていても問題
 ないわけだ。
 
 娘も家では、携帯で海外アニメの動画を見ていたり、twitterの情報を
 眺めていたりして、リラックスしていて、10時半もすぎると、眠り
 に入る。学校でも懇談会の時に言われるのだが、高偏差値大学に合格
 している生徒のほとんどが11時ぐらいに就寝しているとのこと。
 
 最初は、そんなことあるわけないと思っていたが、今は信じられるよ
 うになった。娘も今はそういうスタイルになっているからで、日付が
 変わって起きていることは、ほぼなくなった。

 あれほどひどい夜型だった子がこうも変わるのだ。
 もちろんこの先どうなるかはまだわからない。休みに入って生活が乱
 れることもあるかもしれない。きちっとしすぎて反動が来ないとは限
 らないので、まだ見守る必要はあると思う。

 あと一年半。できる範囲でそっと寄り添っていこうと思う。
 



 インコがものすごい夜型で、なんで
 鳥のくせにこんな時間まで起きてる
 んだと不思議で仕方無いまめっちママに
 応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育



関連記事
* Category : 学校生活
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する