オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理2014-12-12 (Fri)
 タイトルを見ると、誤解される方もいらっしゃるかと思うが、英語を
 英語のままで理解すること自体は正しいけれど、こと受験に関してだ
 け言うと、困ることがあるという話だ。

 娘が英語を読む速度はとても速い。
 クラスの他の生徒と比べても格段に速く、長文読解もそれほど困難に
 感じることはない。それは日本語訳に置き換えていないからで、英語
 のまま意味を感じて読み進めていけるから、訳す作業をしなくていい
 分、速く読めるということなのだが、記述式の模試などで必ず出され
 る日本語訳にせよという問題が、一番そういう子にとって厄介なのだ。

 国語力の問題もあるのだが、まずそのままの意味でとらえていて何も
 今まで不自由に感じなかったものを、わざわざ日本語に直す作業とい
 うのが、娘にとって大変難しい。

 もちろん日本人だから日本語にできないわけではないが、その単語は
 こう訳すというようなお決まりというか、単語集に書いてある意味を
 書くことがなかなかできない。

 例えば、「 audience」(聴衆)という単語があったとして、娘は
 もちろんその意味も使われ方も知っているが、聴衆の前でと訳すとこ
 ろを、お客さんの前でなんていう自分では簡単にしてしまって訳して
 いたりすることがある。娘的には観客という感覚でそう書いたのだ。

 お客と聴衆はある場面では、同じような意味として十分通じるけれど、
 使われる場面によっては全く意味が違う。会社に来たお客さんと聴衆
 では全然違うから、そういう訳を書いてしまっては困るのだ。

 そのあたりの適当な日本語がたまに足を引っ張り、減点されていたり
 することが多く、娘的には、はあ?なんでこの訳のどこが悪いの?と
 なるようで、日本語訳するのは嫌いだと言う。

 まあ言いたいことはわかるけれど、自分の勝手な翻訳で書いてしまう
 のはよくないし、実際入試ではそんな感覚でわかる子を対象にしてい
 るわけではなく、基本的な単語の意味がわかっているかどうか、構文
 を理解していて、その通りに訳せているかなどを見ているわけで・・・
 だから意外と細かくチェックが入るのだ。

 私や旦那はそういう受験英語のチェックをする側の人間だから、よく
 わかるのだが、娘には納得いかないことが多々あるよう。

 本来訳す作業をせずとも、英語を英語で理解するようになることが
 リスニングやスピーキングには重要なことなのだけれど、こういった
 入試問題には、その思考がかえって邪魔になることもあるようで、な
 かなか難しい問題だなと思った。

 そういう一連の減点がいくつかあるので、娘の英語の成績はトップ層
 ではあるけれど、一番ではないという状況になる。これがGTECなど
 の問題になると、そういう訳がないので、断然娘が有利になり、2位
 との差が何十点もあくぐらいの点数を取ってくる。

 一体どちらが本当の意味で英語力を持っているのかは、それでわかる
 のだけれど、日本の受験システムは、あくまでも努力型の子を評価す
 るようになっているし、帰国子女ではないのに、なまじ少しネイティ
 ブっぽい英語を習得してしまった娘のような日本育ちの子は、帰国子
 女枠受験できるわけでもないし、普通の一般受験と同じなわけだから、
 中学から努力して身につけた英語の知識を問われる試験に対応してい
 かないといけないのだ。

 これは慣れればある程度克服できるし、娘も今後は学校で使っている
 英単語の訳に忠実にあまり意訳しないような答案を書くように気をつ
 けるようにはなるだろうけれど・・・・・

 あと、漢字の問題もあって、間違った字を書くぐらいなら、簡単に
 してしまおうという頭が回ったというのもあるので、やはりここでも
 漢字力や国語力があった方がいいということになり、日本語を大切に
 してきた我が家でもこれだけ苦労するのだから、英語偏重になってい
 る家庭には、少し考えて頂きたい注意事項だなとおせっかいなのは
 承知の上で、こういう事例がありますよということを伝えておきたい
 と思う。

 それでもやはり英語を英語で理解できる脳を作ることができたのは、
 弊害面もあっても、役立つ事の方が多いのも事実で、日本語の意味と
 英語を両方聞かせて育てたうちでも、多少の不自由は感じながらも、
 英語で理解する感覚を習得できたことと、国語力も高くなったことは
 バランスよく英語育児ができたのだと自負している。

 国語の成績は時々波があるが、現代文が比較的よくできているのを
 見ても、英語が悪影響を及ぼしたということはなさそうだ。

 知識として必要な古文や漢文をもう少し詰めて行けば、もっと点数に
 結びつくという状況なので、国語に関してはそこまで心配する必要は
 今のところなさそうだ。

 数学が最大のネックになっていることの方がうちでは問題なのだが、
 これも理系に進むという前提があるから、こんな数学ではダメだと
 思うだけで、基礎学力面では十分普通の範囲はクリアしている状態
 なので、数検2級合格もしている現状では、できない科目と言って
 しまうのもちょっと言い過ぎな感じで、すごくできる難関大学の
 理系君と比べると、できませんというレベルなのかなと・・・・・

 でも、それでは困るんで、今年は数学をもう少し頑張ってもらおう。

 まあ数学の話は横においておいて、英語に関して言うなら、十分な
 成績を取っているので、細かい微調整をしていけば、まあ英語で苦労
 している受験生よりは、楽に受験勉強を進めていけるのかなとは思う。

 油断禁物だけれど、ある程度自信のある科目が一つでもあるという
 のは、やはり心強いので、そこそこ得意科目になるぐらいには進めて
 おいてよかったのだと実感している。

 小学生の英語教育も今後盛んになってくるだろうから、もっと今より
 は入試のシステムも変わっていくだろうし、娘のような子が増えてき
 て、根本的に英語の試験そのものも変化する可能性もあるだろうから
 それが今後どうなっていくのかちょっと興味があるところだ。
 



 インフルが大流行の兆しを見せているのが
 ちょっと気になるけれど、一応予防接種も
 したし、今のところ私はインフルにかかった
 ことがないので、何もなく無事に冬をやり過
 ごせるように祈る気持ちで毎日ニュースを見て
 いるまめっちママに愛の応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育


関連記事
* Category : 高校英語
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する