オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理2015-01-10 (Sat)
 新年最初の塾の授業、生徒達もみんなまもなく入試を控えてピリピリ
 している中、モチベーションがものすごく下がってしまっている子供
 達が数名いた。

 どうも通知表の評定が悪かったよう。

 提出物もちゃんと出し、テストの成績も点数だけ見ると、どう低くみ
 ても、5段階評価の3はあるだろうと思われるのに、2が主要教科に
 2つもついていたそうだ。

 私が見ている限り、よくできる子なのに、そんな低い評定がついたこ
 と自体不思議で、そのせいで志望校変更になり、五木の模擬試験でも
 最初の志望校がA判定だったのに、それより下げた学校を受けること
 になった。

 もうそこならたぶん絶対に行けるだろうし、あんまりこれ以上勉強し
 なくても、もいういいかなと半分投げやりになっている。

 相対評価なら、できる子がたくさんいて上から順番に成績をつけた
 ため、点数はよかったのに順位は下だったから評定が2になったと
 いうのもわからないではないけれど、絶対評価でそういう評定をつけ
 られるのは、一体どういう基準でそうなったのだろう・・・・

 よほど先生に嫌われたか、態度がものすごく悪いか・・・学校を休み
 すぎか・・・それぐらいでないとそうはならないと思う。

 でも、そいういう子ではないだけに、とても残念だ。

 同じような子がもう一人いて、その子は確かに学力は今一つだが、
 真面目な子で、提出物もちゃんと出しているし、実際の点数はそこま
 でひどくない。60点以上あったはずなのに、軒並み評定は2。

 親もひどく怒っていて、もう本番実力勝負でダメもとでもいいから、
 最初の志望校を受けさすと言っている。もし内申書で落ちたとしても
 私立の受け皿があるから、もうお金のことを考えて公立にとは考えな
 くてもいい、むしろ私立でいいかなとまで言い始めた。

 他にもとても優秀で5教科の総合得点が400点以上あるのに、3しか
 ついていない子もいるし、それより低いのに5をもらっている子も
 いるという現状を見ると、主観が極端に入る内申書のようなシステム
 は、やはり問題なのかもと思ってしまった。

 もちろん成績だけがすべてではなく、この子は何とかしてやりたいか 
 ら、底上げして内申点を高くしたという気持ちならわかるけれど、逆
 に下げているのは、生徒の将来を考えると、なぜ?という気持ちにな
 る。

 人物を見るということに私がものすごく疑問を感じるのは、こういう
 ことがあるからで、入試改革でセンターを廃止するという方向には
 真っ向から反対の立場なのだ。

 私の務めている塾や予備校の先生はほとんどみんな反対だ。

 成績だけではわからない部分を見ること自体に文句はない。
 でも、それを判断する基準が曖昧で、人がやるということに大いに
 不安を感じるのだ。

 今のセンター試験はとてもよくできている。
 改革するなら、複数回受験だけでいいと思う。
 冬はインフルもあるし、その時体調が悪くなる子もいるだろうから、
 機会を増やすという意味で、夏や秋にテストをやって、一年に3回ぐ
 らいテストのチャンスを与え、その平均を取って上から並べれば、
 かなり公平性も正確性も保たれると思う。

 この意見は職場の塾長と全く一致していて、指定校推薦の理不尽さ
 も全く私と考えが同じなので、この間もどうしようもない成績の
 子が早々と大学に内部進学が決まり、素直に喜べないなあという話
 をしていたところだった。

 普通なら絶対に無理な大学に、あんな不真面目な生徒が合格してし
 まうという実情に、塾の講師という立場を越えて、合格さえすれば
 いいとは思えず、憤りしか感じなかった。

 だから今回、内申点が足りず、あきらめていく生徒を見て、どうし
 ようもないもやもやとした気持ちになった。

 もちろん学校での態度は私に見せるものとは違うのかもしれないし
 何か事情があったかもしれない。でも、もう少し何とかできなかっ
 たのかと思う。

 とにかく今は残りの日々を精一杯頑張って、本番で実力をきちんと
 出せるように全力でサポートしてやることしか私にはできない。

 頑張れ、受験生。すべての子供達に桜が咲くように願ってやまない。




 受験前の冬休み中にインフルにかかって
 おいた方が本番かからないだろうから、
 不幸中の幸いという感じで、生徒が
 いまのうちにかかっておきたいなんて
 言っているのが、意外に理にかなった考え
 だよなと思ってしまったまめっちママに
 応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育




 
関連記事
* Category : コラム
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する