オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2007-01-18 (Thu)
 ずっと中国旅行記を書いてきたが、少し休憩して本来の英語関連の
 記事を今日は書くことにする。

 娘の通っている英会話スクールの帰国子女クラスは、レベル別に
 細かく分かれていて、最大3人というかなり少人数の設定になって
 いる。

 今のクラスは、以前紹介したが、「EVEN MORE TRUE STORIES」
 というテキストを使用している。

 テキストももちろん進めていくのだが、それ以外にも色々と
 おもしろい話を先生がしてくれる。

 「ママ。今から言う英語よう聞いててや。
  ディジュゲットゥアプレイトゥ?
 (かなりすばやく発音)
  ママはどう聞こえた?」


 「??早すぎるよ。
  でもたぶんDid you get a plate?」


 「本当はね、Did you get up late?
  似てるやろ?本当にあったおもしろい
  間違いって、先生が言ってたよ。」


 なるほどね~。状況がよくわからないので、何とも言えないが、
 話の流れでわかるような気もするが・・・

 そう言えば、私が以前通っていた中国語会話のクラスでこんな
 ことがあった。

 ある生徒さんは、化学関係の仕事をしているのだが、中国語で
 化学は「化学(huà xué )」
 読み方が違うだけで、漢字も意味も同じだ。
 
 ところが中国人の先生はずっと
 「滑雪(huá xuě )」(スキー)
 のことと思っていた。

 中国語は、同音異義語がものすごく多い。だから発音の抑揚
 (四声)で判断する。そのため発音が違うと本当に通じない。
 「huà xué 」と「huá xuě 」
 最初は何となく話しがあっていたのだが、途中で辻褄があわなく
 なってきて、やっと間違いに気づいた。

 会話がとんちんかんで、先生はスキーの達人だと思って、教える
 のがうまいとかほめるし、生徒の方は、会社の後輩指導の難しさ
 を話しているし、それでも会話がある程度のところまでは成立
 しているから不思議だ。

 こういう間違いってもしかしたらよくあるのかも知れない。
 お互いに違う意図で話しているのに、分かったつもりで会話が
 進行することって。

 通訳の方の誤訳で大変なことになった話も聞くので、つくづく
 コミニュケーションは難しいと感じた。


 ブログランキング参加中
 旅行記は必ずまた始まるので、見捨てず
 応援よろしくお願いします。

 FC2 Blog Ranking

 人気blogランキングへ
関連記事
* Category : 英会話スクールで学ぶ
* Comment : (3) * Trackback : (0) |

* by らいにゃん
通訳さんの誤訳って大変なことになりますね。
かといって、通訳抜きで自力でやっても出来るかどうかって言うのもありますねー。うーん、難しい。
自分でも理解できるけど通訳も入れるというのがダブルチェックにもなるので一番確実なのでしょうか?
そういう意味では、バイリンガルの娘さんは将来有望ですねー。いろいろな仕事にもつけそうです。

らいにゃん様へ * by まめっちママ
本当に、英語が選択肢を広げてくれればいいですね。
でも、本人は英語関係の仕事には興味
なさそうです。
最近はエレキギターひきたいとか・・・

管理人のみ閲覧できます * by -

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。