オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2015-01-24 (Sat)
 皆様にはご迷惑をおかけしておりますが、間違って載せてしまった
 別ブログ記事のタイトルがそのまま新着記事情報として残っており、
 クリックしていただいても、記事が見当たらない件について、簡単に
 説明しておきます。

 別ブログは私のもう一つのブログ「お笑い学力向上」の方の新着記事
 で、そちらにアップしたつもりがこっちのブログに反映されてしまい、
 削除したものなので、現在はあちらのブログでアップされています。

 もし興味がおありの方は、学力向上の方のブログでお読みください。

 すいませんでした。

 さて、以後新着記事となります。

 文体がここから変わりますので、ご容赦ください。

 最近の娘の英語状況はというと、ますます他の科目にシフトして、
 勉強をしている状態で、特に数学、理科(物理)が最優先科目、そし
 て英語は長文読解中に出て来る日本語訳をいかに上手く書くか・・・
 大体この3点がメインとなっている。

 英単語は電車の中で文章で覚える感じで少しずつやってはいるが、
 時間的には以前と比べものにならないぐらの短さで、それで学校が
 つとまるのかという危機感が出るぐらいで、どうしても他の科目に
 重点をおかざるを得ないというのが大学入試の厳しいところだ。

 そもそも帰国子女とは全く言えない幼稚園だけ英語で過ごしてきた
 娘にとって、しかも日本人ばかりの学校で使われていた英語だから
 完全なインターでもなく、むしろ今までよくぞ英語が残ってくれた
 と感謝するぐらいの奇跡だと私は思っている。

 もちろん家庭内でかけ流し、DVD、海外ドラマの視聴と細々とは
 続けてきたが、とにかく4年生ぐらいから受験一筋。英語は吹けば
 飛ぶような危うさの中でここまで来たわけだから、他の受験生と
 実力はそれほど変わらないし、学問としての英語という観点で見ると、
 他にもっとできる子もいて、学内でも範囲のある考査は全くといって
 いいほど、出来る子とは思えないような適当な点数を平気で取って
 くる。

 それでもみんなから一目おかれているのは、総合的な英語の力が
 娘にはあるからで、模擬試験の成績、そしてこの間やったGTECな
 どの英語力を見るテストなどで常にトップクラスの成績を上げてい
 るので、英語が定着して忘れないものになっていることだけは、確
 かなようだ。

 もちろんあまり難しい単語は知らない。でも日常的に使われる必要
 な単語はまあまあカバーできているのかなと・・・・

 例えばGTECなどでは、英作にこんな問題が出題される。

 「リーダーとなる人間はどういうタイプがいいか
  他者の意見を尊重できる人か、リーダーシップを発揮して
  強気で意見を押し通してもまとめあげる人か・・・
  どちらがいいとあなたは思いますか」

 みたいな感じの問題が出される。(細部は定かではない)

 自分の意見をきちんと論理的に述べることができるかどうかという
 点では、国語力の問題でもある。単語力というより、論理展開の
 大切さを感じる問題で、単語はわかるように簡単に書く方が減点され
 ずにすむ。小難しい単語を知っていても、英検などでは有利に働くか
 もしれないが、こういう英作ではかえって間違えることにもつながる。
 だから言い換えて分かりやすくしてしまう能力も大切だし、相手に伝
 わる正しい英語で書けるかどうかも重要ポイントだなと思う。

 ただ簡単にしすぎて、聴衆の前でと書きたいのに、お客さんの前で
 なんていうあってはいるが、完全な訳語としてはちょっと違うなと
 いうような日本語訳を書いてしまったりするという別の困った点も
 出てきて、色々英語をバランスよく極めるのも難しいものだなと実感
 している。

 今のところ特には困っていないけれど、高校2年生ぐらいから、もっ
 と複雑な英語の長文を読まされることになるだろうし、政治的、哲学
 的な文章も出てきたり、統計学的な話も出てきたりと、分野も様々に
 なり、すでに学校では高Ⅰで大学の二次試験の問題の日本語訳などが
 授業中に宿題として出されている。

 難しさに娘も危機感を感じているようで、正誤問題や内容一致問題
 文法問題などは、今でも恐らく8割は取れるだろうと思うが、そうい
 う日本語訳や英作になると、別の勉強としての英語が必要になるので、
 小さい頃にやったことがそのまま使えるわけではなく、それなりに苦
 労を伴う大人の英語というものがあるのだということを、身に染みて
 感じている次第だ。

 今年は色々な意味で次の段階に進む年にしないといけない。
 数学も数Ⅲをやり始めることになるし、完全理系ということで、後に
 ひけない状態になっているので、数学は得意だけれどあまり英語は
 得意じゃないという娘の友人達と戦うためには、二次試験の数学が
 できるかどうかにかかっている。

 これができるようになれば、鬼に金棒状態なので、そこを目指して
 頑張って欲しいなと思う。

 



 日本という枠の中でいかに
 能力を伸ばせるのか・・・最近
 そればかり考えてしまうまめっちママに
 愛の応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育
 


関連記事
* Category : その他
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

ブログ村から。 * by Camay
初めまして。いつも楽しく拝読させて頂いてます。
娘さんの日本語訳のお話、前記事でも「あぁ、同じ〜」なんて感じながら読ませてもらってました。
私の娘は現在中2ですが、かなり苦戦しております。
まめっちママさんと娘さんの道のりを参考にさせて頂きながら、これからも記事アップ楽しみにしています。

Camay様へ * by まめっちママ
コメントありがとうございます。
最近は娘も自分の道を勝手に歩んでいて、幼少期のように
親がどうこうできるのはもうなくなりました。早くから自立
していたので、英語もやりたくないものはやらない、好きな
物は親が何も言わなくてもどんどん聞いたり見たりするで、
私の出番なんてほとんどない状態です。でもたまに学校の
英語の試験や宿題の日本語訳について娘が愚痴るので、そ
ういう時だけは英語について話合ったり、どうしていけば
いいか相談にのったりもして、昔のように親子の英語の時間
がわずかながらあるという状態です。本当に日本語訳って
意外に苦労しますよね。中2のお嬢様もうちと同じとうか
がってちょっとお仲間ができたようでほっとしました。
うちはちゃらんぽらんで、どうなっていくのか見当もつか
ないですが、よき先輩の見本となれるように頑張ってもら
わないといけないですね。また遊びにきてください。

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。