オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2015-03-23 (Mon)
 高校になって、美術がなくなり、高2からは音楽や家庭科もなくなり
 いわゆる副教科がない日々になるのが一番つらいと言う娘。

 確かに彼女は副教科の成績がいいし、絵を描いている時は、集中力も
 普段とは別人のようで、何時間も頑張って描き続ける気力がある。

 私は中学入試の時にも娘に選択肢をいくつか与えた。
 それほど高い偏差値の学校に行かずに好きな美術方面に行けるように
 ほどほどの勉強と絵の学校や習い事を両立する道、そして大学まで
 エスカレートで上がれて、部活や課外活動を楽しんでできる道。

 最後の選択肢は、学校が最後まで面倒をよく見てくれて、頑張ってつ
 いていけば、高偏差値の大学に行ける道。

 大学エスカレーターが一番娘に合っているんじゃないかと、正直思っ
 ていた。うちはそれほど勉強だけに力を入れてこなかったので、どち
 らかというと、自由にやりたいことをさせてやりたいと願っていた
 からだ。

 大好きな絵をずっと描いていられるように、そういう職業につける
 ように大学に入ってからも専門学校にダブルスクールしてもいいぐら
 いに考えていた。

 でも、娘は絵は趣味であってそれで生計を立てることは考えていない
 し、どうしても行きたい大学があるのだと言う。

 親がそこを強く望んだことは一度もない。
 むしろ私は余裕で入れるところに行ってくれればそれでいいぐらいに
 しか思っていなくて、なぜそこまで執着するのかと不思議なのだ。

 でも、彼女のやりたいことは最高の環境が必要だし、それができる
 大学といえばやはりそこしかないということになるので、決心は
 固いようだ。もちろん実際に行けるかどうかは、その時の偏差値
 次第だし、足りなければ別の大学に行くという選択を当然するわけ
 だけれど、こちらが勧める大学には見向きもしなくて、全然まだ
 行けるような成績ではないのに、そこに行くのだと言う。

 娘がそこまで自己主張するのだから、親としてもできるならその
 願いがかなって欲しいと思う。難しいけれど本人が頑張るのなら、
 できないというわけではないだろうから、やり抜いて欲しいと思う。

 友達もエンジンがかかってきている。
 自分だけ置いて行かれるわけにはいかない。だから娘も少しずつ
 やり始めている。今までは宿題をして終わればそれでよかったの
 を、自学自習して参考書を読んだり、学校以外の勉強を並行して
 していくようにしないといけないと思い始めたようだ。

 その決意の証しとして、携帯を肌身離さず持っていたのを、隣の
 部屋に置いて見ないようにし、勉強の邪魔にならないようにした
 ということ。別にネットはそんなに見なくてもいいし、特に困ら
 ないからと、あれほど携帯ばかり握りしめていた生活を改めた。

 その娘が休憩の時にやっていたのは、やはり絵を描くことだった。
 デジタル絵を画面に描いて、それに色をつけて携帯に取り込んで
 待ち受け画面を作っていた。

 娘は勉強ができるようになりたいのはもちろんのことだが、絵も
 上手くなりたいと願っている。娘がいつも見ているのは、ネット
 上の絵師さんのイラストだったり、twitterでアップされている
 画像ばかりで、彼女の携帯は大好きなイラストを見るためにある
 こともわかっているので、携帯を離すということは、好きな絵を
 見ることをやめて勉強に専念するということに他ならず、単に
 携帯依存しているわけではないことを知っているだけに、本当に
 このまま過酷な受験勉強でいいのかと悩む。

 本人が決めたことだけれど、実際そうやって休憩時にはいつも
 イラストを見て色の塗り方を研究し、何度も何度も描き直してい
 る真剣な姿を見ているので、心が揺れるのだ。
 たぶん娘は一つだけに縛られない生き方をしたいだけなのだろう。

 絵も上手くなって、勉強ももちろん頑張る。
 研究職について人を喜ばせる楽しい物を作りたい、これも本当の
 気持ちだし、上手な絵師さんを見てそんな風に絵を描いてみたい
 たぶんこれも本当の気持ちなのだろう。どちらかを選ぶんじゃなく
 どっちもやりたいと真剣に思っているのだ。

 一つを極めるだけでも大変なのに、そんなにあれこれやってもと
 思う現実主義的なのはたぶん私の方だ。
 
 娘はもっと柔軟に考えている。
 本業はあくまでも工学部で物作りの研究。そして時々趣味で絵を
 描いて、ネット上に投稿したり、少しはそれで副業になればいいな
 ぐらに考えている。

 だから絵の修行も怠らず、基本は学業を真面目に頑張るという二足
 のわらじを履くつもりなのだ。

 そういう娘の計画があるのなら、それを信じて行くしかない。
 そのためには少しだけ親として手助けをしてやろうと思う。

 


 カラスが上手に樹の上に巣を作っているのを
 目撃した。うちのインコはすっかり
 野生がなくなり、人間大好きになっている
 のと比べると、全く別の生き物みたいだ・・・
 というか賢い!うちのインコがちょっとお馬鹿
 なので、より賢さが強調されるだけかもしれないけど・・
 鳥は自由でいいなと思ったまめっちママに
 愛の応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育

 
関連記事
* Category : 学校生活
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。