オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理2015-03-12 (Thu)
 娘の学校は、この春休みの途中からもう新2年生扱いで新しいクラス
 へ移行する。どこの予備校も最近は3月スタートをしていて、そうい
 うことはあってもおかしくないのだけれど、早めのスタートを切る
 ことで、少しでもライバルに差をつけようということのよう。

 新クラスの分け方もほぼ決まり、どうやら上のクラスでやっていけそ
 うだ。それはいいとして、先生から受験における心構えのような話が
 あったらしく、どういう子が強いのか、この先どのような勉強をしな
 いといけないのかなど、かなり厳しいことを言って生徒にプレッシャ
 ーをかけてきたそうだ。

 言っている内容は当たり前のことで、正しいと思うことがほとんどだ
 けれど、この時期にそういうことを言うのはどうなのよと娘は言う。

 というのもせっかくモチベーションを高めて、新学年に備えて頑張ろ
 うとしている子のやる気をそぐような発言もあったらしく、そんな
 ことはもっと前に言うべきことなのに、今更言ってどうするんだと
 いうような内容だったらしい。

 例えば選択科目の取り方についても、女子は生物にしておいた方が
 後に悲惨なことにならずにすむとか・・・・そういうことは、懇談の
 時に言って教科書を買う前に最終決断を担任と話し合う前にちゃんと
 根拠を示して生徒とよく話あうべきことだったのだ。

 今更もう決まってしまっているのに、実はなどと言われても困るのだ。

 それを聞いて動揺した生徒は多かったようだが、娘は全く気にならない
 様子で、元々生物は大嫌いで、やろうと思ったこともないし、最初から
 物理と決めていたし、物理はできるできないは別として、好きな科目な
 ので、先生がどう言おうとその選択に変わりはないからだ。

 娘のような心臓に毛がはえているタイプは、人の言うことでいちいち
 心が動いたりはしない。自分が自覚してまずいと思う事以外では、そ
 もそも動かないので、その他の話を聞いても、やばいと思うような事
 は何もなかったと、淡々としている。

 では、そもそも受験に向いていて成功するタイプとはどんな生徒なのか
 
 それは言われなくてもわかっているとは思うが、メンタルが強いこと。
 体力があること。これが一番大事で、学力云々より、最後まで走り抜け
 る気力がもつかどうかにかかっている。

 中学受験は親の受験とも言われているように、子供の意志はまだそこ
 までしっかりしていない。むしろ親の言うように勉強してきて、その
 通りにお金も時間もかけて頑張ってきた子が勝つようになっている。

 でも、高校以降は自分で考え、自立した子でないと、いつまでも親が
 かかりきりでは、伸び悩むというのは、まあ至極当然なことと思える。
 
 実際、必死に何個も塾を掛け持ちし、色々やってきた子が第一志望に
 行けなかった場合、そういう子はのびしろがあまりないと先生は言う。
 
 むしろ高校入学で来た子の方がのびしろがあり、中高一貫の女子が
 一番この先伸び悩むことが多いらしい。

 そういうこともあるかもしれないけれど、必ずしもそうでもなく、
 中学入学から鉄緑会などでガンガンやって、そのまま走り抜けていく
 パターンだってある。もちろんその逆もあり、周りでも鉄緑をやめた
 という話もちらほら聞くので、本当にケースバイケースだなと思う。

 無理がたたって失速する子もいれば、タフな子もいるということ。

 結局いきつくところはメンタルと体力ということになるのも、納得だ。
 
 娘はガンガンもやっていないし、メンタルも弱くないし、自分は自分
 人は人を貫いていけるタイプなので、周りの動向に左右されて同じ塾
 に行こうとか、そういうのはない。

 鉄緑に通い始めた友達がいるが、入塾が難しいので、行かないけれど、
 受かるかどうかは興味があるかもと、お気楽発言するし、T進のサテ
 ライト授業を一番の仲良しが受けていても、別に自分もやるなどとは
 言わない。

 ただ、今回新たに始めようと思う動画授業は、思うところがあっての
 ことで、娘は自己分析ができているので、どこがどうできていないか
 何をすべきかはわかっている。そこを補うための適切なカリキュラム
 がそれにあるかもしれないから、体験授業を受けに行くことにしたの
 だ。私も旦那も顔見知りの先生達がやっているので、安心感もあるし
 難関私立中高一貫校の生徒達がたくさんいる中での立ち位置もわかる
 だろうから、いい刺激になるだろう。

 クラスの誰にも会わずに済むというのも大きい。
 娘は学校の友達関係を外までも持ち越したくない派で、twitterでさえ
 アカウントを別にしている。
 だから外の塾も一緒なんていうのは考えられず、一人で自分のペース
 で勉強するをあくまで貫くつもりのようだ。
 中学受験もそうだったので、娘には別に特別なことではない。
 
 テストで緊張することもほとんどないし、まさに鉄の心臓と言っても
 いい。今回色々聞いてきた話で娘はかえって自分に自信を持ったよう
 だ。自分にはあてはまらないパターンばかりで、ちょっと逆に楽にな
 った気すらすると言う。

 決してすごくできがいいわけじゃないのに、こう思えるのは別の意味
 ですごいけど・・・・・親としてはそんな甘くないよと思うけれど、
 本人のメンタルが強いのは悪いことではないし、このまま錯覚でも
 いいから、自分はできると信じて頑張ってくれたらいいなと思う。

 

 世界史があまりにも覚えられず、悲惨なことに
 なっている娘・・・私は世界史選択だっただけに
 親と子って全然好みも得意な物も違うんだと
 今更のように思うまめっちママに応援よろしく
 お願いします。
 (娘の得意な物理・・私は高校の時9点だった・・・
  どうやったらそういう点数になるのかと言われた・・・チーン)
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育


関連記事
* Category : コラム
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する