オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理2014-12-02 (Tue)
 縁あって、現在高校一年生の受験英語を担当している。あえて受験
 と書いたのは、あきらかに娘がしてきたような英語教育とは違う物
 だからで、いわゆる学校で昔からやっている文法中心、長文読解
 問題などを受験に対応できるように知識として教えるというものだ。

 私のような人でもそういう仕事が成り立つのだから、有り難いこと
 なのだが、自分が教える立場になって始めて、いかに今までいい加
 減にやってきたのかがわかり、そんな知識しかないから、受験英語
 は役立たないとか、話せないんだとか、ちょっと的外れな考えに陥
 っていたんだということに気づいた。

 そもそも英語が出来ない人は、もれなく何もわかっていない。
 話せるけれど文法は全然ですという人は実はいない。

 現地で自然習得したとか、そういう人は別で、あくまでも成長
 してから第二言語として英語を習得し、活躍している人の話だ。

 毎日暮らしていたら、いやでも身に付くという意見もあるかもしれ
 ないが、それは海外にいる移民の人と同じで、教育なくして決して
 世界で使える本当の意味での言語習得などはできはしないのだと思う。

 そんなことなら日本語教師の資格なんていらないわけだ。
 日本人なら誰でも日本語は話せるし、外国人に教えられるはずだが、
 実際はそれがかに無謀で難しいことかわかる。

 人にゼロの状態から言語の基礎を教えるということは、それ相応に
 技術がいることなのだということが、身に染みて今自分が仕事として
 やっているからこそ思う。

 大人から始める言語というのは、こういった勉強としての要素が強く
 なるのは仕方無いことで、そこに基礎を軽視した英会話だけを取り入
 れるのは、危険な発想だと今ならはっきり言える。

 そういうことがしたいのなら、幼稚園か小学生の間に耳から聞く英語
 テレビ放送などで鍛えておいて、中学からはその基礎の上に後付けと
 して文法などの理屈を載せるというのが、筋だろう。

 英語を聞き分ける耳をもたず、中学までの英語なら何とかなっていた
 子供も、高校に入って急に難しくなる英語には、かなりの生徒が戸惑
 う。私の生徒も中学では相当優秀で、地域の一番の公立高校に進学
 したが、英語の難しさにふうふう言っている。

 飛躍的に増えた単語。難しい構文の書き換え問題など、いきなり勉強
 のハードルが上がりすぎて、基礎的な英語の感覚を持たないまま理屈
 だけは無茶苦茶難しくなってしまったから、話せる英語どころか、
 すべてが嫌いになりそうな感じで、こういうのを見ていると、感覚で
 わかるというレベルをあらかじめ作っておくというのも、大事なこと
 だなと思う。

 娘はこの基礎感覚の部分を幼少期に作れたので、英語の勉強がとても
 楽になった。他の生徒が単語を覚るために膨大な時間を割くのを、他
 の勉強の時間にあてることができるからで、そういう意味では幼少期
 にやっておくのは、悪くないと思える。

 ただ、何度も言うように、幼少期の英語はあくまでも生活していける
 基礎の部分だけで、その後はきちんと勉強して後付けの理屈がないと
 それ以上の伸びは期待できないということで、両方できるのが一番
 望ましいと私は思っている。

 では、子供時代にやっていないと、もう手遅れなのかと言われると
 そんなことはない。ただ、ものすごく努力が必要になることは確かで
 それができない性格の子だと、少々やっかいなことになるだろうなと
 は思う。

 よほど切羽詰まった状況になるとか、どうしてもそれをやらないと
 困るのだという環境になれば、必死さも増すだろうから、できない
 わけではないけれど、でも、できればもう少し悲壮感なく習得でき
 れば、それに越したことはないだろう。

 だから今小学生から英語を教科として成績もつける方向へとシフトし
 てきたのだ。
 ただ、これもどんな教材でどういう風になっていくのかは、やってみ
 ないとわからない状態で、結局中学英語の前倒しになるのでは意味が
 なく、余計に英語嫌いを作る可能性もあるので、簡単な子供向けの
 アニメなどが英語で聞けてわかるレベルぐらいになれるのか・・・・
 それもできないまま、ただ低年齢化しただけなら、英検受験などに
 必死になる親が増えるだけで、本当の意味での英語習得にはつながら
 ない気もする。

 小さい時にやるのは、低年齢ですごいことができましたと自慢するた
 めではなく、後の基礎作りのためであって、大人になってからの習得
 の手助けをするために必要な準備期間なのだと、すべての人がちゃん
 とその意義を理解できるのかどうか・・・・

 そんなことは私が心配しなくてもいいのかもしれないけれど、生徒を
 教えている立場上、色々考えてしまうことが多い。

 今の高校生ぐらいの子供達は、まだ幼児期に英語なんてほとんど誰も
 やっていなかった時代の子供で、娘は珍しい部類に入る方なので、そ
 れを基準に考えてはいけない。彼らが急激に難しくなる英語に戸惑い
 暗記科目と化している現状を見ているから、少しでもわかりやすく教
 えてやれるように、こちらも日々研究を重ねているのだ。

 娘は本当にラッキーだったのだと思う。
 たまたまポストのハガキを見たことから、英語に全く興味なしの
 幼児教育にも懐疑的で、小さい子に英語をさせる親ってどんな教育
 ママなんだという偏見に満ちていた私が、劇的に変化したわけだから。
 そんな出会いもあるということで、どこで人は変わるかわからない。

 英語嫌いで読むのもいやだった私が英語を教えるぐらいになることも
 想定外すぎて、人生って本当にわからないから面白い。

 だから娘が英語をやらなくなっても、それも大いにありで、今度は
 どんな出会いがあって、何をしてくれるんだろうと考えることが、今
 は楽しいのだ。

 



 最後はなんか無理矢理まとめた感で一杯
 になってしまったが、まあ笑って許して
 やってください。ついでに優しい気持ちで
 こちらもポチっと応援してくださると
 もっとうれしいです。
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育




 
 
 
関連記事
* Category : 高校英語
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する