オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理2015-05-20 (Wed)
 中学まで娘の学校では、塾通いしている子がほとんどおらず、みんな
 家勉だったはずなのに、現在高校2年になって、通塾率がかなり上が
 っている。
 塾いらずの学校と言われるぐらいに、学校の勉強はかなりハードなの
 に、それでも更に塾に通い始める生徒が増えてきた背景は何なんだろ
 うと考えた。

 一つはかなり早い進度で進む学校の勉強を補習する目的。
 もう一つは医学部指向が強い学校なので、より高度な勉強をしたいと
 いう子が更なる予備校通いをするということ。

 模擬試験の成績が芳しくなく、学校だけでは不安になってきた生徒も
 いるし、またうちみたいに定期考査が逆にできずに個別で補習しても
 らっていた場合などもあるので、目的意識は人それぞれだ。

 でも、娘も私も旦那も思うことは一つで、学校で出されている宿題や
 問題集を完璧にやり抜けば、他に通っている暇などないはずなのだ。

 毎日の課題、小テストを完璧にこなすことで、本来は十分力がつく。
 わからない箇所を聞くという目的に使うのなら、まだわかるのだが
 塾で出される課題を更にやるのはたぶんどっちも不完全になってしま
 うだろうから、絞って勉強した方が絶対にいいと思う。

 うちは個別指導の先生が突然いなくなったので、塾をついこの間やめ
 たところなので、余計にそう思うのかもしれないが、手続きに行った時
 専任の先生と話をした。

 「○○(娘の学校)なら、鉄緑などとの掛け持ちは
  きついでしょ。例えば××学院のような学校なら
  学校が放ったらかしなので、そういう選択が必要
  ですが、無理な通塾はなくてもいいと思います。」

 普通なら塾無しではきついですよとか、もっと煽るような言葉があっ
 てもいいのだけれど、たぶんこの先生はとても誠実な人なので、現実
 を見てそう言って下さったのだろう。

 うちも様子を見て、学校の勉強がきついようだったら、もう一度個別
 に入り直すとは思うが、今のところ娘は前よりかなり勉強しているし
 塾に漫然と通っていたころより、何倍も自分で調べて動画もちゃんと
 家で見て、通わずとも学校の居残り学習で補えている。

 小テストがこの間無造作にテーブルに置いてあったのだが、いつも見
 たことのないようないい点数だった。
 前までは酷いときは0点とか平気で取っていたのだが、英単語のテス
 トも高得点だったし、古文の小テストも満点だった。

 本当に見違えるような変わりようで驚いている。
 
 だから塾をやめても今のところ不安はあまりない。周りでどんどん塾
 に通い出している現状はちょっと親的には焦ることもあるが、本人は
 毎日着実に復習し、賢い子の勉強法を真似て、定期考査前にどういう
 段取りで勉強しているのかを学んできている。

 私も時々、数Ⅲ大丈夫?とか、物理、化学はどう?などと聞くが、
 前よりノートもきれいになったし、プリントも整理されていて、それ
 なりになっているので、逆に頼れる塾がなくなったから、何が何でも
 自力で頑張って調べたり、友達に聞いたり、先生に質問したりして
 とにかくわからないことを放置せずにその場で解決するようになった
 のが、思いがけない収穫となった。

 もちろんこの先数Ⅲで躓くようなこともないとは言えないし、理系の
 物理、化学は半端ない難しさのようなので、自分だけではどうにもで
 きないこともあるかもしれないので、最後まで塾なしで行けるかどう
 かは、未定なのだけれど、当面はこの体勢で行こうと思っている。

 ただ、今の娘の力を見るためにも、今年は旦那の予備校主催の模試を
 受けて、そこでどれぐらい通用するかを見てみたいとは思う。
 中三の時に一度受けた時は、なかなかいい成績だったので、学校で
 やっている授業で十分通用するのだということを再確認したのだが、
 現時点ではどうなっているのか・・・名だたる名門男子校の生徒達が
 たくさん在籍しているだけに、そこの連中と勝負できるかどうかは
 今後の受験を左右する。

 娘の受験校とかぶる層だから、そこでどれぐらいの位置につけるかは
 把握しておいた方がいいのだ。その連中と一緒のテストを受けても、
 勝負できるのなら、娘の力は本物ということになるし、もし全然歯が
 立たなかったとしたら、勉強のやり方や塾も考えないといけなくなる。

 だからこの夏休み明けまでが勝負だと思っている。
 娘は今回今までのどのテストより頑張っている。
 あまりにも今まで適当にやりすぎていたので、やっと本気モードにな
 っただけなのだが、毎日学校に遅くまで残り、日曜も自主的に登校し
 ているので、一週間ずっと学校に通っていることになり、家でゆっく
 りすることがほとんどなくなった。

 親の私もそのせいで寝不足だし、日曜も朝ゆっくり寝ていられなくな
 った。平日と同じ時間に起きていつも通り学校に行くのだから、こち
 らも大変だ。

 だから旦那も今回、たとえ成績に反映されなくても、点数のことは
 どうでもいい、こんなに頑張っている姿は見たことないから、その
 努力は褒めたいと言っている。

 私も同じ気持ちだ。でも、できればその努力が報われて欲しいなとは
 思う。やるだけやったのだから、それなりの結果がついてきてくれた
 らうれしい。

 娘はいつも定期考査が苦手で、勉強した割りには取れないことが多く
 今回はそういうことがないことを祈っている。要領がよくないので、
 覚えきれず玉砕していた今までのテストとは違って、少しスピードを
 上げて素早く問題に目を通し、一気に何十問の解法を読み込み、でき
 なさそうな問題だけは、紙に計算をちゃんとやって、解けるかどうか
 確認していった。

 そうすることで、かなりの量をこなせるようにはなった。
 もちろんそれで全部覚えているかどうかは別なのだが、高速大量記憶
 の方法を使うことで、数学も英語のように頭に勝手に解き方が蓄積さ
 れていくように、とにかくしばらくはそういった方法を使ってみよう
 と思っている。

 親も子も体力プラス忍耐力で、エンジン全開で進んでいかないといけ
 なさそうだ。
 




 ボルダリングで足腰が痛いけれど
 ダイエットもスタイル維持のためにも
 今後も頑張っていこうと思っている
 まめっちママに応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育



関連記事
* Category : 受験
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する