オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2015-04-16 (Thu)
 娘は幼少期にフランス語と中国語をほんの少し学んだことがある。
 英語のように親が絵本を読んでやったりできなかったので、フランス
 語は物にはならず、英語で事足りてしまうことから、本気でわかろう
 ともせず、フランス人の先生とも最終的には英語でコミュニケーショ
 ンしてしまうので、上達しなかった。

 英語で何でもできてしまうということで、英語圏の人がなかなか他言
 語を習得しようとしないのもわかる気がした。
 もちろんそうでない人もいるけれど、多くは英語を共通語として話す
 ので、英語圏ではない人が英語を話して合わせるという感じだろうか。
 日本語がいかにマイナー言語であるかを痛感する瞬間だ。

 それはいいとして、私が昔中国語を専攻していた頃はまだあまり世間
 では中国語をやっている人は少なく、今ほどその重要性は高くなかっ
 た。

 ところがこの何年間に中国人観光客が激増し、今では難波、心斎橋筋
 あたりを歩いていると、ここがどこの国かわからなくなるぐらい東南
 アジア系の観光客がごろごろいて、今日もものすごい数の団体客が戎
 橋付近に集結していて、旗をもった一群がそこかしこにいて、通りは
 日本語より外国語の方が多いんじゃないかというぐらいのにぎわいだ
 った。

 日本人より大声で話す人達が多いので、日本語が聞こえず、中国語ば
 かり聞こえてくるので、もうここは日本じゃないと混乱するぐらい
 ちょっと前の風景とは変わってしまった。

 そしてそれらの人達がみんな通りのドラッグストアや免税店で買い物
 しまくるので、そのすさまじい購買意欲にただ歩いているだけの私達
 は、圧倒されてしまった。

 これだけの観光客が来る時代になったのだから、今こそ中国語ができ
 ると重宝されるだろうなと思った。

 百貨店でも中国の方が高級ブランド店で迷わず買い物していく姿を
 何度も目撃した。子供に十万以上もする服を試着させて買っていたの
 を見たこともある。

 この前もいきつけのお店に外国人が来店したけれど、中国語のできる
 店員さんは少ないので、どこかに呼びに行ってその人が来て対応して
 いたような状態で、まだまだ普通に各お店に一人ぐらいは英語以外の
 言語が堪能な人(特に中国語)を置くことは、難しそうだ。
 
 ということは、外国人に対応できるだけの言語能力があると、何かと
 重宝され、就職にもやはり有利になるのだろうなと思った。
 そう考えると、中国語をマスターすることが、今は一番使い道が多そ
 うなので、娘にも大学では中国語を専攻して欲しいなと思う。

 かくいう私の中国語は、最近少しさびてきて、リスニングが怪しくな
 っている。英語は話すより聞く方ができるけれど、中国語は逆で、話
 す方が楽なのだ。それには色々理由がある。つまり読み書きを大学で
 しっかりやったおかげで、漢字の読み方(ピンイン)が正しく習得さ
 れ、頭に浮かぶ漢字を発音すれば、言いたいことの大半は言えるとい
 う、日本人ならではの優位性が使えるということだ。

 漢字圏でない人には難しい漢字も、日本人なら少し違っても大体は
 理解できる。読み方さえわかれば、それを並べて作文もできるし、
 発音さえしっかりしていれば、必ず通じるので、難しいことも意外と
 言えるものだ。ただし、相手の話すことはスピードが超早いのと、
 漢字の発音が頭に浮かばず、考えてしまう間に、どんどん終わってい
 くので、実際の会話はそれほど簡単ではない。

 でも、上達は早いはずなので、真面目にやれば3年目ぐらいで、相当
 できるようにはなるはずだ。私も大学から始めて、3年生ぐらいの時
 には、中国語での授業が聞けるようになっていて、いつのまにか日本
 語での翻訳をしなくても意味も頭に入ってくるようになっていたので
 毎日やっていると、こうなるものなのだなと驚いた。
 継続がいかに大切かということの証明だ。

 ただ、その後中国語を使う仕事にはつかず、教職一筋だったので、
 今ではかなりさびてしまったけれど、昨今のこの外国人が大量に日本
 に観光に来るようになった現状を見ると、また勉強を再開しようかな
 という気になってくる。

 娘の受験もあと2年で終了だから、そこからはもう何もしてやれるこ
 ともないだろうし、自分のためにだけ時間を使って自分磨きをもう
 一度やるのもいいなと考えている。

 いつまでもチャレンジし続ける気持ちというのは大切だし、人生には
 節目というのもあるので、その時また新しい世界が広がる可能性を
 考えると、ちょっとだけわくわくしてくる自分がいる。

 2年後に安心してそれぞれの道を進めるように、娘には頑張ってもら
 わないといけない。さて、そどれだけその決意が娘にあるかな・・・
 
 


 カゴの中の新聞をかじりまくり
 シュレッダーにかけたようにきれいに
 粉々にしてしまうインコ・・・・
 名前を呼ぶと、慌ててカゴにつかまり
 こっちに媚びをうる姿がまたかわいいと
 思ってしまうまめっちママに応援よろしく
 お願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育


関連記事
* Category : 中国語
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。