オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理2015-05-26 (Tue)
 普段、英文には学校でも結構接している娘だが、日常では日本語に
 どっぷりつかって英語を話すことはほとんどない。

 スカイプ英会話もしなくなって久しいし、英会話の授業も中学校では
 あったが、今は受験勉強に特化していて、小難しい長文を読まされ、
 テストでも入試に出ますよという文法系の書き換え問題などばかりで、
 生の英語を聞いて話す機会はほとんどないと言ってもいい。

 だから独自で英会話スクールに行くか、テレビや映画で英語を聞くし
 か英語力のブラッシュアップはできなくて、娘の聞いている洋楽が
 唯一の英語の勉強と言えるような状態だ。

 そんな中、ミュージックTVなどに好きなFOBが出るというだけで
 録画しているのに、更に生番組にかじりついて見る娘は、そのわずか
 なチャンスだけでは物足りなかったのか、遂に夢であこがれのパトリ
 ック(ボーカル)に会えたそうだ。サインしてもらって一緒に英語で
 しゃべっていたというから、よほど思いが深かったのだろう。

 何をしゃべっていたのかは知らないけれど、5分ぐらい話していたそう
 で、まさか夢で英語しゃべってるなんて思わなかったよと言う。

 元々娘は人に英語を聞かれるのが嫌いだし、話したくないタイプなの
 だが、逆に夢だから思うことを話せたのかなという気がする。

 注文していた雑誌も無事届いたし、ポスターもゲットし、うれしさで
 一杯の娘。ゲームやメールに熱中するよりはずっといいし、この年齢
 なら好きなタレントとか、芸能人がいても不思議じゃない。それが
 海外の人だったというだけで、何かに熱中するのは悪くないし、どん
 な事でも、ひたすらやり続けたものは、それなりに物になるものだか
 ら、娘の英語もたぶん思っている以上にきっと力は確実についている
 のだろう。

 試験のための英語の勉強はあまりしなかった娘なので、見栄えのいい
 英検などは進まなかったけれど、それでもストレスなく英語がわかる
 というだけで、もう十分すぎるほど、親世代からしたら羨ましい話な
 のだ。

 私なんかは英語をそういう風に楽しめたことがないので、いつまで
 たっても試験のための英語を教えて、ある程度理解できるようになっ
 た今でも、娘みたいな聞き方はできないし、日本語と同じように聞こ
 えることはまずない。

 年齢がいくと、こういう脳の働きがにぶくなって、本当に遅々として
 進まないのが悲しい。

 まあ嘆いても仕方無いので、娘のサポートで海外でしか購入できない
 物をサイトから頼んだり、録画してやったり・・・・いわゆる便利屋
 みたいなもんだが、それぐらいしか親ができることはない。

 今もMTVの番組に出演するFOBを録画していて、もう録画し忘れたり
 したら大変なことになりそうな勢いなのだ。
 一週間前ぐらいから、録画の予約を入れろとうるさい娘のせいで、こ
 ちらの見たいドラマの録画がハードディスクに入らないかもしれない
 のに、そんなことはおかまいなしで、自分の録画は絶対に消さないと
 言うから、もうどんだけ自己中なんだと思う。

 私の見たいドラマなんて大したもんではないから、見たら消すでいい
 けれど、こうもはまる物に出会えた娘は幸せなのかもしれない。そう
 考えると、まあこんな時期もあっていいかなと思えてくる。

 私の方はボルダリングにすっかりはまり、果敢に壁に挑戦しているが
 なかなか難しく、筋力の落ちている現状では、足をよほど上手く使わ
 ないと、簡単な級でも全然攻略できない。

 上手な人を参考にしているが、軽々とやっている姿を見て、簡単そう
 なのかなと思いきや、自分がやるとできないというのがくやしい。

 最初の級ぐらいは大体登れるが、その次の級になると、登れるコース
 もあるけれど、無理なコースもあって、なんでこんな簡単なところで
 もできないんだろうと、自分の体力と筋力のなさがうらめしい。

 でも、何でも続けていけば、いつかできるようになるものなので、あ
 きらめずに挑戦しようと思う。娘も今回の中間テストは、かなり頑張
 ったようだけれど、それでも準備不足な科目があり、まだまだ努力が
 足りないということを実感したようで、次は今回手抜きだった科目も
 きちんと何回かテスト前までにローテンションできるように、日程と
 時間を上手に調整し、準備不足にならないようにしようと誓ったみた
 いで、今までなら多少悪くてもへらへらしていたけれど、そんなんで
 いいわけないと、傷の舐めあいをしなくなったのは、大きな進歩と
 言えるんじゃないかと思う。

 そんなにすぐに成績が劇的にあがるわけじゃないけれど、確実に
 前と変わったことは確かだ。今までやっていなかった子が伸びてくる
 というのは、たぶん娘みたいにさぼりまくっていた子が、本気を出し
 始めるからで、こつこつ真面目にやって、どうにか逃げ切るタイプの
 女子と、最後の追い込みで伸びる男子の差みたいなものを先生は強調
 しているみたいだったが、娘はどちらかというと、不真面目でさぼっ
 てきた男子タイプなので、これからどこまで本気の根性見せてくれる
 のかと、期待半分不安半分というところだ。

 理系の子にとって、数学や物理はセンターで満点が狙えるおいしい
 科目なのだ。それぐらいは軽くできるからこその理系で、娘はまだ
 まだそんな実力はないし、文系よりはましかなというレベルでは、
 到底点数稼ぎの科目にはなりえないし、目標の大学には遠い。

 こんな状態で本当に大丈夫なのかなと不安は一杯だけれど、努力は
 必ず報われると信じて、気を抜かずあきらめずに頑張って欲しい。

 体力作りもしつつ、音楽や芸術にも目をむけられる情緒豊かな子に
 育って欲しいと願ってきたので、英語馬鹿にならず、勉強だけの子
 にもならず、万遍なく色々なことをやっても、それが相乗効果で
 ストレスを緩和するような薬になってくれたらいいなという気持ち
 で今後もたぶん我が家は進んでいくと思う。

 


 
 年齢の壁を感じる今日この頃・・・
 ちょっと食べるとすぐに体重にはね返って
 来るのをどうにかしたいまめっちママに
 愛の応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育




 
関連記事
* Category : 洋楽、二カ国語放送番組で学ぶ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する